1: 2017/10/12(木) 23:35:46.50 ID:CAP_USER
ネアンデルタール人のゲノム解読、我々の病に影響
統合失調症や悪玉コレステロールとの関連も、クロアチアの化石の全ゲノムを解析
2017.10.10

秋だというのにひどい日焼けをしてしまったとか、関節の調子が悪いのなら、その原因の一端はもしかするとネアンデルタール人にあるかもしれない。(参考記事:「ネアンデルタール人 その絶滅の謎」)
 
5万2000年前のネアンデルタール人女性について、全ゲノムの高精度な塩基配列を決定したことを、ドイツ、マックス・プランク進化人類学研究所の研究者らが科学誌「サイエンス」に発表した。今回、解析されたのはヨーロッパ南部、クロアチアのヴィンディア洞窟で発見されたネアンデルタール人化石。全ゲノムの配列決定はネアンデルタール人では2例目となる。
 
このゲノムや他のネアンデルタール人女性のゲノム、そして大勢の現代人のゲノムの分析から、ネアンデルタール人のDNAがホ◯・サピエンスの遺伝的成り立ちにどのように関係しているか、さらには私たち現代人の健康にどのような影響を及ぼしているかについて、新たなヒントがもたらされている。(参考記事:「現生人類に残るネアンデルタールDNA」)

■遺伝子の1.8~2.6%がネアンデルタール人由来
 
今回の論文によると、ユーラシア系の祖先を持つ人々の全遺伝子の1.8~2.6%がネアンデルタール人の遺伝子に由来しているという。前回の見積もりでは1.5~2.1%だったので、割合がわずかに高くなっている。
 
さらに、今回調べられたネアンデルタール人ゲノムのいくつかの領域が、一部の現代人のゲノム中にある、血中コレステロール濃度、統合失調症、摂食障害、関節リウマチなどのさまざまな健康問題と密接に関連している部分と一致していることも明らかになった。(参考記事:「ネアンデルタール人はゆっくり成長した、研究成果」)
 
研究チームを率いたカイ・プリューファー氏は、すべての病気をネアンデルタール人のせいにしてはならないと釘をさす。遺伝子の発現には、数千まではいかないが数百の因子が影響を及ぼしているからだ。「あくまでも関連があるかないかという話です。特定の遺伝子バリアント(多様体)を持っているから病気になるとかならないとか、そういう話ではありません」と彼は言う。
 
私たちがネアンデルタール人から受け継いだ遺伝子の中には、役に立っているものもあるようだ。「例えば、LDLコレステロール濃度に関連する遺伝子です。ヴィンディア洞窟のネアンデルタール人女性が持っていた遺伝子バリアントは、体を保護する役割を果たすものでした」とプリューファー氏。「悪玉コレステロール」の別名を持つLDLコレステロールは動脈硬化と関連しているため、この遺伝子バリアントはそうした疾患を防ぐのに役立つ可能性がある。

「一般に、ネアンデルタール人から受け継いだものは好ましくないとされていますが、そうとは限りません」(参考記事:「人類はネアンデルタール人から高度な石器文化を受け継いだ?」)

続きはソースで

▽引用元:NATIONAL GEOGRAPHIC 2017.10.10
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/101000384/
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/101000384/?P=2


ダウンロード

引用元: 【古人類学】ネアンデルタール人のゲノム解読、我々の病に影響 統合失調症や悪玉コレステロールとの関連も

3: 2017/10/12(木) 23:39:12.33 ID:6Uf4yV09
分岐しただけで、ヒトがネアンデルタール人の子孫ではない。

9: 2017/10/13(金) 00:02:29.08 ID:D33jfYUs
>>3
ゲノム分析の結果、現生人類(ホ◯・サピエンス)とネアンデルタール人(ホ◯・ネアンデルターレンシス)の間で
ある程度の混血があったとされている。

11: 2017/10/13(金) 00:04:07.59 ID:lOH1Pji0
>>9
共通の祖先がある以上、どこからの遺伝子かを特定するのは難しい。

20: 2017/10/13(金) 01:11:15.14 ID:xzhziHxf
>>3
分岐しただけではない。混血したんだよ

4: 2017/10/12(木) 23:40:28.14 ID:xXnltlF2
東アジア人はネアンよりさらに原始的な北京原人の子孫だからな

6: 2017/10/12(木) 23:50:01.13 ID:jCgjFi2n
マジかよ
俺がホ◯・サピエンスとイマイチ上手く付き合えないのも
ネアンデルタールの遺伝子のせいだなクソが

9: 2017/10/13(金) 00:02:29.08 ID:D33jfYUs
>>6
でもホ◯とは仲いいだろ?同族なんだから。

12: 2017/10/13(金) 00:08:56.84 ID:9/SjF+wY
ハゲも?

14: 2017/10/13(金) 00:16:21.57 ID:P7kMyhUN
>>12
原始時代は床屋がない。

髪が伸びる→視界が遮られマンモス狩れない→死亡

ハゲは進化した人類でエリートなのだよ

19: 2017/10/13(金) 01:03:57.44 ID:Uds3963a
>>14禿げる年頃には狩りなんかできんだろう。まあ、若禿はなんだが

13: 2017/10/13(金) 00:11:22.66 ID:32MTKOoD
(´・ω・`)混血できていたって事
言葉を換えると、
ネアンデルタール人が何十万年もかけて手に入れた遺伝子を、
混血という手段により効率的に手に入れたことになる

15: 2017/10/13(金) 00:23:16.30 ID:GYP3YSOj
>クロアチアの化石の全ゲノムを解析
>全ゲノムの配列決定はネアンデルタール人では2例目

へー、化石から全ゲノムね。 すごいよ。
おまえらも気をつけないと 「人類ではない」 と判定されかれないぞ。

16: 2017/10/13(金) 00:31:20.63 ID:GYP3YSOj
>ユーラシア系の祖先を持つ人々の全遺伝子の1.8~2.6%がネアンデルタール人の遺伝子に由来している
なんかすごく小さい数値のような気がする。 シーラカンスと比べたら、そのくらいだったと言うならともかく。

21: 2017/10/13(金) 01:13:09.00 ID:xzhziHxf
>>16
いやかなりなもんだわ

24: 2017/10/13(金) 03:03:57.38 ID:lQoiPY89
>>21
そんなのより、この道の草分けのスバンテ・ペーボたちは、2015年に、4万年前のルーマニアの
初期現世人類のDNAから、6%から9%ネアンデルタール人のDNAを受け継いでいる例を見つけ
ている。
つまり、この化石のわずか4~6代前の人がネアンデルタール人だったことになるから、当時は普通
に混血していたことが分かってきている。

18: 2017/10/13(金) 00:37:31.92 ID:2RyGdWmi
ゲノム編集でネアンデルタール人が復活するのは近い

23: 2017/10/13(金) 02:14:07.96 ID:Fb1Q3cK4
アジア人てネアンの血が濃いとか言われてるけどどうなんだ

25: 2017/10/13(金) 03:12:32.96 ID:h7hiCYpU
黒人と白人の違いなんなの?本当におなじ人種?

28: 2017/10/13(金) 03:36:43.20 ID:o1ihMmCK
>>25
低緯度の弱い日照でもビタミンDを合成できるように、メラニンを減らす方向に進化した
肌は白くなり、眼の色も抜けて青や赤になり、髪の色も金や赤になった

また、低温乾燥した空気を温めて湿らして肺に送るために、鼻が高くなる方向に進化した

環境に適応していったの

30: 2017/10/13(金) 04:32:19.69 ID:vkRwGI8l
>>28
>~するために…なった
これは誤り

40: 2017/10/13(金) 10:24:45.99 ID:EWraki88
>>28,30
突然変異(劣性遺伝?)のアルビノがヨーロッパの森の中では周囲の黒人原人より健康を維持できたので子孫を多く残せた
奇形の高い鼻も同じく

42: 2017/10/13(金) 10:27:22.00 ID:xzhziHxf
>>40
ネアンデルタール人はアルビノじゃないしアルビノ起源じゃない

47: 2017/10/13(金) 11:10:15.59 ID:h7hiCYpU
>>28
じゃ、元々の20万年前の新人は黒人みたいのでなくて、アフリカに居続けるうちに黒人化したってことね?

66: 2017/10/14(土) 00:29:43.19 ID:Cl2RUKO+
>>47
黒人・・・熱帯だと体が小さいほうが放熱上有利なのだが、小さくなりすぎると体温が上がりやすくなるので結局大きくなる
     紫外線カットのために、メラニンを増やす→黒くなる
     効率よく放熱するために、髪の毛はチリチリ毛の渦状となる

黄色・・・季節の変化に合わせて、体色を変化させることのできるメラニンを持つ(日焼け)

31: 2017/10/13(金) 05:10:47.49 ID:pLgbtSNa
進化に理由はない
たまたまそのように進化したものが適応しただけ
ってわかってるけど理由を探しちゃう
脳の癖なのかな

33: 2017/10/13(金) 06:50:44.35 ID:UBYJn1D0
奥地なんかにネアンの血が濃い奴がいるんじゃないか

37: 2017/10/13(金) 09:52:31.42 ID:1GGOYcwS
>>33
東南アジアやアボリジニはデニソワ人の血が濃いなんて話があるね
アジア南部の少数民族に髪の一部だけ金髪や赤毛の混ざる人がいる

48: 2017/10/13(金) 11:17:22.79 ID:h7hiCYpU
>>37
やっぱホ◯サピエンス一種じゃなくて別種いんだ。。。フローレス原人みたいのも別種だし、東南アジアとかその血統残ってんでしょ?

34: 2017/10/13(金) 07:18:34.51 ID:9zZvlciN
何世代経っても1~2%も残っているのか

36: 2017/10/13(金) 09:44:51.56 ID:+lHWseV1
>>34
逆に考えるとその他はほとんど一緒ってことだよ。

59: 2017/10/13(金) 16:59:17.66 ID:qlPqKQkr
ホ◯・ネアンデルターレンシスだぞ

63: 2017/10/13(金) 19:31:55.22 ID:hsSWjwFa
>>59
もうその呼称いらんだろ
同じホ◯サピエンスの中の
モンゴロイド、コーカソイド、ネグロイド、ネアンデルタロイドでいいよ
同じ人間なんだしな

69: 2017/10/14(土) 00:57:23.14 ID:Cl2RUKO+
>>63
そもそも人間の定義って何さ
フローレシエンシスは人間じゃないの?

32: 2017/10/13(金) 05:56:38.72 ID:63jsPo6z
お互いどうやって分かれてまた混血したのか
どういう移動の仕方をして出会ったのか
霊長類ってそういう過程が気になる