1: 2018/01/16(火) 16:03:56.54 ID:CAP_USER
なにやら変わった動きを見せている彗星がいるそうです。

41P/タットル・ジャコビニ・クレサーク彗星。変なのは名前だけじゃありません。

なにせこの41P、最初に確認されたのが1858年(タットル氏)。
その後1907年に再確認され(ジャコビニ氏)、また1951年に(クレサーク氏)…、と発見だけで100年近くかかってるそうです。ちなみに「41P」とは周期彗星に与えられた登録番号のこと。

41Pは木星の重力の影響を受けている木星族の短周期彗星で、直径およそ1.4キロメートルと彗星の中ではミニサイズ。
太陽を起点とした楕円の軌道を描きながら、5.42年周期というせわしなさで太陽を回っています。
また、41Pは不規則な明るさを放つ彗星としても知られています。
1973年に観測された時は7等級から4等級に昇格されたほどの大きなバーストが確認されたそうですが、
なぜ急に明るくなるのかはよくわかっていないそうです。

さて、この41P、2017年4月に近年でもっとも地球に接近しました。
双眼鏡でも見えるぐらいの明るさだったそうで、全世界の天体ファンをわかせました。

米メリーランド大学のDennis Bodewits博士もまた星空に望遠鏡を向けていた天体ファンのひとりでした。
ところが観測を続けているうちに、ある奇妙なことに気づいたそうです。
2017年3月には20時間に一回自転していた41Pが、およそ60日後の5月には46~60時間に一回と、自転のスピードが激減していました。

こんな短期間に3割近くまで自転のスピードが落ちた観測例は初めてだったそうで、Bodewits博士はさっそく調べにかかりました。

そもそもですが、彗星とは凍りついたガスと塵のかたまりです。軽いので重力の影響を受けやすく、重い天体の重力に引きこまれて太陽のまわりをグルグル回り始めます。
それが太陽に近づくとすさまじい熱気をあびることとなり、凍っていたガスや塵が溶けて放出されます。
この「脱ガス現象」と呼ばれるガスと塵の噴出が彗星がぼんやりと光る理由です。
そしてその気化したガスや塵がすさまじい太陽風に吹きとばされ、太陽から遠ざかる方向へ尾をたなびかせます。

続きはソースで

Image: Kees Scherer / Wikimedia Commons via Gizmodo US
Reference: Nature, NASA(1, 2)

Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US[原文]

関連ソース画像
https://assets.media-platform.com/gizmodo/dist/images/2018/01/11/180112_crazycomet_41p-w960.jpg

GIZMODO
https://www.gizmodo.jp/2018/01/comet-41p-outgassing-may-have-slowed-its-spin.html
ダウンロード (1)


引用元: 【宇宙】〈41P彗星〉発見に一世紀。魔球みたいな彗星の謎がついに解明されそう

スポンサーリンク
3: 2018/01/16(火) 16:15:44.84 ID:7MPP7PkO
素人の第一感と同じ推察だった

5: 2018/01/16(火) 16:39:58.79 ID:2L9rGKm6
「君の名は。」で結局彗星が落下しなかったのは御都合主義、という批判をしていた日本何ちゃら作家協会の専務理事、息してる?

6: 2018/01/16(火) 16:46:29.37 ID:l2DIB+xq
流星打法!!

7: 2018/01/16(火) 17:00:55.20 ID:VcN0puEb
弾道が右へ逸れて行く…なぜだっ!

9: 2018/01/16(火) 17:31:37.68 ID:4rN9Bfa9
宇宙ヤバい?

10: 2018/01/16(火) 17:41:52.42 ID:RrgPuJVQ
次回の地球接近が予想できるってことは
自転が変化してるだけであって軌道の変化はないのね

11: 2018/01/16(火) 20:55:08.08 ID:0eveLwbf
ふくろう星雲?

12: 2018/01/16(火) 22:41:18.44 ID:8Yje/1Bf
おおぐま座からりゅう座にかけて見えた筈なんで、ふくろう星雲だろうね

13: 2018/01/16(火) 23:16:39.22 ID:vqr+/xPu
百武彗星はすごかった

15: 2018/01/16(火) 23:34:18.52 ID:vRl0SQxe
>>13
マジで百武彗星は、すごくて大感動した。
核の明るさはマイナス3等級(金星と同じぐらい明るい)、
尾も肉眼ではっきりと2本見え、
長い方の尾は、天頂付近の北斗七星をひしゃくの柄を横切り、
肉眼で見える尾の長さは、両手を上げてバンザイをした両手の幅の2倍超の長さが肉眼で確認できた。

14: 2018/01/16(火) 23:24:25.79 ID:vRl0SQxe
こんどこそ、ジャコビニ流星雨が降るのか?
あの空振りはひどすぎたよな。

17: 2018/01/17(水) 12:15:30.15 ID:+Ya7hDfl
ゴムチューブ買っとけばいいのか?