1: 2018/02/25(日) 22:36:27.91 ID:CAP_USER
宇宙飛行士が月面に着陸できるようになってから、宇宙の塵に厚く包まれている月の素顔に関する研究は、新しい段階に入った。今までの研究結果から見て、一部の科学者は、月は人工衛星であるかもしれないと、大胆に推測している。

月のなぞ【その1】月はいつも同じ面を地球に向けている 

古来から、世界中の各民族の天文学者は、月に対して、長期的で充分な観察を行ってきた。月の満ち欠けは、詩人が吟じる対象である以外に、農民が耕作する際に参考とする指標であり、中国の農歴は、月の運行周期28日を基礎とする暦法であった。

ただ、人々ははるか以前から、月に関して大変面白い事実に気がついていた。月は常に同じ面をわれわれに向けているということである。

これは、どういうわけなのだろうか?長期的に観察してみると、月自体が自転しており、その自転の周期が地球の周囲を公転する周期と同じなのだ。したがって、月がどこにあろうと、われわれが地球から見た月は同一面であり、見える月面の陰影もいつも同じ模様なのである。

月のなぞ【その2】月は太陽とほぼ同じ大きさに見える

地球から見れば、月の大きさは、太陽の大きさとほぼ同じである。「金環日食」であれ「皆既日食」であれ、月が完全に太陽と重なると、ほぼ同じ大きさに見える。このとき、太陽の光がほぼ完全に遮断されて、地球上では白昼が突如暗黒に変わり、空に星の光が見えるようになる。

天文学の研究によれば、太陽と地球との距離は、月と地球との距離の395倍であり、そして、太陽の直径は、ちょうど月の直径の395倍である。そのため、地球から月を見ると、太陽と同じ大きさに見えるのである。

月のなぞ【その3】月は地球の衛星としては大きすぎる

地球の直径は、12756km、月の直径は3467km、月の直径は地球の直径の27%に相当する。太陽系の中で比較的大きな惑星の周囲には、すべて衛星が運行しているが、九大惑星の中で、木星や土星のようなかなり大きな惑星の周囲を運行する衛星の直径は、その惑星に比べて非常に小さく、数百分の一にしかすぎない。それに比べ、月は地球の衛星としてはあまりにも大きすぎ、太陽系の中で特殊な存在である。

これらのことから、科学者はある疑問を感じた。「月は、本当に天然に形成されたものだろうか?」

月のなぞ【その4】月の年齢は地球よりも古いのか

1969年にアポロ宇宙船が月面に到着してから、科学者らは宇宙飛行士の手を借りて、月の表面から岩石の標本を採取し、数多くの計測機器を月面に設置し、月の構造に関して、細かくデータ収集と分析を行った。

続きはソースで

http://www.epochtimes.jp/2018/02/31422.html
ダウンロード (1)


引用元: 【宇宙】月は人工の物体か

スポンサーリンク
6: 2018/02/25(日) 22:41:24.14 ID:NPkAWtdH
人工物を作る動機が分からん~

221: 2018/02/26(月) 23:40:18.86 ID:gEiGHqVg
>>6
移住用だろ

7: 2018/02/25(日) 22:42:14.72 ID:s4ub92HC
凄い不思議だよな アポロ計画は成功なんだよな人類が月面到着でw
なんで今は行かないの行けないの?ww

実に不思議じゃないw??なんで?

87: 2018/02/26(月) 03:53:07.20 ID:uUI1dP3s
>>7
本気でこういうこと言ってるやついるからな

現代建築でピラミッド作れるけど作らないよね、意味がないから

125: 2018/02/26(月) 11:07:39.94 ID:a8UvCfkq
>>7
あのアメリカが傾きかけるくらいの予算をつぎ込んだからな
今だとまず無理

157: 2018/02/26(月) 17:55:08.19 ID:oEpVW+OZ
>>125
ただ11号で初着陸して以降何回も行ってる
のはよく意味がわからんな
実験や調査ならその後二三回に集約すれば
いいだろうにまるで余った予算を消化するか
のようだ

311: 2018/02/28(水) 16:09:57.98 ID:t/MxnAom
>>157
途中でソ連が折れたからでしょ
月面着陸は代替戦争だから、勝つまで続けないと意味がないし

9: 2018/02/25(日) 22:43:48.96 ID:NZ1IKJEw
>月は太陽とほぼ同じ大きさに見える

今はそうだけど昔は月はもっと地球と近くて巨大に見えたそうだよ。
これから月はだんだん地球から遠ざかると聞いたけど。

12: 2018/02/25(日) 22:46:28.29 ID:IUGH40/0
>>9
人工物なら軌道制御して地球までの距離を一定に保ってるのかもしれん

105: 2018/02/26(月) 07:04:57.75 ID:zNiOHVJm
>>9
目視で分かるほどの変化は無いよ
よって昔は大きく見えたというのは間違い
計算上でしか分からないくらいの変化でしかない

198: 2018/02/26(月) 22:00:03.80 ID:Ca7fgjR6
>>105
昔っていっても、恐竜がいた頃の昔だぞ。

281: 2018/02/27(火) 23:38:12.66 ID:S/59J0H+
>>198

同じ面の衛星は他にもある

潮の満ち引き起こすの原因が月の引力ならば
空洞でその引力を持っているのか??の論点が無い。

そもそも月の引力はほぼ無く
地球が月を捕らえている力=潮の満ち引きなの
って自論

284: 2018/02/28(水) 06:51:04.18 ID:k0xq1k9D
>>281
月と地球は共通重心を公転してるんだからそれぞれの運動状態を正確に把握出来てる限り両者の質量比は正確にわかる
運動状態は星の掩蔽等で正確に分かってるので月だけが想定外に軽いとかはありえないんだよ
あと後半の地球の引力云々は意味不明

285: 2018/02/28(水) 09:28:31.61 ID:O8KilStZ
>>281
ニュートン力学の否定ですか。

15: 2018/02/25(日) 22:48:46.84 ID:lEUJRsV4
>>1
月はケプラーの法則どうり動いている。。人工衛星とは違う >アフォ。

177: 2018/02/26(月) 20:17:49.32 ID:lxl7OWoW
>>15

人工衛星の運行はケプラーの法則に従っていないのか?はじめて知りました。

182: 2018/02/26(月) 20:47:25.26 ID:d0LefaiZ
>>177
潮汐現象で公転速度が落ちると、月は地球から離れていく。人工衛星は地球へ落ちてきます。

197: 2018/02/26(月) 21:58:04.91 ID:a+Isvr28
>>182
月は潮汐力で加速され、軌道が上に遷移し、加速された以上に速度を失う
人工衛星は大気の摩擦で減速し高度を失うが減速した以上に速度を得る
どちらも同じ事

17: 2018/02/25(日) 22:54:16.85 ID:FXUQBKhy
現在の火星程度の小惑星が、ちょうどいい角度でぶつかって
偶然にも地球のマントルの軽い物質が飛び散って、月ができた
(複数の衝突があったという説もある)が主流だとしたが
マントルが集まったので月は軽いという説が主流
>>1 チェンジ

19: 2018/02/25(日) 22:56:19.57 ID:Wh2qNhI0
チタンのくだりで読んで損した気分になった

21: 2018/02/25(日) 22:58:20.41 ID:DZ6XGJnq
んじゃ誰が作ったんだよ?

22: 2018/02/25(日) 22:59:16.82 ID:2kt50srX
太平洋に浮かんでた島が飛び立った?

24: 2018/02/25(日) 23:05:54.67 ID:4xMpLoVl
すごい不思議だが生物が人類まで進化したことを考えるとありなのかなあ

25: 2018/02/25(日) 23:06:24.18 ID:FXUQBKhy
デススター..?ノーマンが決戦した地だぞ

28: 2018/02/25(日) 23:13:51.57 ID:FekRS2H7
地球という惑星がどんだけ幸運に恵まれたかだろ
巨大な衛星がそばにあり四季折々に惑星人を楽しませるなんて
こんな幸運は宇宙にはないだろ、しかるに国家がどうのとのたまう惑星人は
一度宇宙から地球を見てみろ、どこにも国境線がないぞ。

29: 2018/02/25(日) 23:18:28.51 ID:WqEgqiFW
月がなぜ正面だけを向くか?

釣りの浮きと同じで、上が軽るく、下が重いから。

すなわち、正面が重く、裏が軽いから。

129: 2018/02/26(月) 11:21:49.86 ID:dfZ5xfo5
>>29
裏から掘れば柔らかいんじゃね?

159: 2018/02/26(月) 18:10:49.53 ID:a+Isvr28
>>29
月にかかる重力と遠心力、浮きにかかる重力と浮力 作用点を考えると同じに考えたらダメな事がわかるよ

30: 2018/02/25(日) 23:19:09.05 ID:D6Cc0FAZ
月の重心が中心からずれていて、重い方が地球の重力に捕まっていてつねに重い側を地球に向けているだけですよ
同じような衛星は複数見つかっている

159: 2018/02/26(月) 18:10:49.53 ID:a+Isvr28
>>30
その説明よく見るけど間違ってるよ

重心を地球に向けてるんじゃ無い
普通は重心を中心に回した時に長くなる軸が地球と月を結んだ線と平行になる向きが安定となる 言い方を変えると重心を中心に回した時に重力と遠心力の合成位置エネルギーが極小になる向きに止まりうる(早い話重心から見た全体の形が大事で谷が二つ以上ある事もあり得る)
したがって月の場合重心から見て一番厚みがある方向が地球を向くか、反対側を向くかの2択になる

分からない人は潮の満潮が1日2回ある理由を考えるがよろし

59: 2018/02/26(月) 00:15:17.49 ID:ICL9WkFe
人工物の方が浪漫があるだろ?