1: 2018/03/07(水) 09:16:50.04 ID:CAP_USER
欧州宇宙機構(ESA)が、世界で初めて「空気を取り入れて加速させることで推進力を得る」という仕組みを持つ空気吸入型の電気推進器の開発に成功したことを発表しました。
この推進器により、比較的低めの地球周回軌道を飛ぶ人工衛星が空気という無限の「推進剤」を使って飛び続けることが可能になります。

World-first firing of air-breathing electric thruster / Space Engineering & Technology / Our Activities / ESA
http://www.esa.int/Our_Activities/Space_Engineering_Technology/World-first_firing_of_air-breathing_electric_thruster

ESAが開発に成功した新型の推進器は、地球の大気圏と宇宙空間のはざまにごく微量に存在する空気の分子を推進器の先端から取り入れ、電荷を与えることで加速力を生み、その反動を推進力として利用するという仕組みを持ちます。
これにより、わずかに空気分子が存在する高度200kmあたりの低軌道を飛ぶ人工衛星に長期間にわたって推力を与え続けることが可能になります。
https://i.gzn.jp/img/2018/03/06/esa-air-breathing-ion-thruster/01_m.jpg

これまでにも低軌道を周回する人工衛星に推力を与える推進器は存在していましたが、そのいずれもがあらかじめ推進剤を搭載した状態で打ち上げ、それを消費することで力を得るというものでした。
ESAが2009年に打ち上げて運用していた地球観測衛星「GOCE(ゴーチェ)」もそんな人工衛星の一つで、キセノンを推進剤とするイオンエンジンを搭載することで、高度250kmを飛ぶ時に空気抵抗によって失われる速度を補完して観測を続けました。
しかし2013年には搭載していた質量40kgのキセノンを使い果たしたことで高度が低下し、同年11月11日に大気圏に突入しました。
https://i.gzn.jp/img/2018/03/06/esa-air-breathing-ion-thruster/10.jpg

ESAが新たに開発した推進器は、このような問題を解決することができる画期的な仕組みを実現したという意味で、大きな一歩となり得るものです。開発に携わるESAのLouis Walpot氏は「このプロジェクトは、高度200kmあたりの大気中に漂う空気分子を推進剤として利用することで、この高度で周回するために必要な速度である『毎秒7.8km』という速さを実現するための新しい機構の設計とともに始まりました」と語ります。

テストは、イタリアの宇宙関連企業Sitaelが持つ真空設備を使うことで実施されました。
以下の写真に写っている機器を高度200kmの空間を再現した空間に置き、その前から分子流生成機を用いることで、高速で衝突する空気分子の動きを作り出します。
https://i.gzn.jp/img/2018/03/06/esa-air-breathing-ion-thruster/03_m.jpg

高速で飛来する空気分子はまず、ポーランドのQuinteScienceが開発した空気取り入れ口「コレクター」から推進器内部に取り入れられます。圧縮された空気分子には電荷が与えられ、エネルギーを得て加速された空気分子をノズルから高速で噴き出すことで得られる反作用によって推進力を得るという仕組みです。
https://i.gzn.jp/img/2018/03/06/esa-air-breathing-ion-thruster/02_m.jpg

推進器で力を生み出す部分のアップ。「2段階構造」と呼ばれる設計を取り入れることで、より多くの電荷を与えることが可能になりますが、この方法は従来の電気推進器で加速を得るよりも難度が高いとのこと。
何度もコンピューターシミュレーションによるテストを繰り返した開発チームでしたが、実際にコレクターと加速器を組み合わせた実験を重ねることで、空気分子を所定の密度にまで圧縮し、必要な力を生み出せる状態を作り出すことができたそうです。
https://i.gzn.jp/img/2018/03/06/esa-air-breathing-ion-thruster/04_m.jpg

実験の最初にはまず、従来どおりのキセノンを使った推進力を作り出したとのこと。その段階では、推進器から出るガスは青く光っているのですが……
https://i.gzn.jp/img/2018/03/06/esa-air-breathing-ion-thruster/05_m.jpg

徐々にキセノンを減らし、窒素と酸素の混合気の段階を経て、大気のみの状態へと遷移すると、推進器からのガスは紫色に変化。この色こそが、大気のみを推進剤にして力を生み出すことに成功している証だとのことです。
https://i.gzn.jp/img/2018/03/06/esa-air-breathing-ion-thruster/06_m.jpg

続きはソースで

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20180306-esa-air-breathing-ion-thruster/
ダウンロード


引用元: 【宇宙開発】空気だけで推進力を得られる新型人工衛星用エンジンの開発に欧州宇宙機構が成功[03/06]

スポンサーリンク
2: 2018/03/07(水) 09:22:28.79 ID:gNHHJG64
素晴らしい

4: 2018/03/07(水) 09:29:03.82 ID:aKr8n/3s
キン肉マンが空を飛ぶ時の原理と同じ

5: 2018/03/07(水) 09:36:49.99 ID:/XxWLgwz
イオンロケット的な

動力源は太陽光発電パネルか

51: 2018/03/07(水) 17:59:23.85 ID:okzyv06i
>>5
イオン「ジェット」

6: 2018/03/07(水) 09:42:32.62 ID:rFyoOJW5
星間宇宙飛行の推進方法としては遥か以前から同様のアイデアがあったけどな。
あれはほとんど真空の宇宙空間から星間物質を搔き集めるために巨大な吸い込み口を必要とする代物だった。

25: 2018/03/07(水) 11:21:17.13 ID:jLbW34qL
>>6
バサード・ラムジェット推進 ね。

7: 2018/03/07(水) 09:59:18.65 ID:FfDP9rQY
宇宙には空気ないよ!!

17: 2018/03/07(水) 10:54:39.99 ID:J3JoAVvi
>>7
だから比較的低空の人工衛星用だと

39: 2018/03/07(水) 14:17:40.65 ID:9q45Mxum
>>7
ちったあ空気読めよ

9: 2018/03/07(水) 10:05:57.51 ID:OkMKmpFy
空気がエネルギーとは書いてない。

10: 2018/03/07(水) 10:09:45.71 ID:DKYJMnrn
この空気を推進力に使えば帰還できるが、
呼吸する分が足りなくなってしまう。

冷たい方程式

11: 2018/03/07(水) 10:16:57.88 ID:3SW68HwD
プラズマクラスターか

12: 2018/03/07(水) 10:23:44.39 ID:Uc/pRUSk
デブリを吸って
プラズマ化して噴射すればいいのに

13: 2018/03/07(水) 10:24:25.40 ID:p6QYEMFN
宇宙船に大量のゴム風船を積み込んで、宇宙飛行士が一生懸命ふくらませる。
船外に風船を突き出して口を開けば推進力を得られるという仕掛け。

…スペオペ者にとっては「宇宙では空気が貴重」てイメージがあるなぁ。

15: 2018/03/07(水) 10:31:53.90 ID:M69/KmQS
>>13
早い話が人力風車みたいなもんだな

16: 2018/03/07(水) 10:49:51.30 ID:wkbd4z8d
素晴らしい

普及しそうやな

18: 2018/03/07(水) 10:56:38.68 ID:0T1BFBjQ
軍事衛星ウハウハやろこれ
農業とかのセンシングも捗るわ

19: 2018/03/07(水) 10:58:07.02 ID:S5Wwgw8Z
空気そんなに持っていけるの?

20: 2018/03/07(水) 10:59:57.72 ID:S5Wwgw8Z
>>19
バーカ、記事も読まないで何偉そうなこと言ってるの?
マジで何も考えてないんじゃないの?それでよく科学板なんて来れるね?

>>地球の大気圏と宇宙空間のはざまにごく微量に存在する空気の分子を推進器の先端から取り入れ、
>>電荷を与えることで加速力を生み

ちゃんとこう書いてるだろ?理解してから書き込もうね?
まさに空気読めない基地外だなお前w

28: 2018/03/07(水) 11:39:21.07 ID:EtsTsRQh
>>20
丁寧なQ&Aやな。やり手や

21: 2018/03/07(水) 11:03:45.54 ID:MeM0AXw6
後にオービタルジェットストリームと呼ばれる気流が生まれたのであった

24: 2018/03/07(水) 11:15:52.09 ID:ym63n5HH
空気清浄機みたいにゴミがたまったりしてね

26: 2018/03/07(水) 11:27:48.22 ID:RKxru6PY
日本のつばめはイオンエンジン

27: 2018/03/07(水) 11:29:39.68 ID:jLbW34qL
バサード・ラムジェットは
星間水素密度が当初予測よりかなり薄く不可能とされた。

29: 2018/03/07(水) 11:40:18.17 ID:Ux3E9mXQ
減速要因になる空気を捕まえ勢い加えてぶん投げ反作用を得る
せっかくの電気推進だけど一気圧、客室有りの乗り物ではちと無理な方法

31: 2018/03/07(水) 11:45:29.81 ID:lbmPE3GJ
ダイソンの掃除機積んでるんだろ?

32: 2018/03/07(水) 12:05:33.05 ID:utYyUXqW
EMドライブの実用化まだかなー

62: 2018/03/08(木) 00:56:59.89 ID:OorKDHGf
>>32
あのへんな推進エンジンどーなったんだろね。

73: 2018/03/08(木) 09:42:38.68 ID:Ml3wiGia
>>32
なんか凄そうだったのに続報ないよな

35: 2018/03/07(水) 13:43:13.52 ID:y1yyLVaE
ミニサイズの神の槍にも即転用できるね。

40: 2018/03/07(水) 14:22:08.60 ID:OjrPk346
>>1
偵察衛星の精度が格段に上がりそう。