1: 2017/09/07(木) 23:41:00.97 ID:CAP_USER
2017年9月5日
理化学研究所
日本医療研究開発機構

発達期の脂肪酸不足が統合失調症発症に関連
-核内受容体を標的とした新しい治療薬へ期待-

統合失調症は、幻覚、妄想、認知機能異常などの症状が現れる代表的な精神疾患です。男女とも、主に思春期以降の10代~20代に発症します。発症には、遺伝要因ほかに環境要因も関わってきます。

この環境要因の一つに、妊娠中の母親の栄養不足が挙げられています。というのは、20世紀のオランダと中国で起きた大飢饉の期間に妊娠した母親から生まれた子どもは、その後の統合失調症発症率が通常の2倍になったという報告があるからです。しかし、このような環境要因と精神疾患をつなぐ分子や生物学的メカニズムの手がかりはありませんでした。

今回、理研を中心とする共同研究グループは、統合失調症の臨床的・分子遺伝学的知見から、「発達期の多価不飽和脂肪酸の欠乏」が統合失調症発症に重要であると考えました(多価不飽和脂肪酸は、脂質の構成成分である脂肪酸の一種です)。

続きはソースで

▽引用元:理化学研究所 60秒でわかるプレスリリース 2017年9月5日
http://www.riken.jp/pr/press/2017/20170905_2/digest/

報道発表資料
http://www.riken.jp/pr/press/2017/20170905_2/

図 核内受容体パスウェイと統合失調症様表現型の関連
http://www.riken.jp/~/media/riken/pr/press/2017/20170905_2/digest.jpg
ダウンロード


引用元: 【精神医学】発達期の脂肪酸不足が統合失調症発症に関連 核内受容体を標的とした新しい治療薬へ期待/理化学研究所©2ch.net

スポンサーリンク
3: 2017/09/08(金) 00:20:46.11 ID:QEhXxqtf
じゃあMCTオイルとコーヒーは脳に良いわけか、やたらと完全無欠コーヒーとかやってるが

4: 2017/09/08(金) 01:13:36.34 ID:MpIDOJsz
なんだ。統失は糖質偏重が原因だったのか

5: 2017/09/08(金) 01:17:59.34 ID:bCCmQioR
>>4
原因ではないよ。発症に基礎を与える

7: 2017/09/08(金) 02:53:24.32 ID:Dz7CKvOw
発達期がいつの時期なのか、ぐぐっても分からんけど
発達期が妊娠中にあるのなら、まず食わせろ
てゆーか、栄養不足の弊害は統合失調症だけじゃないから、もっと食わせろ

13: 2017/09/11(月) 02:45:42.23 ID:/cbMNaR+
>>7
第二次成長のときに糖質になりやすいんだから、そのへんってことだろw
ただそれ以外のもなるやつはなるし、
薬やったやってるやつがこの方法で抑えられるかどうか

19: 2017/09/13(水) 12:53:28.70 ID:xTemv1vx
>>7 思春期から20歳代くらいまで。

15: 2017/09/11(月) 07:21:52.82 ID:/N6hRmSF
脳そのものは脂肪の塊だから、ある意味納得。

18: 2017/09/12(火) 05:56:25.37 ID:E+0DzRfU
>>15
伊達に三大栄養素と呼ばれてるわけじゃないのよね

16: 2017/09/11(月) 07:56:33.17 ID:F+c0zWiE
青魚をたくさん食っている海辺の人には発達障害が少ないの?
水銀が発達障害の増加と関係があるんじゃないかと疑われているが・・・

6: 2017/09/08(金) 02:31:34.50 ID:E1St9t75
フイッシュオイルが統失に効果があるのは以前から知られていた