1: 2018/01/25(木) 21:53:05.59 ID:CAP_USER
【1月25日 AFP】
ライオンやチーターは狩りで狙う被食動物より足が速く力が強い上に、敏しょう性も劣らず高いが、シマウマやインパラは驚くべき戦術を駆使して自身の弱点を補っているとの研究論文が24日、発表された。
逃げるスピードを緩めて、大型ネコ科動物たちを幻惑するのだという。

 英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された論文は、ネコ科のライオンやチーターは全速力で逃げる被食動物との距離を詰めることに長けているため、早く走ることはまさに命取りの行為なのだと述べている。

 論文の主執筆者で、英ロンドン大学(University of London)王立獣医カレッジ(Royal Veterinary College)のアラン・ウィルソン(Alan Wilson)教授は、AFPの取材に「全速で逃げるとそれ以上加速することができず、被食動物の動きを予測しやすくなる」と指摘。
「狩りのスピードを遅くすることで、被食動物の生き残りに有利に働くようになる。うまく立ち回る機会を得られるからだ」と説明した。

 その証拠は、被食動物の捕獲率だ。シマウマを狙うライオンとインパラを狙うチーターは、被食動物を追うと3回に2回は取り逃がしてしまう。

 今回の研究では、アフリカ南部ボツワナの北部にある草原地帯で、ライオン9頭、チーター5頭、シマウマ7頭、インパラ7頭にそれぞれ特別な首輪を装着し、データを収集した。

続きはソースで

(c)AFP

画像:チーター。ナミビア・オティワロンゴの保護施設で
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/a/a/320x280/img_aa422ec998a05f402579f907d3009162202594.jpg

AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3159874

ダウンロード (1)


引用元: 【動物/生態】弱肉強食の世界、肉食動物から被食動物が生き残る生存のカギは「低速で方向転換」 研究[18/01/25]

スポンサーリンク
2: 2018/01/25(木) 22:04:55.85 ID:DJDvXbeQ
インパラは転ばない

6: 2018/01/26(金) 01:17:44.50 ID:OpP2VBdh
食われるとき◯してくれりゃ楽なんだけど、生きたまんま腹裂かれちゃうからなあ
あれはちょっとキツいわ

8: 2018/01/26(金) 05:22:43.96 ID:b8/tNW10
お前それサバンナでも同じこと言えんの?
って懐かしいな

9: 2018/01/26(金) 08:28:49.96 ID:V8Bmf0s8
シマウマやインパラにサッカー日本代表は教えを請いなさい

10: 2018/01/26(金) 10:36:16.78 ID:xSg7DKpc
面白い。

15: 2018/01/27(土) 20:35:55.80 ID:s11T9Xpe
足の遅いかばんちゃんがサーバルちゃんから逃げられたシーンの解説で聞いた

16: 2018/01/27(土) 21:13:48.58 ID:5BmOg4Xc
>>1
知ってた。テレビで見ていればよく分かる。
彼らは曲がって振りきろうとしている。

17: 2018/01/29(月) 05:35:18.07 ID:xfQBbUeR
昔野生の王国という番組のオープニングで
シマウマがチーターからぎりぎりで逃れる様子がいつもスローで流れていた

11: 2018/01/26(金) 10:47:56.13 ID:6I0B/QP1
バレルロールとか?