1: 2017/11/08(水) 14:28:27.99 ID:CAP_USER
DNA研究技術の進化により、永い眠りについていた化石などを用い、太古のDNAにアプローチする論文の発表が相次いでいます。

 先月、マンモスと同じく氷河期に栄えて絶滅した、巨大な犬歯を持つ「サーベルタイガー(剣歯虎)」のmDNA(ミトコンドリアDNA)を初めて見つけ、分析したという論文が学術雑誌に発表されました。DNAの分析から何が明かされたのか。
映画のようにクローン技術でサーベルタイガーを現代によみがえらせることは可能なのか?

 古生物学者の池尻武仁博士(米国アラバマ自然史博物館客員研究員・アラバマ大地質科学部講師)が、論文著者に直接尋ねた話をまじえて報告します。

 以前、「イエネコの起源」と近縁の「ネコ科の仲間の進化関係」にスポットをあて、紹介してみたことがある(主に現生の種に焦点をあてた)。
 「イエネコ起源の謎(上中下)」参照 https://thepage.jp/detail/20170706-00000007-wordleaf

 しかし今回取り上げるネコは、そのスケールが桁違いだ。

 その名も「サーベルタイガー(剣歯虎)」。すでに絶滅しているため、現在その姿を直接見かけることはできない。
(しかし、ペットには、まるでむいていなかったはずだ。サーカスなどで芸を教えることもかなわなかったはずだ。)

このサーベルタイガーの横顔のイメージに「ピン」と来る方がいるかもしれない。

 上アゴから突き出した、独特の長く鋭い犬歯(=「剣歯」!)。この哺乳類の進化史上でも斬新な武器を使って、まず間違いなく多くの獲物を仕留めてきたはずだ。その犠牲者(=生物)の中には、我々人類の直接の祖先も(数々の証拠により)含まれていたと考えられている。
(大きく開いた二つの穴を持つ頭蓋骨を前にされると、私の開いた口はしばしふさがらない。)

続きはソースで

THE PAGE
https://thepage.jp/detail/20171106-00000003-wordleaf
ダウンロード


引用元: 【古生物学/DNA】絶滅種サーベルタイガーDNA分析に初成功 氷河期化石からクローンは可能?

スポンサーリンク
3: 2017/11/08(水) 14:32:43.88 ID:axlUykI1
わたしはサーベルタイガーのサーベルだよ

5: 2017/11/08(水) 14:38:51.76 ID:xodIVkN0
現生の最も近い種の遺伝子を操作することで全く同じとは言えないまでも、かなり近いものを作り出すことができるのではないか。

6: 2017/11/08(水) 14:39:40.08 ID:sJi93LA4
固形物が食えるとは思えん
餓死で絶滅したんだろ?

9: 2017/11/08(水) 15:00:05.52 ID:a9ysOSpG
>>6
あの牙で血を吸ってたという説もあるよ。

18: 2017/11/09(木) 09:07:46.79 ID:Wl6fByVU
>>6
正面から噛むんじゃなくて
口の脇から肉をかじりとるんだよ
人と違って鼻面が長い肉食獣はそういう事をする

8: 2017/11/08(水) 14:59:25.70 ID:ux/YSYBR
猫を犬みたいに大きく品種改良しないのはなぜか?答えはあぶねえからだってw

10: 2017/11/08(水) 15:11:26.55 ID:Z9ND0ohk
mDNA ならそりゃ可能だろう。

スブァンテ・ペーボとかが、マシアス・メイヤー法で、核のDNAのゲノムを分析したのかと思った。

13: 2017/11/08(水) 15:51:08.32 ID:AKkLWhgy
まずはミトコンドリアか

でもすごい

15: 2017/11/08(水) 18:20:01.54 ID:Dzt5O7u3
系統樹の位置おかしくないか?
マカイロドゥス亜科2300万前から出てきてるのに

16: 2017/11/09(木) 08:28:59.27 ID:AI94Hrv2
下唇に巨大な牙が収まるポケットが描かれていることがあるけど、あれは・・・

27: 2017/11/09(木) 12:24:54.92 ID:RRQlJcpR
>>16
ティラコスミルスかな
肉食性の有袋類な

22: 2017/11/09(木) 11:15:34.34 ID:CJKanrl1
意味があって絶滅しとるんやからいらんことするなよ…

40: 2017/11/10(金) 19:46:07.29 ID:eqj+2lNA
>>22
生物に意味なんか無いんですよ

23: 2017/11/09(木) 11:27:31.57 ID:LV9LWxAs
海に帰ってセイウチになったのは有名

26: 2017/11/09(木) 11:58:34.06 ID:Ovg74vQc
牙というのはあまり鋭い物体ではない

そもそも物を切り裂くというのはどういう現象か
まあ物体Aの1つの点に掛かる張力(あるいは1つの線での張力)が、そこに押し付けられた物体Bの
圧力やせん断力に耐えられない時に起こる

だが、動物の皮って伸びるから、

周りをある程度の結合組織で支えられて、真ん中に伸び縮みする皮が張ってある場合を想定する
(太鼓に皮が張ってある状態を考え、それがゆるゆるに張ってある状態を考えると)
牙が十分に長くない場合、物体に十分な大きさの変形を与えることが出来ない
鋭く「引っ掛けて」そのまま強く引っ張れば別だろうが、そもそも引っ掛からんw
牙は大型動物の皮をその鋭さだけで切り裂けるほど尖ってないのだ

だから、思い切り長くして、大きく変形させてやると張力が大きくなって破れる、という事になる
そうでないと牙の口蓋が先に皮にぶつかってしまい、それ以上張力を掛けられない

日本人は鋭く尖った職人技の日本刀をイメージしてしまうから大きくなくてもいいと考えてしまう
だが、その尖ったものを野外で動物が少しずつすり減って行っても武器として維持できるか?と考えると
やはり大きなものを深く押し当てる方式の方が簡単であると分かる

牙を口の中ですり合わせて鋭いエッジを保っている生物種もいない訳ではないが、サーベルタイガーはそのような方法を取らなかった

33: 2017/11/09(木) 13:47:52.37 ID:zR3ZrCFA
本当は肉食でなく芋とか掘ってたんだろ

34: 2017/11/09(木) 15:47:21.80 ID:Ovg74vQc
サーベルタイガーはゾウも餌にしたかも知れんが
それより2tくらいある大型のウシの仲間を餌にしたのではって説がある
これならあまり足も速くなくて、何とか狩ることが出来るサイズだ

35: 2017/11/09(木) 16:32:19.27 ID:Y8e49L+q
今いるトラよりもちょっと小さいくらいだよね
イメージしてたのと比べてたいしたことねーな、と思ったよ

39: 2017/11/10(金) 11:03:42.19 ID:ePRZPZ9A
チラコスミルスは?

41: 2017/11/11(土) 03:02:33.24 ID:PSmOjTbP
>>39
チラコスミルスは南米の有袋類なんだよな
北米から入ってきた食肉目のスミロドン
との競争に負けたって説が有力

43: 2017/11/11(土) 16:44:05.38 ID:cw3n6M3x
ウンピョウは体重比では現在の
肉食獣最大の犬歯らしいね

44: 2017/11/14(火) 02:08:07.47 ID:nj2ozkR+
犬歯の根が頭の上の方までのびてて、結構笑かす顔立ちだったらしい。

45: 2017/11/14(火) 02:10:24.38 ID:nj2ozkR+
牙がもろいかどうかはわからんが出血死狙ってたと言う話

24: 2017/11/09(木) 11:40:47.07 ID:uN6KW//P
実際アレ役に立つんかね、あんなに長くなくていいような気もするが