1: 2017/10/28(土) 17:37:20.38 ID:CAP_USER
英国の医師アレクサンダー・フレミング(1881~1955)は、ペニシリンを発見したことで有名です。
第1次世界大戦下の病院で傷病兵が重症感染症で命を落とす姿を見たフレミングは、戦後、感染症に対する薬剤の研究に取り掛かりました。


 ある日、フレミングは雑然とした研究室で、捨てようと思っていた細菌の培養皿を整理していました。
すると、黄色ブドウ球菌が一面に集塊(しゅうかい)(コロニー)を作っているはずの培養皿にアオカビが生え、その周囲だけ黄色ブドウ球菌が発育していないことに気づきました。

 普通なら、「あー、実験失敗だあ」で終わってしまいそうですが、フレミングは陰に隠れている重要な事実を見逃しませんでした。
「アオカビから黄色ブドウ球菌の発育を抑える物質が出ているに違いない。感染症の治療に使えるかもしれない」と考えたのです。
それは、今から90年ほど前の1920年代末のことでした。

 ちなみに黄色ブドウ球菌は、我々の皮膚などにもいるありふれた菌です。
様々な感染症の原因にもなります。培養すると黄色の光沢のあるコロニーを作り、顕微鏡で見ると丸い菌体がブドウの房状に集まっていることから、このように呼ばれています。

 フレミングは、アオカビが持つ、菌を抑制する物質を、アオカビの学名であるペニシリウムに倣って「ペニシリン」と命名し、29年の英国の学会誌に発表しました。

続きはソースで

朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASKBV76MJKBVUBQU01P.html
ダウンロード


引用元: 【医療】ペニシリン発見のフレミング、「耐性菌出現」も予言

スポンサーリンク
2: 2017/10/28(土) 17:42:11.07 ID:EooFesUJ
知ってた

7: 2017/10/28(土) 17:50:56.17 ID:NKxEbsnK
人間だって環境の変化に応じて、様々に自分を変えてきたんだろうから、耐性菌も
当然出てくるんだろうね。

8: 2017/10/28(土) 18:03:46.26 ID:jkAIy7Nk
フレミングの伝記読んだ、おもしろかった
革新的な大発見を誰も理解しない、一人じっと待つこと11年
ついに賛同者がフレミングを訪れるところは感動的ですらある

9: 2017/10/28(土) 18:04:52.47 ID:lLPzTjT1
アシネトバクターとかカルバペネム耐性菌か

14: 2017/10/28(土) 18:50:58.29 ID:wUaAsyTp
生き残るために進化するだろうからね。

15: 2017/10/28(土) 19:21:07.33 ID:f9/oW6Ho
電磁気のフレミングとペニシリンのフレミングは全く別人なんだよなあ
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/ジョン・フレミング
ttps://ja.wikipedia.org/wiki/アレクサンダー・フレミング

16: 2017/10/28(土) 19:34:59.17 ID:vhpGVt+v
>>15
当たり前だろう

17: 2017/10/28(土) 20:07:34.16 ID:Nd5UHtOF
>>1 ペニシリンに抵抗して生き延びる細菌が出てくるだろうと予言していました。

科学者、企業家、政治家、プログラマーで一番必要なのは分析力と想定力だろうな。

19: 2017/10/28(土) 22:02:51.19 ID:goFD91p5
細菌を◯す物質よりも細菌を無毒化する遺伝子改造RNAの方が良いだろう

21: 2017/10/28(土) 22:14:05.66 ID:M3dx1lk0
ペニシリンはたしかにすごいが、人間の持ってる免疫作用はもっとすごいと思う

23: 2017/10/28(土) 23:37:55.54 ID:o12EUkdb
そりゃ人間の技術は内在してる免疫よりはるかに低次元だからな
だから免疫を最大限に利用した医療のほうがよほど結果が出る
製薬に依存するのは下策

26: 2017/10/29(日) 00:20:24.51 ID:DNGsc23H
>>23
花粉症が国民病の現代に免疫バンザイ言うのもやや短絡かと思うがね

30: 2017/10/29(日) 01:46:35.30 ID:YnF5BnD+
>>26
どこまで行っても免疫万歳ですよ
免疫をコントロールする技を追求するのが人類の進むべき道です
免疫の暴走を抑えることも含めてね
まさか暴走することがあるから価値がないとか言い出すアホじゃないよね?

36: 2017/10/29(日) 06:26:42.67 ID:sApe1vx3
>>23
免疫をコントロールするのも薬を使ってるんですけどね

41: 2017/10/29(日) 07:28:27.65 ID:YnF5BnD+
>>36
だから不十分なコントロールに悩みが尽きないわけだよね
薬では本質的にコントロールなんて出来ないからだよ
やってることは抑え込むことだけ
免疫はシステムなんだから一部を弄ろうとする薬では解決にはならない
システムにはシステムで対処する必要がある
これはガンも同じだ。ガンも薬は向いていない疾患

25: 2017/10/29(日) 00:12:43.36 ID:fbV4K/kO
ペニシリンは仁先生の特許です

52: 2017/10/29(日) 12:34:57.16 ID:yFeFwE9B
>>25
日本の夜明けぜよ

31: 2017/10/29(日) 01:47:06.76 ID:3FMLp3E4
ペニシリンってそんな遅かったんだ
第一次世界大戦には出来てると思ってた
梅毒怖い

56: 2017/10/29(日) 17:14:14.00 ID:MRw6mjjv
 


>>31

戦前戦中は不治の病。

戦後はストマイを闇で手に入れることができた者だけ助かった。
1本じゃ足らず2本必要だったらしい。
もちろん闇だから物凄い高値で、たぶん偽物も多かったんじゃないかな。


 

72: 2017/10/29(日) 21:11:20.19 ID:sApe1vx3
・・・って、ひょっとして>>31の梅毒を結核と読み違えてないか?

38: 2017/10/29(日) 07:11:18.97 ID:4F2pq0PT
ちょっと考えて見ればすぐわかるよ。
なぜ、ペニシリンを産出するカビは、
ペニシリンによって死なずに済むのかなど。

42: 2017/10/29(日) 07:29:21.80 ID:sApe1vx3
>>38
ペニシリンの作用機序知ってれば簡単だけど
知らん奴がちょっと考えてもわからんと思うぞ

39: 2017/10/29(日) 07:11:43.30 ID:DDYSNJys
予言と言うか誰でも言うんじゃないか、そういう事は。

45: 2017/10/29(日) 09:25:01.73 ID:vOeiUEpN
で、どうすればいいと?

49: 2017/10/29(日) 11:51:13.69 ID:sa5yOdoL
>実は、日本でも戦時中にもかかわらず、44年にペニシリンの精製に成功していました。
>「碧素(へきそ)」という名前でごく限られた人に使用されたようですが

実はこれ、満州731部隊の業績だったりする。

58: 2017/10/29(日) 17:25:50.52 ID:MRw6mjjv
 


ちなみに戦前の理化学研究所(解体前)は、なかなか経営が軌道に乗らなかった。

ところがビタミンAが結核に効くらしいと噂が広まり、
それでバカ売れし、経営が軌道に乗った。

臨床試験をしたかも怪しいし、これを理研が否定したか肯定したかも知らん。
結核様様ってことだな、結局戦後解体されたが。


 

61: 2017/10/29(日) 18:40:10.79 ID:sApe1vx3
ちなみに梅毒にストレプトマイシンなどアミノグリコシド系は無効ね

68: 2017/10/29(日) 20:16:07.66 ID:4F2pq0PT
日本の鰹節も、煮た鰹にたしか青カビをはやして造るので、
厚生物質を含んでいたことだろう。

69: 2017/10/29(日) 20:40:03.15 ID:MRw6mjjv
 


>>68

わざとじゃねえだろ、
カビつけはするが青カビじゃない、麹カビだろ。

青カビをわざとつけるのはブルーチーズだろ。


 

34: 2017/10/29(日) 04:00:00.83 ID:U1ulbO3s
風邪だけで抗生物質出すのはいかがなものか