1: 2017/06/04(日) 10:22:54.59 ID:CAP_USER
 医療現場などから、エックス線の透過率が低い極細パイプの製造を求められている県浜松工業技術支援センター(浜松市北区)などの研究グループは、「電鋳(でんちゅう)」という技術を使い、外経〇・〇三九ミリという世界最小レベルの貴金属パイプを開発した。
治療技術の進歩に期待できるという。

 医療の現場では脳などの細い血管に通すカテーテル(樹脂のチューブ)の位置を把握するのに、カテーテルの先端部分に、引き抜き加工で製造されたプラチナ-イリジウム合金のパイプをはめ、エックス線を使ってモニター監視している。医療界では、正確な位置の把握のために、モニターにはっきりと映るエックス線の透過率が低い素材を求めている。

 研究グループは、エックス線の透過率が低く、化学変化が少なくて人体への影響が最小限に抑えられる純プラチナや金、ロジウムなどに着目。引き抜き加工と違い、割れや反りが生じない電鋳という技術を用いることにした。

続きはソースで

(宮沢輝明)

中日新聞
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20170604/CK2017060402000087.html
世界最小レベルの貴金属のパイプをつまむ田光伸也上席研究員=浜松市北区で
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20170604/images/PK2017060402100024_size0.jpg
ダウンロード (1)


引用元: 【技術】世界最小レベルの貴金属パイプを開発 外経〇・〇三九ミリ 静岡県など研究グループ [無断転載禁止]©2ch.net

スポンサーリンク
3: 2017/06/04(日) 10:46:00.05 ID:x7uNfbhD
はめるためにパイプがいいってこと?
よくわからんな。棒じゃ何でダメなのか。

6: 2017/06/04(日) 10:59:30.07 ID:gHsNOoDL
>>3
カテーテルの先端に使うため。

カテーテルは身体の血管を通って脳血管の詰まり部分に薬液を直接かけて溶かしたりする。
だから先端が中空じゃないとこまる。

10: 2017/06/04(日) 11:16:22.85 ID:x7uNfbhD
>>6
なるほど。カテーテルの一部なのね。

4: 2017/06/04(日) 10:50:14.86 ID:7gz/opAU
網状なら芯材を回転させながら糸状素材を巻き付けるだけで出来るから電鋳より
簡単じゃないか?

7: 2017/06/04(日) 11:03:47.67 ID:gHsNOoDL
>>4
太さとコストの問題。
このレベルの太さで安定した品質を保つのは大変でかなりの技術開発が必要。

その点この方法なら、既存の技術の応用でできる。

5: 2017/06/04(日) 10:56:00.97 ID:kymoEIDS
カテーテルの先端に銅みたいの入って
るよな
x線で適正位置に放置できれば
ステントみたいにできるのかな

9: 2017/06/04(日) 11:09:48.90 ID:P9Wg38MY
鍍金じゃ精度が問題だよね
半導体のスパッタリング、エ◯チングでやればいい
1億ぐらい設備投資必要だけど

11: 2017/06/04(日) 11:22:13.96 ID:KBfkp3sK
>>9
そこまでだと逆に薄すぎて
X線を透過しちゃう(本末転倒)とか強度不足とか別の問題が起きそう

13: 2017/06/04(日) 12:27:03.17 ID:rn23SDIg
>>9
貴金属の合金はエ◯チングで精度がでないよ。

14: 2017/06/04(日) 12:53:21.29 ID:JqtZ6iY6
>>13
単に研究不足じゃねCPUのプロセスルールが10nmなんだから銅配線はもっと細かいはず
マイクロメータのレベルの制御は可能だろ

単純にコストの問題だと思うけどね
電鋳ならパイプの断面部分を成長させて連続操作でパイプを無限に伸ばすことができるはず
装置の小型化、低コスト化に貢献できる

15: 2017/06/04(日) 13:23:09.22 ID:1Z1PONhI
疑うわけではないけど
写真でつまんでいる0.039mmにしては太いような

19: 2017/06/04(日) 21:28:40.57 ID:PBUzESQf
>>15
アルミホイルの3倍だからこんな物じゃない?

12: 2017/06/04(日) 12:01:12.50 ID:gIiuH+St
この技術を使えば世界最小レベルのちくわとかできるな。

パスタだとおもって食べたら実はちくわみたいな。