1: 2017/04/19(水) 23:55:50.49 ID:CAP_USER
カエルの粘液でインフルエンザ予防の可能性、米研究

AFP=時事 4/19(水) 9:40配信

インド南部に生息するカエルの皮膚から分泌される粘液が、人間が特定の種類のインフルエンザウイルスと闘う助けになる可能性があるとの研究論文が18日、発表された。

米医学誌イミュニティー(Immunity)に掲載された論文によると、このカエルはアカガエル科の「Hydrophylax bahuvistara」。
色鮮やかな体色で、大きさはテニスボールほどだ。

論文の共同執筆者で、米エモリー大学(Emory University)のインフルエンザ専門家のジョシー・ジェイコブ(Joshy Jacob)氏は「カエルは生息地によって異なるアミノ酸化合物(ペプチド)を生成する。人間も自身で宿主防御ペプチドを生成する」と説明する。

「これは、あらゆる生命体が保持している生得的な免疫伝達物質だ。このカエルが生成するペプチドがH1型インフルエンザウイルスに効果があることを、われわれは偶然発見した」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170419-00000006-jij_afp-sctch
images


引用元: 【医療】カエルの粘液でインフルエンザ予防の可能性 米研究©2ch.net

スポンサーリンク
3: 2017/04/20(木) 00:19:21.11 ID:qXZ2sQ3X
効果があるなら
元がカエルの粘液でも
気にしない…かな

4: 2017/04/20(木) 01:10:57.13 ID:83qtexBU
代わりにツボカビで死にます

5: 2017/04/20(木) 02:12:55.60 ID:JMVSUkBA
ガマの油

6: 2017/04/20(木) 02:56:51.98 ID:Cypb9kga
昔の人は正しかった

9: 2017/04/20(木) 05:45:58.64 ID:/zyySZiQ
 
 
 
>インド南部に生息するカエル


筑波の四六のガマと同種では?
 
 
 

12: 2017/04/20(木) 10:26:01.74 ID:Z4A9S5Qg
つまり・・・カエルとキスをすれば良いと?

17: 2017/04/20(木) 12:34:54.50 ID:idfmEy7k
カエル屋でもするか・・・

19: 2017/04/20(木) 13:09:05.70 ID:hSTUvCyA
そんなカエルしか居ないの?大した田舎じゃないや

20: 2017/04/20(木) 13:39:58.61 ID:+IucQCQ4
逆さにされて体液搾り取られるカブトガニとか
カテーテル刺しっ放しにされて癌になるまで胆汁吸われる熊とか

罪もない蛙が身勝手なヒトの作った地獄に叩き落される未来が見える
そろそろ絶滅したらいいのにな人類

22: 2017/04/20(木) 14:47:42.34 ID:0pr+6gRm
>>20
ひどいよね
これからの人類にはカエルとカブトガニと熊の遺伝子の導入を義務化すべき
他の遺伝子も導入して病気に負けない子供を育てよう

28: 2017/04/20(木) 23:04:55.95 ID:3JEUZb4N
高尾山のガマでないと無効

29: 2017/04/21(金) 02:17:48.43 ID:AFYpRlFW
インフルエンザが進化する手助けになりそう

30: 2017/04/21(金) 03:52:14.29 ID:arCwvxK9
ペプチドなら配列を決定すれば、対応する遺伝子を合成して
それを使ってすぐに量産できるようになる。

32: 2017/04/21(金) 18:25:04.85 ID:hkMDL/qY
鏡張りのボックスが売れるな

33: 2017/04/21(金) 19:27:51.00 ID:3wwIsXCm
そりゃウイルスや細菌だって粘液で動けなくなるだろ

34: 2017/04/21(金) 23:07:43.26 ID:arCwvxK9
多分、粘液中の糖タンパクがウィルスの殻に付着して絡まって
捕まってしまうのだろう。

27: 2017/04/20(木) 22:08:37.89 ID:3yaDQp72
インフルがケロッと治るのか。