1: 2017/09/29(金) 01:34:59.65 ID:CAP_USER
植物のDNA損傷で細胞分裂を一時停止 奈良先端大が解明
2017/9/24 23:40

■奈良先端科学技術大学院大学 梅田正明教授らは植物が紫外線や放射線などのストレスによりDNAに傷を負った場合、細胞分裂を一時停止して成長再開の準備を整える仕組みがあることを突き止めた。動物ではDNAが損傷した時点で細胞が死滅するが、植物の細胞は分裂を一時的にやめて生き続けるという。
 
通常のシロイヌナズナではDNAを薬剤で傷つけると根の伸びが止まる。

続きはソースで

▽引用元:日本経済新聞Web 2017/9/24 23:40
https://www.nikkei.com/article/DGXLZO21477370U7A920C1TJM000/

▽関連
奈良先端科学技術大学院大学 プレスリリース 2017/09/21
植物はDNAに傷を負うと成長を一時停止させる仕組みをもっている~ストレスに自在に対応する新たなメカニズムを解明 食糧や植物バイオマスの増産に期待~
http://www.naist.jp/pressrelease/2017/09/003973.html

ダウンロード (1)


引用元: 【生物学】植物のDNA損傷で細胞分裂を一時停止 奈良先端大が解明©2ch.net

スポンサーリンク
2: 2017/09/29(金) 01:38:02.62 ID:NPaM3X2m
これが雑草魂ってやつか

3: 2017/09/29(金) 01:54:13.29 ID:EB2HcTgM
動物の細胞だって、細胞分裂のある時期に放射線を浴びると、修復作業が入って
細胞分裂が停止停滞してしまう。だからたとえば大量の放射線を浴びると、
消化器官の粘膜組織のように、本来どんどんと細胞が分裂し続けて入れ替わりを
しなければならない組織が、入れ替わりが停滞・停止するので、腸の表皮がはげて
脱落して、腸管出血を起こし血便が出て、破れた腸の粘膜から腸内細菌が血液に
乗って全身に広がり、敗血症を起こすぞ。

4: 2017/09/29(金) 03:39:52.73 ID:8qCutF8x
>動物ではDNAが損傷した時点で細胞が死滅する

癌細胞もも死ぬのの?

8: 2017/09/29(金) 10:53:43.44 ID:g4nbecBa
>>4
その通りです それをアポトーシスと言いますが、
このアポトーシスがおかしくなって死滅しないのがガンです

17: 2017/09/30(土) 16:35:06.85 ID:Hwe/9ojH
>>8
答えになってない

5: 2017/09/29(金) 04:18:03.69 ID:SV1VfiJM
植物が老化しない謎に迫る発見かも?

7: 2017/09/29(金) 04:21:18.42 ID:ugGxB6Of
>>5
木は寿命がないDNA配列がそもそも螺旋じゃなく円だとかなんとか

11: 2017/09/29(金) 23:43:55.92 ID:EB2HcTgM
「細胞周期チェックポイント」でWikipediaをひいてみられたい。動物か植物には関係無い。

13: 2017/09/30(土) 00:27:35.96 ID:cdrykoVw
癌細胞は放射線に強く、
照射されると分裂を休止して休眠状態になる
細胞分裂してないと複製エラーが生じないんで死なずにすむ
クマムシも同じように休眠状態になって生き延びる
植物が細胞分裂を停止させるメカニズムを解明できれば
そうした放射線耐性への攻略に資するし、
逆に耐性の模倣もできるのではないか?

16: 2017/09/30(土) 16:14:26.28 ID:LVxZl02E
>>13
クマムシの放射線耐性は分断された遺伝子の自動修復によるもので
DNA自体のもろさは克服されてないと思った

9: 2017/09/29(金) 17:41:43.53 ID:JRh2fPOf
この仕組みが解明できれば、
癌細胞が増殖したり転移しないように一時的に停止できるのかな?