1: 2017/11/16(木) 02:37:38.61 ID:CAP_USER
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月14日、X線天文衛星「ひとみ」の観測データを解析した結果、地球から2億光年以上離れたペルセウス座銀河団のガスが太陽と同じ物質でできている可能性が高いという研究結果を発表、科学雑誌「ネイチャー」に掲載した。宇宙の成り立ちを解明する手がかりがまたひとつ発見された。

〈でき方が違えば、物質も違う〉

宇宙が同じ物質でできていると言われても、そもそもどういうことなのかわかりにくい。
宇宙が誕生したとき、物質は水素とヘリウムしかなかった。
その後、宇宙に星が誕生して核反応が始まり、超新星爆発を起こすなどして宇宙には様々な物質が誕生した。
太陽も地球も人間の身体も、このような星の爆発で宇宙に飛び散った星のガスが集まってできたものと考えられている。
このような星の爆発にはいろいろなタイプがあり、それによって生まれる物質も異なる。
どのように星が生まれ、爆発し、次の星が誕生したかによって、物質の種類が決まるわけだ。

〈全く違う銀河が、太陽と同じだった〉

全く違う銀河が同じ物質でできていることを確認した。
我々の太陽は天の川銀河(銀河系)の中の星のひとつだ。
天の川銀河のように円盤型の渦巻銀河では新しい星が多く生まれており、太陽も46億歳と比較的若い(宇宙ができてからの138億年に比べれば)。
一方、2億光年離れたペルセウス座銀河団は、ボールのような楕円銀河の集合体。
こういう場所では新しい星が少なく、比較的高齢の星が多いという。
そのペルセウス座銀河団の物質が太陽と同じであることを発見したのが今回の発表だ。
論文の名義は「ひとみコラボレーション」、つまりX線天文衛星「ひとみ」の開発者や研究者一同。
責任著者の1人である山口弘悦准教授(メリーランド大学)は現在日本にいないため、もう1人の松下恭子教授(東京理科大学)と、「ひとみ」のプロジェクトサイエンティスト大橋隆哉教授(首都大学東京)が発表した。

続きはソースで

画像:黄色のグラフが過去の観測、白いグラフが「ひとみ」の観測。はるかに細かくなった。
http://sorae.jp/wp-content/uploads/2017/11/2017_11_15_astro-h1.jpg

http://sorae.jp/10/2017_11_15_astro-h.html
images


引用元: 【宇宙】宇宙は太陽と同じ物質でできている?X線天文衛星「ひとみ」の観測で判明

スポンサーリンク
2: 2017/11/16(木) 03:09:29.59 ID:cPhoAdYh
宇宙のこと考えると頭痛がするので
チキンジョージ博士の宇宙は青虫だった理論を受け入れることにした

3: 2017/11/16(木) 03:24:35.73 ID:VK7S1hEe
観測例が1つだけじゃね…

7: 2017/11/16(木) 07:26:09.36 ID:0Eznv/a+
すごい波長分解能だな。

8: 2017/11/16(木) 07:40:39.17 ID:llemL9WY
>残念ながら「ひとみ」は打ち上げからわずか38日後に機能喪失してしまったため

詳しいことは忘れたけれど、単純な操作ミスだったんだよな。
人間は絶対にミスは犯すから、それを前提に何重にも、チェックするようにしないとな。
教訓=人間は100%ミスを犯す。

47: 2017/11/17(金) 12:53:48.19 ID:10F7Zp5t
>>8
NECのプログラムミス。

10: 2017/11/16(木) 08:01:58.55 ID:13g/OFgV
こいつに関しては科学面より衛星運用に関しての反省点の方が多いだろ

41: 2017/11/17(金) 06:27:45.66 ID:afpOM82o
>>10
だね、記事として、そこを書かない科学誌側・ジャーナリズムが忖度。

なんでもかんでも手放しで誉めたら、JAXAの為に良くない。

何か間違っていないか?、組織は常に反対から見るモノだ

43: 2017/11/17(金) 07:40:09.51 ID:95m/GjmK
>>41
アホかよ。早期に失敗したとして非難されていた案件なのに、どこがなんでもかんでも手放しで誉めてるんだよ?
むしろ真逆で、非難されて低評価だったところに成果で見直しが入ったってだけだよ

11: 2017/11/16(木) 08:25:39.96 ID:F/QalElu
宇宙で最も多い元素は水素とヘリウム。
宇宙ができたときも、存在したのは水素とヘリウム。
どこの銀河だろうが太陽だろうが同じだよ。
同じメカニズムで恒星ができ、銀河ができてるんだから。

12: 2017/11/16(木) 08:55:48.32 ID:18LcKrV0
>>11
記事読んでいないんだろうが
超新星爆発の種類によって 吐き出される 重元素 の比率が違うっていう話だよ

16: 2017/11/16(木) 09:26:52.67 ID:F/QalElu
>>12
この宇宙はすべて同じ物理法則が働いているから、重元素の比率も同じだよ。
当然のことよ。

19: 2017/11/16(木) 09:54:15.64 ID:18LcKrV0
>>16
精度の悪い これまでの x 線衛星の 報告をもとに 古い星の多い銀河では 太陽よりも 鉄族元素 の量が多いと言われていたんだよ
1 a型超新星爆発の 質量限界型と より軽い質量で爆発する型 の比率が 古い銀河と太陽 付近では違うと言われていたのが これからは見直す必要があるということ

20: 2017/11/16(木) 10:16:23.21 ID:F/QalElu
>>19
だから、同じだって結果が出たのだろ。
それでいいんだよ。

13: 2017/11/16(木) 08:57:45.88 ID:DUi8QeoK
全く同じ?
全くって言葉使って大丈夫なのか?

31: 2017/11/16(木) 14:34:34.20 ID:GsbLw7zj
>>13
桁が同じなら、全く同じ。それが天文学。

34: 2017/11/16(木) 18:23:21.77 ID:+07/iHeE
>>31
誤差範囲が大きいということだな

結構いい加減な学問

15: 2017/11/16(木) 09:11:03.14 ID:5uIb8yKL
核融合反応は観測できても核分裂反応は観測できないのかな?
中性子星の周辺どうなってんだろ

21: 2017/11/16(木) 10:25:16.14 ID:75BEdazj
渦巻銀河言うてる時点で…

23: 2017/11/16(木) 10:29:37.46 ID:18LcKrV0
>>21
棒渦巻銀河だからな

22: 2017/11/16(木) 10:27:05.47 ID:WCJgUKGP
えーと、よく分からんがこういうことか?
*若い渦巻銀河が渦の中で子供(若い恒星)を産みまくる。
*子供が増えるたびに星の材料のガスが減って渦が薄くなってゆく。
*しまいには渦がなくなって閉経。中心部だけしかない楕円銀河というBBAになって余生を送る。

25: 2017/11/16(木) 11:25:33.43 ID:7sGj5S4J
平たく説明すると
太陽は、宇宙の空気やゴミを吸収、内部でエネルギー変換している
従って、太陽が消滅するのには、絶対真空にならなければいけない

27: 2017/11/16(木) 11:49:24.62 ID:b5JLdpy9
http://sorae.jp/wp-content/uploads/2017/11/2017_11_15_astro-h1.jpg

このグラフみて確かに分解能が細かくなったのは分かるけど
元素比率までが古いデータを否定するようには見えないけどな
そもそもクロム、マンガン、ニッケルのピークなんて検出できたっていうだけで定量下限以下のものだろ
こんなので比率計算していいのかと

30: 2017/11/16(木) 13:39:34.86 ID:HCAbjpoa
>>27
論文見てから決め付けろ。予断に過ぎる

28: 2017/11/16(木) 12:02:01.32 ID:bbpP/3eR
ちがう言い方をすれば・・・

新しい発見は、何も無かった。

成果無しでした・・・。

29: 2017/11/16(木) 12:30:02.96 ID:VK5BPgOG
太陽のデータなのか天の川銀河のデータなのか今イチハッキリしない>>1だなぁ…。

33: 2017/11/16(木) 15:03:48.09 ID:r74GLu6b
テスト観測でこれだけのデータが取れたんだぜ……
どんだけ高性能だよ
もしN○Cのお間抜けちゃんがやらかさなかったら
いまごろX線天文学を一ページ目から書き換えるくらいの成果が出てたのになあ

36: 2017/11/16(木) 20:44:55.23 ID:Dk7fXHzN
>>33
報告書読んで見ることをお勧めする
NECだけの問題じゃ無いのよ

39: 2017/11/17(金) 00:53:05.46 ID:4jbvzoBr
元素組成の話はともかく、Ia型の質量限界と絶対光度の関係が崩れる心配はないのかな?

38: 2017/11/16(木) 22:16:17.39 ID:V5qzYZGU
一は全。

全は一。