1: 2017/09/30(土) 23:10:04.45 ID:CAP_USER9
https://www.cnn.co.jp/m/tech/35099323.html

米メーン州スプリングベール(CNN) レ◯リー・モリセットさんの息子、グラハム君が白血病と診断されたのは6歳のときだった。

「病院を出たり入ったりして2年間を過ごした」「自分の子どもが重病と闘うのを見ているのは家族にとって最悪の経験だろう」というモリセットさん。治療の間、医師の言葉を理解したり、グラハム君が友人や家族との連絡を絶やさないでいられるよう支援したりするためにインターネットに接続したいと考えていた。

当時は1990年代後半。インターネットはまだ比較的新しく、現在ほどさまざまな場所からアクセスすることはできない状況だった。自宅でインターネットにアクセスすることはできたものの、病院でオンラインに接続する方法はなかった。

それでも、グラハム君は高齢の患者から年下の子どもに至るまであらゆる人と心を通わせていた。病気の他の子どもたちにおもちゃを貸したり、笑わせるためにひょうきんな行動を取ったりしていたという。

グラハム君は97年、8歳で死去した。

グラハム君が他者を気遣いながら生活していたことに触発され、モリセットさんは非営利組織(NPO)「グラハムタスティック・コネクション」を創設。がんをはじめとする重病と闘う子どもたちのため、無料でロボットなどを提供している。

同組織は1998年以来、全米の1500人近くの子どもたちが外部とのつながりを保ちながら教育を継続するのを支援してきた。

CNNはこのほど、モリセットさんに自身の仕事について話を聞いた。

――あなたが提供するテクノロジーはどういった形でこれらの子どもたちを支えているのか。

続きはソースで

2017.09.30 Sat posted at 12:20 JST

子どもは病院にいながら外部とつながることができるようになる
https://www.cnn.co.jp/storage/2017/04/05/12bd0017a83019f5bd74474866d550a1/t/320/179/d/cnn-heros-robot2.jpg
レ◯リー・モリセットさん。病気の子どもの孤独を癒やそうと、ロボットを通じで外部とのつながりを維持できるよう取り組みを進めている
https://www.cnn.co.jp/storage/2017/04/05/eb20bf4793a9b29e80744ddbdbfea670/t/320/180/d/cnn-hero-leslie-morissette-grahamtastic-.jpeg
ダウンロード


引用元: 【技術】ロボットが代わりに教室へ、病気の子どもの孤独を癒やす [無断転載禁止]©2ch.net

スポンサーリンク
3: 2017/09/30(土) 23:20:37.83 ID:8KYr0v0q0
ブルースウィリスの映画であったな

4: 2017/09/30(土) 23:20:51.05 ID:TvntmqIy0
>>1
2枚目がロボットなのか

6: 2017/09/30(土) 23:31:28.76 ID:hRA7CY9O0
ソードアートオンラインかよ

18: 2017/10/01(日) 07:44:24.07 ID:+nwrBr8h0
>>6
それ思った
ああいうのはありだし実際にやれそうじゃね?遠隔カメラ使ってみんなと授業受ける

10: 2017/10/01(日) 01:24:20.61 ID:JqRFYNwD0
この辺のロボットは、もっと普及してもいいと思う
ぶっちゃけ単なるラジコンカメラで、そこまで高額なものではないしな

12: 2017/10/01(日) 02:31:18.15 ID:tAmSP9cO0
こんな夜中に泣かすなよ.

15: 2017/10/01(日) 07:26:09.70 ID:IKeVDX0L0
ぬ、ぬこじゃだめなのか。

16: 2017/10/01(日) 07:29:15.66 ID:Yd5WTbfz0
リモート義体かアバターか

19: 2017/10/01(日) 11:22:43.98 ID:qaPdod0t0
早く機械の体を手に入れられる時代が来るといいね