1: 2018/03/19(月) 10:41:50.14 ID:CAP_USER
主に北アメリカ大陸から南アメリカ大陸にかけて生息するチョウの1種「オオカバマダラ」は、1年のうちに南北3500キロに渡って大規模な「渡り」を行うことが知られています。
しかし、近年オオカバマダラの生息数が急速に減少していると報じられています。

Beyond Pesticides Daily News Blog » Blog Archive Monarch Butterfly Numbers Keep Declining - Beyond Pesticides Daily News Blog
https://beyondpesticides.org/dailynewsblog/2018/03/monarch-butterfly-numbers-keep-declining/
https://i.gzn.jp/img/2018/03/19/monarch-butterfly-numbers-declining/00_m.jpg

北アメリカに生息するオオカバマダラのうち99%が、秋から冬にかけてメキシコ中部の山岳部に分布するモミの木の一種である「オヤメル」の森林で越冬することが知られており、気温が上昇すると再び北アメリカへ戻っていきます。北アメリカからメキシコへ南下する時は1世代で渡りを行いますが、メキシコから北アメリカへ北上する時は途中で世代交代を行い、3~4世代をかけて渡りを行うとのことで、南下する世代のほうが北上する世代よりも寿命が長い傾向にあるそうです。

あまりにも大量のオオカバマダラが一気にメキシコへやってくるため、オオカバマダラが鈴なりに止まったオヤメルの木の枝が、オオカバマダラの重みで折れることもあります。
そんなオオカバマダラが2018年にメキシコで越冬した数は、2017年に越冬した数よりも15%も少なくなっていることがわかりました。

オオカバマダラの生息数を測定する際は、オオカバマダラが止まってオレンジ色になった樹木の面積から個体数を概算しますが、2017年には2.91ヘクタール(2万9100平方メートル)あったオレンジ色の面積が、2018年には2.48ヘクタール(2万4800平方メートル)まで減っていたとのこと。 

続きはソースで

https://i.gzn.jp/img/2018/03/19/monarch-butterfly-numbers-declining/01_m.jpg

https://i.gzn.jp/img/2018/03/19/monarch-butterfly-numbers-declining/02_m.jpg

GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20180319-monarch-butterfly-numbers-declining/
ダウンロード


引用元: 【昆虫】渡り鳥のように大規模移動をするチョウ「オオカバマダラ」の数が急速に減少中[03/19]

スポンサーリンク
4: 2018/03/19(月) 10:51:51.22 ID:ERGmgCy6
地球温暖化の影響だね。ホントにひどい。・・・・コレで訳知り顔して今日一日過ごします。

6: 2018/03/19(月) 11:27:50.84 ID:5smbOTSP
南の島で獲り過ぎたか

8: 2018/03/19(月) 20:44:47.17 ID:g/BgncgC
原因わかってるみたいだから、
対策取れるだろ。

9: 2018/03/19(月) 22:05:07.46 ID:wlq/G02I
>・・メスは幼虫の食草であるトウワタなどのガガイモ科植物の上に産卵する
そのせいで、鳥には、まずめったに食われないんだってね。

>1 オオカバマダラが鈴なりに止まったオヤメルの木の枝が、
>オオカバマダラの重みで折れることもあります。
タワマン倒壊みたいなものか。しかしヤツラは飛び上がって
避難するだろうから、そんな大厄災とは違うだろうな。

10: 2018/03/20(火) 02:43:47.15 ID:tFuSGodF
氷期が近づいているからな

13: 2018/03/20(火) 06:00:26.22 ID:mttMVIk9
こいつら毎年、大移動してるんだよな
不思議