1: 2018/04/30(月) 18:09:45.87 ID:CAP_USER
インターステラテクノロジズ(IST)は4月30日、同日予定していた「MOMO」2号機の打ち上げを見送り、
5月3日以降に延期すると発表した。

ISTは4月29日に予定していた打ち上げを延期し、30日以降の打ち上げを目指すと発表していた。
29日に行われた記者会見では、「打ち上げの延期原因はレギュレータ(調圧弁)まわりの設計ミス」と説明され、問題の解決にはそれほど時間は要さないと見込まれていたが、4月29日の23時に行われたGo/NoGo判断の結果、再度延期を決定する形となった。

なお、ISTによると、30日6時より、改めて会見を開く予定としており、その場にて、現在の作業状況や今後の見通しなどが語られる模様だ。
https://news.mynavi.jp/article/20180429-624206/images/005.jpg

■不具合原因はレギュレータまわりの設計ミス
https://news.mynavi.jp/article/20180429-624206/

同社によれば、機体を立てた状態のまま再点検を行ったところ、窒素ガスのリークが確認できたという。
MOMO2号機では、エタノールや液体酸素などの供給を制御する空圧バルブに、窒素ガスを使用しており、窒素タンクを機首部分に搭載している。リークで圧力が下がれば、バルブの開閉が正常に行えなくなる恐れがある。

これは、初号機から変更を行っていた場所だった。初号機では、窒素ガスをロール制御とバルブ駆動に使用。
それぞれで必要な圧力が異なるため、レギュレータを2つ直列につなぎ、ガス圧を2段階に下げて、それぞれで用いていた。

しかし2号機では、ロール制御が別方式になった結果、窒素ガスはバルブ駆動のみに使用。
2種類のガス圧がいらなくなったので、レギュレータの1つは廃止し、1つだけになっていた。

続きはソースで

https://news.mynavi.jp/article/20180429-624206/images/004.jpg

マイナビニュース
https://news.mynavi.jp/article/20180430-624282/
ダウンロード


引用元: 【宇宙開発】「MOMO」2号機の打ち上げは、5月3日以降に 堀江貴文氏が創業のIST社[04/31]

スポンサーリンク
2: 2018/04/30(月) 18:12:07.03 ID:tYLMdzVK
うむ
残念だが期待は変わらない

3: 2018/04/30(月) 18:13:18.51 ID:lZ6QUD9U
開発先を変えた方が良いんじゃないか(笑)

5: 2018/04/30(月) 18:16:32.12 ID:IvWRvEwT
会場代は返金してもらえるんやろか?

8: 2018/04/30(月) 18:29:54.35 ID:rxVpylS7
シースパローとか買って来た方が早いんじゃない?

12: 2018/04/30(月) 18:56:09.18 ID:5k1Hq2AN
最初の失敗ももしかして配管漏れが原因かな?

13: 2018/04/30(月) 19:04:04.24 ID:tr2+T7YS
初日いってきた

お偉いさんが、風がどうの言ってたけどな。。。

その後行かんで正解

14: 2018/04/30(月) 19:07:20.05 ID:Yr9NBvEp
打ち上げ花火楽しみだな~

15: 2018/04/30(月) 19:09:06.29 ID:f+a02xvf
誰かさんの運気が悪いせいで、落ち目になったりして。

22: 2018/04/30(月) 22:33:17.79 ID:00RD9qEB
典型的な経験不足による不具合だからな
この先事業を続けられるのなら糧にもなるだろう

33: 2018/04/30(月) 23:58:25.44 ID:z2LyIQmR
安全弁が作動ってことは、想定以上の高圧になったってことか
対応品に置き換えたら問題なくなるけど、
置き換えたら置き換えたでその部品の検査が必要になる

まあ初号機の仕様に戻す方が早くて確実だよな

37: 2018/05/01(火) 06:08:09.55 ID:Q5DnTlkk
ロケットとばして、なにがもうかる?

20: 2018/04/30(月) 20:18:46.94 ID:OIqfyI6I
NASAのノウハウの蓄積は偉大だ
技術は一朝一夕に得られるものではない