1: 2018/03/19(月) 12:32:38.76 ID:CAP_USER
明治大学は、新規に開発したGenomic SELEX法を用いて、大腸菌の持つ約300種類の転写因子のうち200種類以上のゲノム上の結合領域を同定し、転写因子の新分類を提案した。また、ゲノム上の結合領域が一箇所であるSingle-target regulatorsに着目し、
その特徴を明らかにした。

同研究グループにより開発されたGenomic SELEX法(出所:明治大学ニュースリリース)同研究グループにより開発されたGenomic SELEX法(出所:明治大学ニュースリリース)
同研究は、明治大学農学部農芸化学科の島田友裕専任講師、信州大学基盤研究支援センターの小笠原寛助教、法政大学マイクロ・ナノテクノロジー研究センターの石浜明特任教授らの研究グループによるもので、同研究成果は、2月26日にOxford academicの「Nucleic Acids Research」でオンライン発表された。

ゲノムにある遺伝子のどれが利用されるかは、転写装置であるRNAポリメラーゼおよび環境変化を感知する転写因子の相互作用によって制御されている。
これまで、遺伝子個別の転写制御に関しては、関与する転写因子とその作用機序が同定されてきたが、
遺伝子を利用する仕組みの全体像については、異なる生物における研究成果や情報を寄せ集めて推測しているのが現状となっている。
そのため、ゲノムの全ての遺伝子を対象にした転写制御ネットワークの解明には、新たな研究戦略が求められていた。

続きはソースで

画像:同研究グループにより開発されたGenomic SELEX法(出所:明治大学ニュースリリース)
https://news.mynavi.jp/article/20180319-602999/images/001.jpg

マイナビニュース
https://news.mynavi.jp/article/20180319-602999/
ダウンロード


引用元: 【医学】明治大学、大腸菌の転写制御ネットワークの全体像を解明[03/19]

スポンサーリンク
2: 2018/03/19(月) 12:34:43.16 ID:vAZTUnTH
髪の毛が生えるのか?

3: 2018/03/19(月) 12:47:04.97 ID:7h8wr8ka
>>2
名前の出てる研究者のうち最初の2名はまだ若くて髪の毛ふさふさ。
3人目は歳だけど白髪。
だからハゲに関しては関心がないな。

5: 2018/03/19(月) 13:07:02.16 ID:RKuAtrq/
色いろ発見すんのはいいが

周辺パテントやら外国にとられないようにしてくれよ。。。

7: 2018/03/19(月) 13:11:23.24 ID:OOorHYNd
ブタの臓器移植といい、明治大農学部は近年実績が出てるね

8: 2018/03/19(月) 13:38:28.17 ID:SXefhEkt
何を言っているのか全く分からん。ガン細胞の無限増殖の仕組みが分かったり制御できたりするんか?

10: 2018/03/19(月) 17:11:47.94 ID:WoYXTEE7
大腸菌自体を0から作ることは可能なのかどうか

28: 2018/03/19(月) 19:39:07.23 ID:ErnBMwYH
ローダーやプタシュネのアシストしただけか

32: 2018/03/20(火) 08:38:14.35 ID:AYEg9QhD
明治でこのタイトルだと農学部かな?と思ったらやっぱりそうだった。
何気に農学部私大最高峰。

9: 2018/03/19(月) 13:46:58.69 ID:/aU1iMNe
大腸菌はもはやロボット