1: 2017/04/18(火) 07:27:06.48 ID:CAP_USER9
数十人の国際的に著名な研究者たちが関わるメタアナリシスにより、セロトニン遺伝子・ストレス・うつ病などの相互関係について調べた2003年の研究結果は的外れな内容であった可能性が示唆されています。
科学者たちはこれまで長年にわたって、ストレスにさらされた人の脳内で「セロトニン」に関連する遺伝子がうつ病にどのような影響を及ぼすのかを研究してきました。
「選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)」と呼ばれる抗うつ薬が臨床的にうつ病患者の症状をかなりの割合で和らげることからも、多くの科学者たちが「セロトニンに影響を及ぼす遺伝子の違いがうつ病の発症リスクと関連している可能性が高い」と考えていました。

実際、「2003年に公開された著名な研究論文」では、遺伝子変異を持つ個体は生活上のストレスにさらされた時にうつ病を発症する可能性がより高い、と記しています。
この2003年の研究以降の十数年の間に多くの科学者たちがセロトニン・遺伝子・ストレスについての研究を行ってきたことから、ワシントン大学医学部の研究者たちは過去10年分あまりの調査データをメタアナリシスしたところ、セロトニン遺伝子・うつ病・ストレスという3つの要素の間に明確な関連性は見つけられなかったそうです。

「研究結果が間違っているかもしれない」ということはよくあることで、実際、オープンアクセスの科学雑誌PLOS ONE上で近年公開された研究の半分は再現可能もしくは実証したり時間をかけて証明されたりしたものではないとのこと。

続きはソースで

http://gigazine.net/news/20170417-genetic-link-stress-depression/

ダウンロード (1)


引用元: 【医学】セロトニンとうつ病との関係を調べた研究結果が的外れであった可能性★2 [無断転載禁止]©2ch.net

2: 2017/04/18(火) 07:29:11.64 ID:1XM11oUEO
これまでの薬は効かない薬になるのか

32: 2017/04/18(火) 07:46:50.85 ID:rvhQzwRp0
>>2
作用機序はわからないけどとにかく効くことは効くようだ

147: 2017/04/18(火) 08:58:50.93 ID:EPWRqwk/0
>>32
結構な割合で効かない人が居る事から「うつ病本体ではない」ことが確認される結果となった

149: 2017/04/18(火) 09:02:18.05 ID:krDFJTXKO
>>32 
>>147

まじないだろうが健康食品だろうが効く人には効くし効かない人には効かないだろう…

797: 2017/04/20(木) 01:41:55.32 ID:NCJwU91P0
>>32
単に廃人にして考えさせなくしているだけだろ
考えなければ鬱にもならないという
そんなんが正しい薬といえるのか?

3: 2017/04/18(火) 07:30:46.60 ID:adpnU8h/0
うつ病はあまえ

と大日本帝国式にやるわけだなwww

10: 2017/04/18(火) 07:35:17.33 ID:MItq6+RH0
>>3
鬱病とは不安定階級社会、世代間経験格差と自由競争の加熱が生み出す先進国病、ようは不安定と自由競争の不条理が根本原因だと思うよ。

14: 2017/04/18(火) 07:37:35.10 ID:Nne6RcI40
>>10

つまり年金廃止と解雇自由化が必要ってことだな

65: 2017/04/18(火) 08:02:57.67 ID:jMF5TrRN0
>>10
単に理想と現実の自分のギャップに耐えられないだけかと思ってたわ

143: 2017/04/18(火) 08:57:40.89 ID:rN0zv7M50
>>10
昔、同性愛は社会的矛盾が個人に発露した症状。社会主義体制が成立すれば社会的矛盾は霧散して
同性愛者など消え失せる。

と、公言した国会議員がいたな。

5: 2017/04/18(火) 07:31:37.64 ID:8D5m6WH10
この論文が間違ってるのでは?

9: 2017/04/18(火) 07:35:15.41 ID:2wsls5QZ0
>>5
メタアナリシスだから信頼性はたかい

33: 2017/04/18(火) 07:48:10.71 ID:K0EOi9820
>>9
薬効の確認をアンケートでやってる精神疾患の薬のデータを
メタアナリシスしても仕方ないよ

何で効くのかなんてまったくわかってない、というか
ぼーっとさせるだけの話だ

6: 2017/04/18(火) 07:33:42.92 ID:TkYyM9vN0
はわわゎ...クスリの大事なヘビーユーザー様が流言飛語に
惑わされ軽挙妄動に奔りませんように...安心して飲み続けて

56: 2017/04/18(火) 08:00:51.45 ID:1gbpSitO0
>>6

根拠が崩れたなら、厚労省は、認可を取り消すべきだな。

8: 2017/04/18(火) 07:34:33.53 ID:2wsls5QZ0
セロトニン遺伝子が関与してないだけで、セロトニンそのものは関与してるってこと?

11: 2017/04/18(火) 07:35:58.24 ID:PfX+kyhg0
>>「研究結果が間違っているかもしれない」ということはよくあることで

つまり、今回の論文も間違ってるかもしれないという事

12: 2017/04/18(火) 07:36:21.70 ID:Zbvo0AhH0
アホは鬱病にはならない

27: 2017/04/18(火) 07:44:30.70 ID:4NwnPrpv0
>>12そんな事はない。ソースはオレの母親

429: 2017/04/18(火) 12:36:34.23 ID:7II+F+R20
>>12
自分の周囲の鬱病持ちは3人中3人ともアホ(理論的な考え方ができない・考え方に柔軟性がなく不器用なくせに
几帳面で完璧主義で馬鹿真面目)だからアホがなる病気だと思ってた

19: 2017/04/18(火) 07:40:40.81 ID:IHtskkpc0
セロトニン遺伝子が変異してても影響がないってのもおかしな話なので、
- セロトニン遺伝子だと思ってたがその部分は実は大して聞いてない
- セロトニン遺伝子の変異してる人は何らかの代償機構がある
などなど様々状況が考えられるので、研究費くれという話になると思う

22: 2017/04/18(火) 07:42:35.64 ID:gCzllY2o0
>>19
そういう話なのか。
この中途半端な記事をみて早まって治療を辞める人が
出たらどうするんだw

404: 2017/04/18(火) 11:59:33.54 ID:aZBeVNAn0
>>22
遺伝子の変異をどう治療するんだ?

23: 2017/04/18(火) 07:43:09.18 ID:eC1MaNms0
セロトニントランスポーターの遺伝子多型がうつ病の脆弱性と関連があって、
ストレッサーと組み合わさると発症する、と習った記憶があるけど

24: 2017/04/18(火) 07:43:26.43 ID:dOok9XlU0
× うつは甘え
○甘えられないからうつになる

38: 2017/04/18(火) 07:51:20.39 ID:rvhQzwRp0
まあSSRIは総じてあんまり効く薬という印象はないな
副作用も多いけど三環系はかなり確実に効く

48: 2017/04/18(火) 07:58:38.43 ID:dj9C9N2o0
>>38
SSRIはもはや抗鬱より不安障害がメインだろ
社会不安障害や強迫性障害には確実に効く

50: 2017/04/18(火) 08:00:03.94 ID:ttK9WWwM0
>>1
タンパク質(アミノ酸)と鬱は関係あるかもな
タンパク質多く摂ってるマッチョな人達は元気だし
俺はセロトニンの原料と意識してタンパク質多く摂って改善したから

52: 2017/04/18(火) 08:00:11.48 ID:UBEjYXzT0
セロトニン遺伝子だけでは遺伝的発症リスクがわからないことがわかったってことだよな?
これはうつ病の原因はセロトニン不足ではないってことでいいのか?

83: 2017/04/18(火) 08:13:22.72 ID:gCzllY2o0
>>52
原因は不明だけど結局セロトニンは不足してるんじゃないの?

84: 2017/04/18(火) 08:13:41.07 ID:peIpFcIP0
ゆっくり休んで、朝太陽に当たって少しの運動が一番良いような気がする
これがなかなかできないんだけど