1: 2017/07/11(火) 00:59:50.84 ID:CAP_USER
荒井聡
[2017/07/10]
水は私たちにとってもっとも身近な物質の1つだが、「固体より液体のほうが密度が高くなる」「4℃以下で負の膨張率をもつ(冷やせば冷やすほど膨らむ)」など、他の物質にはあまりみられない変わった性質を数多くもっていることでも知られる。このため水の物性に関する研究は今でも活発に続けられている。

ストックホルム大学をはじめとする国際研究チームはこのほど、従来「アモルファス氷」と呼ばれていた特殊な状態の氷が、固体ではなく、実際には液体であることを確認したと発表した。アモルファス氷には低密度と高密度の2つの種類があるため、極低温では液体の水が2種類存在していたことになる。研究論文は、米国科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された。


(画像)
極低温下の液体の水は2種類あることが確認された(出所:ストックホルム大学)

水分子が規則的に配列した氷の結晶とは異なり、秩序が乱れた乱雑な構造をもった氷が存在することは以前から知られていた。こうした乱雑な氷は、ガラスにみられるアモルファス構造と似ているため、「アモルファス氷」と呼ばれてきた。

アモルファス氷は日常生活(地球上の自然環境中)ではほとんどみられないが、宇宙空間などでは普通に存在する水の状態であるとされる。液体の水を急速冷却すると、結晶化する時間もないうちに水分子の動きが固まるためアモルファス氷が生成される。あるいは、気相蒸着法を用いたり、氷の結晶に圧力をかけてアモルファス化するといった方法によっても、アモルファス氷を実験的に生成することができる。

続きはソースで

http://news.mynavi.jp/news/2017/07/10/135/
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
ダウンロード


引用元: 【氷】 急速冷凍して作った氷、液体だったことが判明 - ストックホルム大など[07/10] [無断転載禁止]©2ch.net

スポンサーリンク
2: 2017/07/11(火) 01:05:39.51 ID:/GDOhoK3
>>1アモルファス氷
よりも「非晶質氷」と表記したほうがかっこいい

3: 2017/07/11(火) 01:15:42.72 ID:tIU0oma+
結晶構造がなくて液体と同じ分子配列というだけで、固体は固体だろ?

4: 2017/07/11(火) 01:16:02.45 ID:l/qdQu2S
液体じゃないじゃん

5: 2017/07/11(火) 01:17:36.44 ID:40YlgrPX
ちょっと何言ってるかわからない・・・

6: 2017/07/11(火) 01:21:27.59 ID:fklyb3Y6
>>5
普通の氷は結晶
急速冷凍で結晶構造作る間もなく個体になったということ

55: 2017/07/11(火) 10:38:48.79 ID:SKE4UD9j
>>5
頭を優しくなぜてやるとゆっくりと眠りにつくけど
ハンマーでぶん殴るとそのままぶっ倒れる感じ。

89: 2017/07/11(火) 21:04:50.09 ID:9vJvvXUK
>>55

8: 2017/07/11(火) 01:28:19.44 ID:qPtgfwn9
つまりは急速冷凍で作った氷は瑞々しいって事なのぉ?

9: 2017/07/11(火) 01:30:56.78 ID:gTM06vPg
>>8
人間を急速冷凍すれば冬眠も不可能ではないってところかな

13: 2017/07/11(火) 02:26:41.56 ID:jOUDrCtE
普通の氷同様に融解熱あるなら固体だわ

16: 2017/07/11(火) 04:00:16.38 ID:eyQfZYp3
>>13
おーっ。
なかったらすごいな。

19: 2017/07/11(火) 04:39:19.98 ID:lqs6doby
 
 
 
まあ分類上はガラスでも液体だからな。
 
 
 

20: 2017/07/11(火) 04:43:03.86 ID:MPPQTEvs
ガラスもアモルファスだから液体

71: 2017/07/11(火) 14:45:45.23 ID:Ht82lVfb
>>20
ガラスは液体なので、古いステンドグラスは重力の影響で変形して下のほうが厚くなっている


というのは有名なガセ

21: 2017/07/11(火) 04:46:36.23 ID:TWPnU0Ob
かき氷ができる氷とかき氷できない氷が存在するということだな

22: 2017/07/11(火) 05:08:39.00 ID:2AsI/pdh
>アモルファス氷中の分子同士の相対的な位置関係の分析から、HDAがLDAに変わるときには液体の水に
>典型的にみられる拡散現象が起こっていることがわかった。これはアモルファス氷と呼ばれる状態が、実
>際には非常に粘度の高い液体であることを意味している。

何が拡散してるのか説明がないんでわからんが、固体でも普通に拡散あるから液体の証拠にはならん

いろいろ出鱈目すぎ

24: 2017/07/11(火) 05:27:53.98 ID:acI+bGET
食品を急速冷凍するとゆっくり凍らせるのと比べて美味しいのは水の分子構造がそのまま保存されるからなんだろうね
急速冷凍したものをどうやったら膨張させずにそのままの状態で解凍できるだろう
それができれば生き物を生きたまま冷凍保存も可能なのかも

27: 2017/07/11(火) 05:47:08.29 ID:YS2deU2M
>>24
水の分子構造の違いが味覚に現れると思う?
結晶化によって材料が傷むかどうかの差だと思わない?

30: 2017/07/11(火) 06:12:03.27 ID:acI+bGET
>>27
そりゃそうじゃないか
解けたら水は水だろ
何言ってんの

49: 2017/07/11(火) 08:58:25.50 ID:IGaXJVju
>>27
昔、ウイスキーに遠赤外線を出すセラミックを入れておくと、熟成が
早まりおいしくなるという話があった。
で、色々調べてみると、遠赤外線の効果によって、水分子のクラスターの
大きさが変化していくことが分かったはず。
つまり、今までなんとなくイメージだけで語られていたウイスキーを「熟成さ
せる」というのは、実は、このクラスターの大きさの変化が進むことを意味す
ることが判明。

それと同じなんじゃないかな。

61: 2017/07/11(火) 12:30:52.18 ID:OJMqAeFx
>>49が言ってる意味ではそんなこと関係なくて
単に冷凍時に水が膨張して組織が壊れるので
解凍した時に食感が変わっちゃうってだけの話
冷凍した肉や野菜をそのまま食べないでしょ


>急速冷凍したものをどうやったら膨張させずにそのままの状態で解凍
これには氷温解凍という手段がある

44: 2017/07/11(火) 07:58:49.40 ID:X5J8iHkM
>>24
微振動でも与え続けたら?
まず急速冷凍で分子の並びを変えた時点で死んでるだろうけど

26: 2017/07/11(火) 05:44:11.59 ID:56WKwDSv
冷蔵庫で作る氷にも結晶構造があるの?
塩みたいに結晶の形に割れないけど。

28: 2017/07/11(火) 05:55:09.33 ID:yRfvoXZn
つまり、
冷蔵庫の氷と、市販の氷は、吸収できる熱量からして違う、って話だろ。

32: 2017/07/11(火) 06:23:29.31 ID:RW2+DMdP
液体窒素を水にかけると、
 ×すぐに氷ができる。
 ○水が固まる
ってことか。

37: 2017/07/11(火) 07:01:00.78 ID:Yk2tXvmi
個体に見える液体ということなの?
人間の視覚や触覚がどうなれば液体だと認識できる?

39: 2017/07/11(火) 07:06:12.98 ID:478m5YeG
>>37
結晶構造になってないというだけの意味
液体と固体の現実的な区別は粘度によるべき
なおガラスより金属のほうが粘度は低かったりする
という話をVeritasiumでやってた

51: 2017/07/11(火) 09:26:30.97 ID:ApqJ1oaE
>>37
いや、固体は固体。
Solid / liquid が分子配列によるものだけで定義されると勝手に思い込んでる記事

38: 2017/07/11(火) 07:02:36.85 ID:478m5YeG
固体で体積が突然25%も変わるってやばくないか
何かに応用できそう

59: 2017/07/11(火) 11:44:52.27 ID:+Zld/xUb
膨張しないというのなら冷凍睡眠に使えそうだな。
希望が見えてきた。