1: 2017/11/16(木) 02:25:48.77 ID:CAP_USER
女性と男性とでは、同じものを見たり聞いたりしても、受け止め方に大きな違いがあります。
それは脳の回路の組み立てやその働き方に性差があるためと考えられますが、どのような仕組みによって男女の脳の違いが作られるのかは、秘密のベールに包まれていました。

 このたび東北大学大学院生命科学研究科の山元大輔教授のグループは、ショウジョウバエの脳回路の雌雄差の研究を通じて、遺伝子のオン・オフを司る一つのタンパク質が、女性脳-男性脳の切り替えスイッチであることを突き止めました。

 研究グループは、脳内で性フェロモンの検出に携わっているmALという名の脳細胞が雄に固有の突起(雄型突起)を持つことに着目して、この突起の有無を左右する遺伝子を探しました。
その結果、ティーアールエフ2(TRF2)と呼ばれる"月並みな"雌雄共通のスイッチタンパク質が、その鍵を握っていることがわかりました。

続きはソースで

図:mALニューロンに於けるTRF2の分子レベルでの作用(上段)と細胞レベルでの効果(下段)
左:FruMが存在するときには、FruMの標的遺伝子であるrobo1の転写をFruMとともに抑制する。
Robo1タンパク質は同側神経突起の形成を抑制するので、robo1の転写が抑制されると同側神経突起の形成が起こる。
右:FruMがないときにはTRF2はrobo1遺伝子の転写を促進するため、同側突起は形成されない
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press20171113_01.jpg

東北大学
https://www.tohoku.ac.jp/japanese/2017/11/press20171113-01.html
images


引用元: 【東北大学】"女性脳"と"男性脳"を切り替えるスイッチ遺伝子を発見-ショウジョウバエでの研究成果-

2: 2017/11/16(木) 03:09:26.19 ID:m40jmux0
これで奴らも治療できるな。

3: 2017/11/16(木) 03:15:36.52 ID:Bq9X3Hcu
よかったじゃん治療できそうじゃん

4: 2017/11/16(木) 03:19:48.23 ID:f4CMuvNr
ヒント、奴らに脳はない

5: 2017/11/16(木) 03:24:35.56 ID:LL2g0XX8
かと言ってトランスジェンダーが治療出来るわけでも無し

6: 2017/11/16(木) 06:05:27.89 ID:jZae/c4a
女性脳と男性脳、どっちが改憲派でどっちが護憲派?

9: 2017/11/16(木) 11:49:13.72 ID:X1Fr0cx6
性同一性障害の人って、開き直って明るく前向きに生きてる人ばかりが目立ってるけど、実際は苦しんでる人の方が大多数だろうな
誰にも言えず悩んでる人も相当数いそう
かなり残酷な障害だと思う

11: 2017/11/16(木) 13:33:31.79 ID:TnD9nMnE
>>9
人間、どこか障害というか多数派ではないとこを持って生まれてくるよ
スーパーマンなんていないんだよ

13: 2017/11/17(金) 06:21:34.44 ID:7KpdWzLE
ハエの話やん
脊椎動物は違う機構かも知れん

15: 2017/11/17(金) 14:40:06.97 ID:OcgMKFLc
男女のトミコ!

17: 2017/11/18(土) 00:08:34.75 ID:3P1InPu3
どんだけー!!

18: 2017/11/18(土) 00:10:34.67 ID:3P1InPu3
ライオンにだってホ◯はいるし自然の流れ

12: 2017/11/16(木) 22:38:44.19 ID:7SKOcDiT
頼むからどうでもいいことベラベラ長時間しゃべるの治してやってくれ