1: 2018/04/22(日) 02:33:16.33 ID:CAP_USER
 福岡市東区の志賀島で発見されたと伝わる国宝の金印「漢委奴国王」の製作を再現する実験が始まった。
取り組むのは「九州鋳金研究会」に所属する鋳造技術や考古学などの専門家たち。
古代の金印がどのように作られたのか、いまだ詳しいことが分かっていない謎の解明への挑戦だ。

 3月末、福岡県宗像市にある福岡教育大の鋳造室。九州鋳金研究会会長で、鋳金が専門の宮田洋平教授(58)が溶解炉を熱していた。地金を溶かす「るつぼ」が炉内にある。
木炭を炉に入れると、火の粉が高く舞い上がり、真っ赤な炎は勢いを増した。

 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界の記憶」への金印の登録を目指すNPO法人
「志賀島歴史研究会」(福岡市東区)の要請を受け、九州鋳金研究会は金印の製作技術の研究を始めた。

 昔の官印に関する文献を踏まえて工法を検討し、古代中国でも行われた蝋(ろう)型鋳造法を採用。
金属を溶かす熱源は、現代ではコークスを用いるのが一般的だが、当時の工法に近づくため、木炭を使うことにした。

 鋳型は、宗像市の鋳物師、遠藤喜代志さん(68)が製作。
福岡市博物館にある金印のレプリカを参考に、蜜蝋と樹脂を混ぜて原型を作った。
実物よりわずかに大きくしたのは、後で加工するためだ。


 歴史研究会のメンバーや福岡市博物館の学芸員など合わせて約30人が見守る中、実験が進む。

続きはソースで

関連ソース画像一覧
金印の製作を再現する九州鋳金研究会のメンバーたち=3月30日、福岡県宗像市
https://www.nishinippon.co.jp/import/national/20180417/201804170007_000_m.jpg
溶かした金を鋳型に流し込むと、あっという間に固まった
https://www.nishinippon.co.jp/import/national/20180417/201804170007_001_m.jpg
九州鋳金研究会が作った金印。湯口に近い部分が欠けている
https://www.nishinippon.co.jp/import/national/20180417/201804170007_002_m.jpg

西日本新聞
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/409269/
images


引用元: 【考古学】国宝「金印」再現なるか? 鋳金・考古学者らが実験…失敗 古代技術の「謎」解明へ再挑戦[04/17]

スポンサーリンク
3: 2018/04/22(日) 02:56:50.30 ID:K0+KihLr
当時の技術で作れないということはつまり、それは後世に作られた捏造品だと考えるのが一番理にかなっているな。

17: 2018/04/22(日) 07:21:40.17 ID:tEASsi0L
>>3
> 当時の技術で作れないということはつまり、それは後世に作られた捏造品だと考えるのが一番理にかなっているな。
いやいや
逆の発想も出来るが。当時の技術で作れないって事はむしろ本物だという証明になる
それに発見自体大分昔で最近の話じゃ無いぞ
なんつうのか、同じ記事でも先入観や思想の違いで全く新逆に見る人が多いんだなあ、って痛感するよw

4: 2018/04/22(日) 03:03:31.05 ID:24H5uuUN
そもそもオリジナルは、鋳造なのか鋳造後に篆刻なのか。
それ不明なままなら意味なくね?

5: 2018/04/22(日) 03:16:25.64 ID:cXGqFFGE
そもそも同時代に作られたと明確にわかっているもので、
同じような造形物はあるのか?
全くないなら、後世の捏造の可能性が高いが?

57: 2018/04/23(月) 01:25:32.08 ID:s3Ol2T/6
>>5
中国で同じような金印がいくつか出土しているよ

6: 2018/04/22(日) 03:37:08.68 ID:AoFAlGPl
川口の残り少ないベーゴマ職人にお願いしたら、一発だっんじゃね?

12: 2018/04/22(日) 06:04:26.70 ID:PIq1vNwQ
>>6
古代人に二級酒なんて作れないだろ。
それがなきゃ川口の職人と同じ方法でやってたはずとか言えん。

7: 2018/04/22(日) 04:13:53.43 ID:jx9/Haep
中国の技術力を見くびってるんじゃね?

9: 2018/04/22(日) 05:09:01.02 ID:67SLs1Cj
これって物証は九州から出てるのに、偽造だとか言って認めないんだよな
考古学は物証じゃなくて感情で歴史を作ってるわかりやすい事例だ

10: 2018/04/22(日) 05:50:10.86 ID:LrW9kvKe
>>9
出土状況が不審なんだよね。
1.大切なものなんだろうから、袋に入れた上、上等な箱に納める
 くらいのことをしてもよさそうなものだ。
2.「敵対勢力」が奪い取って、外装は焼却してしまったとしても、
 「金の固まり」をポイ捨てするだなんて、ヘンだろ。
 出自がわからないように加工してから売り飛ばす。それが
 人間のやりそうなことだ。
3.野原を田圃に変えるには、たいへんな労力・時間がかかる。
 何度も土木工事をしたり、耕したのだろうね。
 立派な田んぼになった後で、ポイっと見つかる。ヘンだよ。

63: 2018/04/23(月) 08:46:27.84 ID:rre8MnW4
>>10
出土したとこは野原じゃない
海沿いの山の斜面の棚田だぞ
それに立派な田んぼにもなってない
水の流れが悪いから田んぼの縁の溝の形を変えようとして岩をどけたら見つかった

14: 2018/04/22(日) 06:45:27.37 ID:leT40xRr
>>9
考察する人の 宗教や思想、氏育ちの影響が大きい
公正で客観的な考察はほとんど無いと思っていい。

15: 2018/04/22(日) 06:52:44.25 ID:tEASsi0L
>>14
そういう考えもどうかと思うけどね
で、結局の所、どっちが主流、或いは多数派なの?
個々が客観的で無くても全体で見れば概ね正しい判断はできるわな

68: 2018/04/23(月) 12:52:01.95 ID:LQndl0Sh
>>15
どっちが多数派って言ってもねぇ。
戦後の言論空間の中で戦前の説は否定してきたよ。確たる証拠もなしにね。
なんとなく戦前説は否定しなくてはいけないって雰囲気のなかで,多数派
というのも怪しすぎるよ。

最近,科学的検証の発展に期待するしか無いんじゃないか。

11: 2018/04/22(日) 05:52:05.33 ID:k4eokG7R
水銀使わないと、そりゃうまくいかないわ

13: 2018/04/22(日) 06:04:53.38 ID:77jew29y
 


>>11

精錬やメッキじゃないんだぞ、鋳造で水銀なんか使うか?


 

16: 2018/04/22(日) 07:09:49.01 ID:CJ8VguSg
>> 宮田教授によると、熱源に使い慣れていない木炭を使ったことで
>>、地金が十分に溶解せず、湯口に近い部分まで行き渡らなかったようだ。

幼稚な失敗で、論外ですよ。
同時代の別の金印との比較検討をやったとは思えない幼稚な実験。

19: 2018/04/22(日) 07:39:46.37 ID:UgwDzg52
鋳型の上下間違ってないかい。印面が上だろ、後で削って平らにしろと。

23: 2018/04/22(日) 09:28:39.51 ID:5jDvFa47
タダの不器用だと思います。

5・6回やればコツをつかめるだろ

24: 2018/04/22(日) 09:56:54.46 ID:kkfyvT3l
「再現」だから難しいんだよ

遥かに「良い」ものならば直ぐに作れる
全く同様に「下手」なものを作るのは、非常に難しい

25: 2018/04/22(日) 10:30:27.53 ID:dLZhYKeZ
再現は難しい この結論ありき

コレを導き出すための実験だからw

26: 2018/04/22(日) 10:43:53.23 ID:84Yj119B
あの金印は江戸時代の作

27: 2018/04/22(日) 11:00:02.00 ID:AoFAlGPl
当時に黒鉛の坩堝はあったのだろうか

28: 2018/04/22(日) 11:03:01.15 ID:jEhKzTKp
始皇帝の時代には墓に大量の水銀を使っていたので金のアマルガムの知識はあったのかもしれない。
健康被害はとんでもないことになるだろうけど。

31: 2018/04/22(日) 12:01:00.77 ID:0Wmq78Uh
>>28
中国では皇帝以外に人権はない

33: 2018/04/22(日) 12:37:58.45 ID:E4MkVhpB
>>31
始皇帝の時代には水銀は健康食品の一種だったので
皇帝すらも水銀中毒で死ぬ時代

30: 2018/04/22(日) 11:22:59.24 ID:LR7jmfIe
やっぱり生娘が炉に飛び込まないと作れないんだな

34: 2018/04/22(日) 13:29:07.04 ID:LyQFRMEr
金印より勾玉の方が不思議やろ?
石にあんな小さい穴どうやって開けるねん?それもひとつじゃなく大量に

37: 2018/04/22(日) 14:01:39.32 ID:cXGqFFGE
>>34
石英の粉をまぶした棒を、火を起こす時と同様、ドリルみたいに回すと言う
気の長い作業をすると、同じガラス質の宝玉には穴を開けることができる。

38: 2018/04/22(日) 14:06:11.64 ID:1X3EWl4m
>>34
こないだ糸魚川のヒスイ産地にある長者ヶ原遺跡に行ってきたけど、孔開けの途中や失敗した勾玉遺物が展示してあったよ

金印についてはいまのところ鈴木勉氏の偽作説がいちばん説得力がある

40: 2018/04/22(日) 16:28:27.85 ID:4+BQi6IK
真剣さがたらなかったんだろ
漢の皇帝の前でこんな失敗してみろ
たちまち死刑だ