1: 2018/05/10(木) 14:46:49.13 ID:CAP_USER
Quantum physics: Gamers ‘power-up’ quantum physics tests
Nature
全世界のゲーマーたちが競い合って乱数の数列を生成したことが、「局所実在性が破れる場合がある」という量子力学による予測の検証に役立った。
この研究結果を報告する論文が、今週掲載される。

量子理論によって物理的現実を完全に記述できるかどうか、というテーマを巡っては、かなりの議論が巻き起こっている。
この議論におけるキーワードは、局所性(ある地点で行われた行為によって、別の地点での実験結果が直ちに変わることはないという考え)と実在性(物理系には一定の値を有する特性があり、そのことは測定しなくても確定しているという考え)である。これらを調べるには、いわゆる「ベルテスト」が実施される。
ベルテストでは、隠れた変数を援用してごまかすことなく、粒子間の量子相関を測定し、粒子について局所実在性の破れが起こっているかどうかを判定する。
隠れた変数は、現在の量子力学理論によって説明できないため、隠れた変数を援用すると、量子力学理論は不完全なものになってしまう。

続きはソースで

英語の原文
http://dx.doi.org/10.1038/s41586-018-0085-3

Nature Research
https://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/12503
ダウンロード


引用元: 【量子物理学】ゲーマーたちが量子力学の検証を「パワーアップ」ベルテストで量子力学による予測の検証[05/10]

スポンサーリンク
2: 2018/05/10(木) 15:14:39.68 ID:8Xo62iWL
パワーアップベルってツインビーの話じゃないのか

3: 2018/05/10(木) 15:23:01.57 ID:Mk4xHQIG
哲学かな?

4: 2018/05/10(木) 15:23:22.95 ID:9cXacYrJ
こんなんで検証できるのか

5: 2018/05/10(木) 15:27:23.49 ID:Pgw30AE9
ゲーマーの心は一つに繋がってるから、こんなんではだめ。

11: 2018/05/10(木) 16:21:44.59 ID:ETd6NhUC
>>5
> ゲーマーの心は一つに繋がってるから、こんなんではだめ。

そうなんだよね、ベルテストで実験者の選択の自由を疑うほど懐疑的なスタンスならば
ゲーマーが何人いようとその集団全体に対して隠れた変数による「選択の自由」ループホールという懐疑も可能なわけだから
はっきり言って話題性はある(知らない人を驚かせた理「これ、なんなの?」と注意を惹く)かも知れないけれど
物理学としても哲学としても余り意味も内容もない「検証実験」だよ

13: 2018/05/10(木) 16:57:28.56 ID:MZB5VfnU
>>11
「検証実験」と言ってやるとは優しいな
個人的にはレクリエーション以上のものではないと思うが

33: 2018/05/11(金) 10:43:55.62 ID:FSwo/+uY
>>11
最近は選択の自由って言うのか?
自由意思っていうと思ってた

複数人でやれば自由意思だろって話じゃNatureにはならんと思うんだが、そこんところどうなのよ

42: 2018/05/11(金) 19:27:29.95 ID:GyuHam+T
私が>>11で「選択の自由」という言葉を使ったのは大元の>>1の記事でその言葉を使用していたからです

> 複数人でやれば自由意思だろって話じゃNatureにはならんと思うんだが、そこんところどうなのよ

そこが全くわからない、少なくともこの記事だけでは全くわからない
個人の自由意志あるいは選択の自由を疑うのならば何人に増やそうと疑う余地は消えないのだから(だから>>11を書いた)

6: 2018/05/10(木) 15:36:26.51 ID:tG++esCa
ベルテストって確か、アインシュタインが死んだ後に、量子のもつれを証明した実験?

ハイゼンベルグの不確定性原理によれば、量子の位置が分かっても運動量は分からず、
運動量が確定しても位置は分からないとされる。
アインシュタイン、ポドロスキー、ローゼンは「EPRパラドックス」で、分裂した片方の量子のスピンと他方の量子のスピンは逆で、
分裂後の量子がどれだけ離れても、片方のスピンが+なら他方は必ず-になり、
両者の間には光速を越えた情報伝達が起こるから、相対性理論に反すると主張した。
しかしベルの提案した実験結果は量子力学の予想が正しいことを証明し、量子情報理論や量子暗号が成立した。

7: 2018/05/10(木) 15:39:29.04 ID:ZphuSsoH
これも分散コンピューティングのプロジェクトかな

8: 2018/05/10(木) 15:45:16.69 ID:9cXacYrJ
相対性理論がそもそも間違いなんだからどうしようもないだろw

9: 2018/05/10(木) 15:47:32.00 ID:CezA2reE
意味わからんけど、量子の不規則な動きを数値である程度予測できるって事?
一般公式も夢では無いって事なのかな 詳しい人解説よろ

12: 2018/05/10(木) 16:49:29.63 ID:8+LTBLaV
最近のゲーマーは実験動物なのか

30: 2018/05/11(金) 09:13:30.57 ID:1k3z+ekY
>>12
ゲームという形さえとってあれば
単調な作業を何時間も繰り返すだけのテストに長期間無償で参加してくれるんだぜ

31: 2018/05/11(金) 09:32:38.91 ID:futkHZXY
>>30
だよな
実務的な演算をゲームに変換できるなら計算処理できる作業は世界中のゲーマーがやってくれる

15: 2018/05/10(木) 17:56:55.23 ID:m9LZOjAg
n人参加の零和のゲーム
最適な行動は複数あるかもしれないが最適な行動による利益はただ一つ。最適な行動を取るときの利益をrとする。
全員が最適な行動をとるときn人の利益の総和が0であるから

n*r=0

nは零でないからr=0

18: 2018/05/10(木) 20:32:02.09 ID:Tfw2/Buq
>>1
要するに10万人の暇人を乱数生成器にしたってことか
養分だな

23: 2018/05/10(木) 20:49:38.38 ID:AMSHw1Fk
10万人に乱数を作らせて、ランダム性を作らせて
それを検証した結果、局所実在性の破れが量子理論の予測通りに観測された

24: 2018/05/10(木) 20:51:26.02 ID:AMSHw1Fk
ランダム性をどうやって作りだすかが課題だった

25: 2018/05/10(木) 21:00:19.84 ID:GoBN2VWK
原文ちょこっと翻訳させたけど ゲーマという単語一つもないんだがな

26: 2018/05/10(木) 21:32:35.50 ID:oRnYZN6y
これはテレパシーとか超能力を測定しようという試みの実験
核心的な言葉のやりとりを測定するのは難しいので沢山の人の高揚が何かの物理現象を起こさないのか探っている対象物のひとつが
かく崩壊を用いた乱数発生機
少し昔はファイヤーマンの会場で乱数発生機の数値をみていた

28: 2018/05/10(木) 22:48:34.02 ID:xQM3ItQr
ゲーマーに社会貢献の場を与えたのか

32: 2018/05/11(金) 10:40:16.36 ID:FSwo/+uY
なにやったって自由意思ループホールはふさぎようないだろ

41: 2018/05/11(金) 14:12:13.58 ID:qgRFyrrB
誰の目にもふれた事のない原著論文は目が滑るし一見すると理解不可能

43: 2018/05/12(土) 11:38:47.89 ID:880LAVjT
ネタ論文でIFを稼ぐNatureの方針はぶれない

45: 2018/05/13(日) 03:57:31.26 ID:EXSB2xka
>>43
> ネタ論文でIFを稼ぐNatureの方針はぶれない

以前から「Natureはjournalじゃなくてmagazineだ」って揶揄されてるからね

14: 2018/05/10(木) 16:59:25.38 ID:iDiqcjzZ
量子力学の補間か
量子もつれはいろいろと利用される感じになってきてるしな