1: 2018/05/08(火) 23:00:15.75 ID:CAP_USER
 新潟大学の上野将紀特任教授、シンシナティ小児病院の吉田富准教授らの研究グループは、脳と脊髄を結ぶ「皮質脊髄路」の中に多様な神経回路が存在することを発見し、それらが運動動作をコントロールする神経地図としての働きを示すことを明らかにした。

 大脳皮質と脊髄を結ぶ「皮質脊髄路」と呼ばれる神経回路は、自発的な運動開始や複雑で巧みな運動動作のコントロールに必要な神経回路として知られている。
しかし、この回路がどのような種類の神経細胞でつながっていて、最終的に複雑な運動動作を生み出せるのか、その接続様式や動作原理は不明だった。

 今回、研究グループは神経回路を解析する最新の技術を用いて、マウスの皮質脊髄路に存在する詳細な神経細胞の構成とその働きを探った。

続きはソースで

論文情報:【Cell Reports】Corticospinal circuits from the sensory and motor cortex differentially regulate skilled movements through distinct spinal interneurons.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29719245

関連ソース画像
http://univ-journal.jp/wp-content/uploads/2018/05/pixta_12982079_S.jpg

大学ジャーナル
http://univ-journal.jp/20649/
ダウンロード (1)


引用元: 【神経学】脳と脊髄を結ぶ運動の「神経地図」を新潟大学が発見、運動機能回復に重要な手がかり[05/08]

スポンサーリンク
2: 2018/05/08(火) 23:02:10.86 ID:TNj+IG8t
神経細胞再生出来たら凄いな~何時に鳴るんだろ

3: 2018/05/08(火) 23:09:22.93 ID:AHmFvwck
>>2
再生はその人から取った細胞をiPS細胞にすれば、いくらでもできるように
なったんだけれど、後はどうつなぐかだよね。
手の神経は手が伸びる前に指と脊髄の間にできて、手が伸びるに従って
自分も伸びていくわけだから、後からさてどうつないで良いのかの方が問題
だね。

9: 2018/05/09(水) 00:04:31.70 ID:JMbAKqmS
>>2
くの字体操で再生するんやで

4: 2018/05/08(火) 23:09:39.47 ID:rvyAwbdN
これは全身義体のサイボーグ技術に大いに貢献する発見だ

5: 2018/05/08(火) 23:18:05.43 ID:oC/547fX
障害で体が不自由になった人を助ける道になると良いねぇ

6: 2018/05/08(火) 23:40:16.93 ID:yDiZAymF
でも神経が簡単に治せるようになると、平気で無茶をするバカが増えそうだなぁ・・

7: 2018/05/08(火) 23:44:47.51 ID:L5zYE+an
画像に首から上が描かれてなくてよかった。

8: 2018/05/08(火) 23:49:18.30 ID:qm4qaQ2w
絵は中枢神経+自律神経なの?

11: 2018/05/09(水) 11:03:16.48 ID:zyvDtOrO
すげー!、と思ったが
なんだ良く読んだらマウスの話かよ……

12: 2018/05/09(水) 12:13:32.67 ID:gF+YE/qV
上行路(脳へ伝える)の温度感覚 皮膚感覚 痛覚 
下降路(脳から命令する)の運動神経
視覚、嗅覚、聴覚、味覚は脳と直結

脳の機能が左右逆になっているので脊髄で交差する
その交差点は各運動神経、各感覚によって場所が違う
覚えるのが面倒

13: 2018/05/09(水) 13:59:01.29 ID:6SyvjM2b
これって分かり易くいうと鏡見なくても自分の鼻を一発で触れる仕組みってことだね。

14: 2018/05/09(水) 15:50:32.31 ID:SpFaI9Fx
脳というCPUと運動機能が1:1で接続されてるわけではなく、一旦神経統合レジスタによって管理されてるってことかな?
で、その神経統合回路が存在することを発見、ということ?

10: 2018/05/09(水) 00:09:55.79 ID:NqKNDn6H
早く人間で実用化して沢山の人を救って欲しい