1: 2017/10/19(木) 23:13:55.39 ID:CAP_USER
松食い虫被害調査、JAXA衛星で
2017年10月18日 17時31分

信州大学(本部・長野県松本市)が進める松食い虫被害の研究が、2019年末に打ち上げられる予定の宇宙航空研究開発機構(JAXAジャクサ)の先進光学衛星を使った委託研究に採用された。
 
同衛星に搭載された高性能センサーで松食い虫の被害区分を解析することで、精度は高まり、経費も大幅に削減される。同大では「県内、全国での調査を進めていきたい」と期待する。
 
採用されたのは、同大山岳科学研究所の加藤正人教授(60)が開発した技術。目で見える赤色域と見えない近赤外線の間にある波長帯「レッドエッジ」を感知する高性能センサーを使って森林を撮影すると、マツの木一本ずつの健康状態を、「健全木」「感染木」(松枯れ病の可能性)「枯死木」(松枯れ病の被害)に識別できるという。

続きはソースで

▽引用元:YOMIURIONLINE 2017年10月18日 17時31分
http://www.yomiuri.co.jp/science/20171016-OYT1T50093.html

▽関連
信州大学
森林資源研究部門 2017.09.22
JAXAから「先進光学衛星センサの林業分野での有用性評価」を受託
http://www.shinshu-u.ac.jp/institution/ims/topics/fr/jaxa.html
先進光学衛星を用いて、単木単位で樹木情報を把握します。所有者境界ごとに樹種別に樹木本数を自動カウントします。
http://www.shinshu-u.ac.jp/institution/ims/topics/03-2.png
松くい虫の被害区分算定方法(特願2016-54551)のプログラムを用いて、松くい虫の被害前と被害後の衛星データを比較し、健全木・感染木・枯死木の区分を行います。
http://www.shinshu-u.ac.jp/institution/ims/topics/04_1.png
ダウンロード


引用元: 【森林科学】JAXAの先進光学衛星で松食い虫被害調査 高性能センサーを使って森林を撮影/信州大

スポンサーリンク
3: 2017/10/19(木) 23:45:36.78 ID:QjxEunud
よかった、衛星が松食い虫の被害に遭ったわけじゃなかったんだな

4: 2017/10/20(金) 00:09:03.83 ID:F+a3u0KY
もう少し人の役に立つことに使えよ
莫大な税金が使われてるのに!JAXAをゆるせないな。

5: 2017/10/20(金) 00:21:19.33 ID:FcG0O9BO
>>4
薬ふやしてもらえ、な?

9: 2017/10/21(土) 12:43:20.62 ID:ECCGGOto
>>4
おまえの国はいつになったらロケット飛ばせるようになるんだ?

7: 2017/10/20(金) 18:28:06.40 ID:019uCvOx
じきに個人特定も容易になりそ

8: 2017/10/20(金) 19:03:38.41 ID:TuD5kmV0
まあ外来種のマツノザイセンチュウのせいで日本の松林がめちゃくちゃに

一方で、かつて山の落ち葉や枝が悉く焚き付けや薪になっていた時代から
既に60年前後経過し土壌の有機物が増え
そもそも多くの山でマツの生育に不適、あるいは他の植物に押されてしまう状況になっている

マツ林で効果的にマツタケを得られる最適な方法が「マツ林の落ち葉を良く取り除くこと」だったりするw
痩せた土壌でないとダメだ

問題は未だにマツしか生えないような山なのにそれが枯れて来てるところだなあ
そしてそういう所も少なくない
これが洪水の原因になってしまう

10: 2017/10/21(土) 13:46:04.70 ID:29ViZEf0
それより樹中の虫を木を傷つけず駆除する方法を見付けてくれ

11: 2017/10/21(土) 16:50:25.45 ID:5sJ1uIxr
>>10
木に傷が付くとまずい状況って何だ?
例えば材木として売れる価値が下がるとかか?

2: 2017/10/19(木) 23:39:00.39 ID:BIiQ8kqL
ほとんど偵察衛星だな