1: 2018/04/11(水) 14:39:23.77 ID:CAP_USER
【4月11日 AFP】
世界各地の水系には、市販薬や処方薬に起因する環境に有害な医薬品廃棄物が流入しているとの調査結果が10日、発表された。

 オーストリア・ウィーン(Vienna)で開催の欧州地球科学連合(EGU)年次総会で調査結果を発表した国際研究チームによると、現在の傾向が続けば、河川に浸出している医薬品流出物の量は今世紀半ばまでに70%近く増える恐れがあるという。

 研究チームは今回、医薬品汚染の「ホットスポット」を追跡調査する手法を開発した。
チームを率いたオランダ・デルフト水教育研究所(Delft Institute for Water Education)研究員のフランチェスコ・ブレゴリ(Francesco Bregoli)氏は、「陸水生態系の大部分は高濃度の薬剤によって脅かされている恐れがある」と指摘する。

 鎮痛薬、抗生物質、抗血小板薬、ホルモン剤、抗精神病薬、抗ヒスタミン剤など、環境内に存在する多数の薬剤が自然界において、野生生物に危険が及ぶ濃度で検出されている。
例えば、外因性内分泌かく乱物質(通称、環境ホルモン)は、魚類や両生類の性転換を引き起こすことが知られている。

 ブレゴリ氏と研究チームは、陸水生態系全域での薬剤の存在量と拡散率を推定するために、広く利用されている消炎剤のジクロフェナクを代表例として選んだ。
欧州連合(EU)と米環境保護局(EPA)はともにジクロフェナクを環境への脅威と認定している。
インド亜大陸に生息するハゲワシの一種は、ジクロフェナクの家畜への使用によって絶滅の危機に追い込まれた。

 今回の研究では、世界の1万キロ以上に及ぶ河川で、EUの「監視項目リスト」に記載されている上限値の1リットル当たり100ナノグラムを上回る濃度のジクロフェナクが存在することが明らかになった。

続きはソースで

(c)AFP

関連ソース画像
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/b/5/320x280/img_b56424b37b528025a36a6bda81438c92216089.jpg

AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3170787
ダウンロード (5)


引用元: 【環境】世界の河川脅かす医薬品廃棄物、環境ホルモンで、魚類や両生類の性転換も 国際研究[04/11]

スポンサーリンク
2: 2018/04/11(水) 14:48:00.00 ID:BULEkkp8
魚類と両生類が交配可能になると
どんな恐ろしい面白い生物が生まれるのか

ちょっと楽しみ

4: 2018/04/11(水) 14:59:18.31 ID:LK/9j6Bk
また環境ホルモンですか(´・ω・`)

5: 2018/04/11(水) 15:01:02.76 ID:9d24SUbB
新発売 環境ホルモン煮込み

7: 2018/04/11(水) 15:53:14.09 ID:CZqm4xb3
おまえらその辺の立ち後れた国の川に浸かりに行っても美少女とかになれないから勘違いすんなよな

8: 2018/04/11(水) 16:06:39.38 ID:EBE0RxWg
抗ヒスタミンだったら花粉症が治るジャン

13: 2018/04/16(月) 00:34:27.78 ID:g0RWkFs5
医薬品よりも尿に恒常的に排泄されている性ホルモンが河川流入している影響の方がはるかに大きいんじゃなかったか?
普通の下水処理だとまったく分解されないはずだし(オゾン処理とかの高度処理が必要)。

12: 2018/04/11(水) 22:34:10.73 ID:vvXcqS49
そんな、流しにじゃーっとそのまま流さないでしょ
そのまま流すのは、自分で飲めるものだけにしろよな