1: 2017/11/03(金) 23:07:40.67 ID:CAP_USER9
1957年11月13日、旧ソ連の共産党機関紙「プラウダ」に掲載された人工衛星「スプートニク2号」に乗せられ、地球の生物として初めて地球軌道に到達したライカ犬の画像(撮影日不明)。(c)AFP/TASS
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/4/1/1000x/img_411f0f1862b03005529f204ff88ad9b3172300.jpg

【11月3日 AFP】今から60年前の1957年11月3日、旧ソ連の人工衛星「スプートニク2号(Sputnik 2)」に乗せられ打ち上げられた雑種の犬「ライカ(Laika)」は、地球軌道に到達した初めての地球の生物となった。

 ライカの打ち上げは、同年10月の世界初の人工衛星「スプートニク1号(Sputnik 1)」の打ち上げに続き行われた。当時ライカの世話を担当していた生物学者のアドリア・コトフスカヤ(Adilya Kotovskaya)氏(90)は、ライカに別れを告げた日を振り返り「私たちを許してと話しかけ、最後にライカをなでながら涙を流した」と語った。

それから60年がたつ今も、もっと小型ではあるが、宇宙へ動物たちが送られている。

 国際宇宙ステーション(ISS)計画の主任研究員、ジュリー・ロビンソン(Julie Robinson)氏は、宇宙に打ち上げられた動物たちから私たちがいまだに何を学んでいるのかを説明してくれた。

■今はイヌやネコ、サルは打ち上げていない?

 こうした動物を宇宙へ送っていた当時は、哺乳類全般は無重力状態では生存できないのではないか、あるいは人間は窒息してしまうのではないか、といった不安があった。今日、生物を宇宙へ送る目的は生物医学的な研究で、多数の小動物を送っている。

続きはソースで

(c)AFP

配信2017年11月3日 13:18
AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3149129
ダウンロード


引用元: 【宇宙】「ライカ」乗せた衛星打ち上げから60年、現在の宇宙実験は小動物が中心

スポンサーリンク
3: 2017/11/03(金) 23:10:01.01 ID:RrKecLrP0
かつてプラネットライカというゲームがあった

4: 2017/11/03(金) 23:11:03.12 ID:FbohItCN0
ライカは宇宙でどうなったの?

星になった?

12: 2017/11/03(金) 23:15:06.65 ID:T4EZPmJU0
>>4
打ち上げ時に断熱材壊れて加熱されて直ぐ死んだ

15: 2017/11/03(金) 23:15:47.57 ID:XdJijw+L0
>>12
あれ、帰りだと思ってた。
そうなのか。

19: 2017/11/03(金) 23:17:56.15 ID:T4EZPmJU0
>>15
もともと、帰らない計画
数日後に毒で安楽死wさせるっていう表向きで(たぶん嘘)、大気圏再突入でチリになるときの心拍数とかの変化を調べたかったけど、打ち上げ後にすぐ死んだ

20: 2017/11/03(金) 23:18:34.80 ID:gWu9f7rq0
>>15
当初の公式発表では、打ち上げから10日後、大気圏再突入前に毒入りの餌が与えられて安楽死したとされていた

23: 2017/11/03(金) 23:21:03.34 ID:T4EZPmJU0
>>20
絶対安楽死させるとか嘘だよな。再突入時に死にゆく生き物の生体反応とかめちゃくちゃ欲しいデータだっただろうに

33: 2017/11/03(金) 23:28:06.16 ID:gWu9f7rq0
>>23
50年代じゃ、再突入時に電波が遮られるから正確なデータを得るのは無理だよ
燃え尽きないような計測機械を回収するのも難しいんではないか?

131: 2017/11/04(土) 20:30:35.70 ID:Hs7PJh9W0
>>33
すぐ後にガガーリンが生還したんだから
計測器回収くらい何とかなりそう。

136: 2017/11/05(日) 00:35:35.16 ID:uK8uTkvA0
>>131
実は、当時の科学技術でもライカを生還させることは可能だった
だが、当時の最高権力者であるフルシチョフが開発を急がせたため、
生還を断念せざるを得なかった

もっとも、断熱材の破損によりライカが死んだと思われること、
その後の動物実験でも生還させる目的だったのに失敗したことを考えると、
おそらく宇宙に飛んだ時点でライカの運命は同じだったと思われる

13: 2017/11/03(金) 23:15:31.03 ID:bthB5VRP0
アイゴ団体さーん出番ですよ!

14: 2017/11/03(金) 23:15:32.63 ID:+kBdmQHE0
ジャミラになって地球に帰ってきた。

18: 2017/11/03(金) 23:17:47.24 ID:D9yaXkO90
>>14
怪獣系であれが一番怖かったわ
なんか妙に生々しくてw

21: 2017/11/03(金) 23:20:08.59 ID:M4QhHUbn0
飛ばす前の数週間も相当エグイ状況に置かれてたんだっけ…

22: 2017/11/03(金) 23:20:13.93 ID:WgCp/ahp0
意味のない実験するなよ
このような実験にこそ死刑囚だろ
生き残ったら恩赦でやればいい

24: 2017/11/03(金) 23:22:37.05 ID:T4EZPmJU0
>>22
宇宙にいった瞬間犬が人間並みの知性を得て管制塔に自分を救済するようにって抗議してたって説が俺の中では一番有力。

26: 2017/11/03(金) 23:24:30.70 ID:gWu9f7rq0
>>22
人道とは無縁なような共産主義国家ですらいきなり人間を送り込むような事はしないのは、小さなものからコツコツ段階を踏んだ方が結果的には安くあがるからだよ
いきなり人間搭乗サイズで作って失敗したら、損失がでかい

119: 2017/11/04(土) 18:39:26.27 ID:ZG833RkE0
>>22
研究者自身もこの打ち上げから有意義なデータは何も得られなかったと後悔の証言をしているね
当時は宇宙開発がイデオロギー闘争の場だったから帰って来られる設備を開発する前に急いで生命を地球周回軌道に乗せる事が優先されたそうだ

27: 2017/11/03(金) 23:24:41.13 ID:OdHHXBO60
ソ連の有人飛行で失敗したケースって結局全部で何件?

40: 2017/11/03(金) 23:31:59.82 ID:gWu9f7rq0
>>27
飛行中の事故では2件4人
アメリカの方が死んでる

42: 2017/11/03(金) 23:36:04.13 ID:rFy1/+5J0
>>40
ソ連時代だと、公表もしないしね
ていうか、ソ連時代には開発拠点と周辺の村ごと、
謎の大爆発で一帯が消滅したそうだが

目撃者自体も生きていらない大爆発

43: 2017/11/03(金) 23:37:52.16 ID:D6ewxmwh0
>>42 ソ連時代だと、公表もしないしね

スプートニクなどでアメリカを出し抜いたセルゲ◯・コロリョフの存在も秘匿されていたからな~

47: 2017/11/03(金) 23:42:54.85 ID:FkN5Yl520
>>42 サターンVに対抗して作ってたN-1だろ

あの爆発動画はすごいよな 人がゴミのようだって感じだ

あの事故でソ連の月計画は折れてしまった 

60: 2017/11/04(土) 00:09:27.35 ID:egzG+DwL0
>>47
ソ連のロケット爆発の映像も凄かったけど、インパクトさではチャレンジャー爆発の右に出るものはない

120: 2017/11/04(土) 18:52:24.98 ID:K3izFjp/0
>>42
ロシアはここ40年ぐらい有人ロケットでの打ち上げ失敗はないが、アメリカは死亡事故を頻発してるよね。

アメリカの飛行士でさえ「スペースシャトルよりソユーズの方が信頼できる」と言ってるくらいだし。

ちなみにベトナム戦争の時も、M16より鹵獲したAK47を好んで使ってた米兵が多かった。

124: 2017/11/04(土) 19:39:36.18 ID:fiDBv25N0
>>120

打ち上げ前からとても問題があったんや

衝撃の瞬間「スペースシャトル・チャレンジャー爆発事故」
https://www.youtube.com/watch?v=NqAaH45YhLA


31: 2017/11/03(金) 23:26:50.44 ID:rFy1/+5J0
ミバエって、柑橘系の実によくつく害虫で、
かつて米南部で大量発生した時に、
実験飼育用に持って行ったミバエのほかに、
勝手にスペースシャトルに紛れ込んだミバエがいて、
宇宙空間に出たスペースシャトルの艦内で自由に飛び回っていた、とか

54: 2017/11/03(金) 23:51:45.25 ID:JgP6R8fX0
名前はライカ説とライカ犬のクドリャフカ説とがあるな

58: 2017/11/03(金) 23:56:51.77 ID:gWu9f7rq0
>>54
内部的にはクドリャフカとも呼ばれていたようだけど、名前について犬種のライカとの混同といったメディアでの情報錯綜があった後、ソ連の公式発表や西側報道でも「ライカ」で統一したらしい

89: 2017/11/04(土) 02:06:34.73 ID:WM+lseu20
犬猫はダメでネズミならいいと言う風潮