1: 2018/05/05(土) 14:04:04.53 ID:CAP_USER
世界初の民間による月面探査レースをめざしていたチームHAKUTO(ハクト)の運営会社「ispace」(アイスペース、袴田武史社長)。レース自体は今年3月末にどのチームも月に向かわないまま終了したが、ispaceは今年度から、月着陸船を自前で開発して2020年末までに月面に着陸し、探査する事業の実現に向け、新たなスタートを切った。本格的な宇宙開発の「実戦」に臨む。

 ispaceは、レース用の探査車の開発を進めながら、レース後の宇宙開発事業への参入を模索してきた。
技術者を増やして着陸船の開発を進める一方、昨年12月には約101億円の資金を、産業革新機構や日本政策投資銀行をはじめ、通信や建設会社などの大手企業から調達。
起業から間もないベンチャー企業としては世界最大級の額だという。

 ispaceは、開発期間をミッション1とミッション2に分けて設定。
ミッション1では、19年末にも月着陸船を打ち上げ、20年までに月周回軌道へと投入する。
ミッション2では、21年までに月面に着陸させ、搭載した探査車で月面走行をめざすとしている。
この着陸船に、レースで開発した探査車を改良したものを載せるという。

ハクトが参加していたレースでは、ハクトは探査車をインドの着陸船とロケットで月に送る予定だったが、インド側の資金不足で打ち上げができなくなった。新たなミッションではこうした外部要因によるリスクを減らすことが見込める。

続きはソースで

関連ソース画像
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180504000066_comm.jpg
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180504000068_comm.jpg
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20180504000057_comm.jpg

関連リンク
「リスク認識していた」 袴田代表、月面レース振り返る:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL4Z7RH4L4ZUEHF00D.html

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL4Z7R6LL4ZUEHF00C.html
ダウンロード (3)


引用元: 【宇宙開発】月面レース卒業、実戦へ 袴田氏「ハクトあったから…」[05/05]

スポンサーリンク
2: 2018/05/05(土) 14:14:23.00 ID:ppVFlG9m
月探査レースは、スペースデブリする場だった

3: 2018/05/05(土) 14:15:47.40 ID:Kl3P2bh7
予定通り行くとはとても信じられないな。

4: 2018/05/05(土) 14:19:50.59 ID:Kl3P2bh7
まず考えなければならない事はロケットをどうするのかだが、ここではその肝心なことに一言も触れられていない。
果たしてその当てはあるのか?

5: 2018/05/05(土) 14:32:33.78 ID:ESg6CnHy
よく会社としてやってけるよな

8: 2018/05/05(土) 15:57:14.40 ID:e5DFVH8e
ちうごくは 月面ポンコツ車 回収しろよ

9: 2018/05/05(土) 15:58:48.35 ID:9eeZ+JkT
「現地でコピー工場を作る」が目標だよ

10: 2018/05/05(土) 16:45:44.40 ID:dNJyyUtq
月面開発は基礎研究にも役に立つ
量子もつれとか

11: 2018/05/05(土) 20:04:04.72 ID:MNGB9HMG
で、この会社は何でどうやって利益を出して従業員に給料払ってんだ?

12: 2018/05/05(土) 20:20:58.20 ID:SezpOOY/
>>11
アリンコが心配する事ではない

13: 2018/05/05(土) 23:31:45.82 ID:nLEPa0yq
ハクトって因幡のしろウサギの音読みが白兎

14: 2018/05/06(日) 12:28:20.04 ID:b5v6S0z6
よくこんな計画で100億円も調達できたな
逆に感心したわww

15: 2018/05/06(日) 13:55:37.95 ID:vfN4y6O0
>>14
資金調達のための空イベントだったんだろう?
イベントが実現しなくても返さなくていいんだから、さg…

6: 2018/05/05(土) 14:51:25.34 ID:5TKDzdKc
100億も調達できたのが、凄い。
日本もいい時代になったな。