1: 2018/04/24(火) 00:05:27.24 ID:CAP_USER
■今や「幻のサル」、2200年前の文献に「おかしな鼻に長い尾の動物」の記述、中国

 11世紀の中国に、陸佃(りくでん)という学者がいた。
陸佃は国内に生息する動物、鳥、昆虫、樹木について記録した百科事典を著し、そのなかで「四川の山に生息し、黄金色をしたふわふわの尾を持つ」というサルの記述を残している。
その骨は薬に使われ、皮は上質の敷物や座布団になるという。

 陸佃の書いたサルとは、キンシコウのことである。
シシバナザルの一種で、シセンシシバナザルとも呼ばれる。
美しい並み、鮮やかな青色の顔に小さな鼻、そして薬効があると信じられていたことから、中国の皇帝たちはその独特の魅力に取りつかれ、その姿を目にした人々は数々の文献にこのサルのことを書き残した。

 それから1000年後、霊長類学者らはこれら古代の文献を紐解き、シシバナザルについて書かれた記録を拾い集めた。
シシバナザルの昔の分布状況を知り、環境の悪化によって現代ではそれがどう変わったかを調べるためである。
その結果が2017年9月に生物地理学の専門誌「Diversity and Distributions」に掲載された。

 このような研究を可能にしたのは、中国が2000年にわたって積み上げてきた体系的な記録の山である。
詩、公報、年代記などに残された記録は、シシバナザルだけでなく、ゾウやテナガザルの歴史、イナゴの大量発生の周期を知るためにも用いられてきた。

 文献からは当時のシシバナザルの正確な数まではわからないが、かつては広い範囲に分布していたシシバナザルが時代とともにすむ場所を失い、人里離れた山奥へと追いやられていった様子が描かれている。

 サルに関する最古の記録は、紀元前3世紀に遡る。
「爾雅(じが)」という中国の辞典に「おかしな鼻に長い尾の動物」と書かれている。

続きはソースで

画像:キンシコウ
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/041900082/ph_thumb.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/041900082/ph_02.jpg
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/041900082/ph_03.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/c/041900082/
ダウンロード


引用元: 【動物】絶滅危惧サル「キンシコウ」、かつては広く生息、古代中国の文献で解明[04/20]

スポンサーリンク
3: 2018/04/24(火) 00:12:18.79 ID:+C67c5xa
中国…絶滅危惧…あぁ、食べちゃったのね

5: 2018/04/24(火) 00:23:27.29 ID:9pv8KK6R
大部分が天竺へ出発・・

7: 2018/04/24(火) 01:16:25.37 ID:s9ep9a6F
>>1
ライラの冒険でニコール・キッドマンが魂にしてるのこれだよね

8: 2018/04/24(火) 01:34:50.12 ID:9F0Ggfyi
念のために言っておくと、
キンシコウは、孫悟空とはなんの関連もない。

キンシコウが、そのモデルではないかと言ったのは、日本のバカ学者の妄想に過ぎない。

孫悟空のモデルは、大神農架の「野人」である。

10: 2018/04/24(火) 01:55:17.17 ID:Q8CuIPzv
昔は長江流域にもアジアゾウやスイギュウがいたらしいしな

12: 2018/04/24(火) 03:27:21.43 ID:D6KIVRHT
その昔朝鮮半島にも猿がいたらしいが、全部食べてしまって絶滅したらしい、アマゾンのインディオに言わせればとっても美味しいらしい

16: 2018/04/25(水) 11:40:32.74 ID:Wmj6i+Yq
>>1
歯磨きしたい

14: 2018/04/24(火) 15:57:59.88 ID:GpFNo2im
あらゆる他の生物が絶滅してそう