1: 2017/05/01(月) 20:21:03.21 ID:CAP_USER9
 脳波から読み取った意思通りに体を動かす装置などを使い、治療が難しい重いまひの回復を目指す次世代リハビリテーション施設「スマートリハ室」の開発に、慶応大などが乗り出す。

 日本医療研究開発機構の支援で、脳卒中リハビリのモデル施設作りに取り組む。

 開発は大阪大や国内7企業など計19団体が参加。

続きはソースで

2017年05月01日 18時32分 読売新聞
続きはWebで
http://yomiuri.co.jp/science/20170501-OYT1T50067.html?from=ytop_main1

http://yomiuri.co.jp/photo/20170501/20170501-OYT1I50035-1.jpg
ダウンロード


引用元: 【医療】脳卒中の重度まひ回復、先端リハビリ施設開設へ [無断転載禁止]©2ch.net

スポンサーリンク
6: 2017/05/01(月) 21:08:56.22 ID:L55TtBA90
IPSでは治らんの

7: 2017/05/01(月) 21:13:07.08 ID:Qf5nOl3l0
おお、まじか。

9: 2017/05/01(月) 21:58:36.08 ID:E1nKYuGn0
慶應の関連病院かと思ったけどそうでもないのかね。

10: 2017/05/01(月) 22:11:34.38 ID:KY/lVLfk0
人間の体って不思議で、動かせなくなった部位でも動かしていれば動かせる
ようになるというようなことがあるらしい。
足こぎ車椅子みたいなものを使って。

11: 2017/05/01(月) 22:24:23.64 ID:lr4jqx9b0
一方、理学療法士(リハビリさん)は無理矢理、装具でガチガチに固めて歩行訓練して自己満足するのであった(笑)

8: 2017/05/01(月) 21:52:03.55 ID:cBnf6jCZ0
お高いんでしょ?