1: 2017/07/31(月) 23:49:50.17 ID:CAP_USER
抗がん剤の副作用を生体外で再現するデバイス「ボディ・オン・チップ」の開発に成功
2017年07月31日

亀井謙一郎 高等研究院物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)特定拠点准教授、田畑修 工学研究科教授、平井義和 同助教らの研究グループは、微細加工技術を駆使した生体外ヒトモデル「ボディ・オン・チップ」の開発に成功しました。
この大きさわずか数センチメートルのチップは、患者や健常者などに頼ることなく薬の効能・効果や毒性を評価できるデバイス技術であり、現在、前臨床試験で行われている動物実験の問題点を克服できる新しい試験法となることが期待されます。
 
本研究成果は、2017年7月25日に英国の科学誌「RSC Advances」オンライン版で公開されました。

続きはソースで

▽引用元:京都大学 2017年07月31日
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/170725_2.html

図:「Body on a Chip(ボディ・オン・チップ)」はヒトや実験動物を用いることなく「生体外ヒトモデル」を創出する画期的な技術です。このデバイスを用いて、これまで難しかった抗がん剤の心臓における副作用の生体外における再現に、世界で初めて成功しました。
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/images/170725_2/02.jpg

詳しい研究内容について
抗がん剤の副作用を生体外で再現するデバイス「ボディ・オン・チップ」の開発に成功
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2017/documents/170725_2/01.pdf
ダウンロード (3)


引用元: 【技術】抗がん剤の副作用を生体外で再現するデバイス「ボディ・オン・チップ」の開発に成功 ヒトや動物を用いることなく薬を評価/京大©2ch.net

スポンサーリンク
2: 2017/07/31(月) 23:53:57.72 ID:NnxZrhq0
マジか。これまた凄いな。患者には朗報だ

7: 2017/08/01(火) 18:21:29.61 ID:8UD1uJTX
>>2
恩恵受けるのは患者じゃなくて製薬会社な
開発した薬に副作用がないかどうか安価に素早く調べられる
治験という名の人体実験する前に調査出来るのは費用対効果が高い

でもその抗がん薬が使えて薬として販売されるかどうかはまた別の話だから

8: 2017/08/01(火) 19:49:18.42 ID:1QqOq1Ak
>>7
抗がん剤は副作用死が一番多いんだから、副作用の見極めが促進されるこの発明は患者の利益にストレートに繋がるんだよ
製薬会社の利益になるのはもちろんだ
つまりかなり筋の良い発明と言える

3: 2017/07/31(月) 23:59:10.50 ID:qHyt2TT/
こういうのばっかりだよあ
コミュ力だけ
成功しました
発見しました
解明しました
科学的には何の意味もない発表

5: 2017/08/01(火) 00:39:34.52 ID:q3Bz4VWV
>>3
バカ乙

6: 2017/08/01(火) 11:56:50.07 ID:mFrX8P+9
>>3
余計なこと考えないで良いと思うよ

9: 2017/08/02(水) 10:34:26.76 ID:b+jTXfdS
インビトロとインビボは全然違う

同じなら、もっと抗がん剤は効いているはずなんだ

この研究に意味がないとは言わないが、ね

4: 2017/08/01(火) 00:02:10.54 ID:g71c+ev/
さすが京大やでぇ