1: 2018/05/30(水) 18:03:38.26 ID:CAP_USER
【5月30日 AFP】
すしバーでマグロと偽って客に出されているテラピアを暴くために使われた携帯型の遺伝子検査機器。
この機器が進化に関する深い洞察をもたらす可能性があるなどと、いったい誰が想像しただろうか。

 あるいは、世界中の研究者数百人が10万種の動物から採取し、米政府の遺伝子データベース「ジェンバンク(GenBank)」に蓄積した遺伝子の断片。
「DNAバーコード」と呼ばれるこの短い遺伝子マーカー500万個を徹底的に調べ尽くそうなどと、いったい誰が考えついただろうか。

 これを考えつき、実行したのは、米ロックフ◯ラー大学(Rockefeller University)のマーク・ストークル(Mark Stoeckle)氏とスイス・バーゼル大学(Basel University)のデービッド・セイラー(David Thaler)氏の研究チームだ。
2人が先週発表した研究結果は、進化の過程に関する複数の定説を、覆すとまではいかずとも揺るがすことは間違いない。

■揺らぐ定説

 例えば教科書的な生物学の定説では、アリ、ネズミ、ヒトなど広範囲に分布する大規模な個体群を持つ生物種は、時間がたつほど遺伝的多様性が増すという。
だが、これは真実なのだろうか。

 人類進化学の国際専門誌
「ジャーナル・オブ・ヒューマン・エボリューション(Journal of Human Evolution)」に掲載された論文の主執筆者であるストークル氏は「答えはノーだ」と述べる。世界に分布するヒトは76億人、イエスズメは5億羽、イソシギは10万羽に上るが、遺伝的多様性はどれも「ほぼ同じくらい」だと同氏はAFPの取材に語った。

 今回の研究の最も驚くべき結果は、今日地球上に生息する生物種のうち、ヒトを含む全体の9割が20万年前~10万年前に出現したことが明らかになったことだろう。
ストークル氏は「この結論は極めて予想外なので、私は可能な限り厳しい反論を試みた」と述べた。

 ストークル氏のこの反応は無理もない。動物種の90%が遺伝学的見地から言えばほぼ同年齢だという事実を、どのように説明できるだろうか。生物種をほぼ全滅させるような何らかの壊滅的事象が20万年前に発生したのだろうか。

■簡単かつ安価なDNAバーコード解析

 この結果を理解するには、DNAバーコードについて理解する必要がある。
動物は細胞核内にある「核DNA」とミトコンドリア内にある「ミトコンドリアDNA」という2種類のDNAを持っている。 (c)AFP 

続きはソースで

http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/f/d/320x280/img_fd700db884249312e70b811c6a91322969931.jpg

AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3176567

ダウンロード (1)


引用元: 【人類学】「DNAバーコード」大規模解析、進化の新事実が浮き彫りに[05/30]

スポンサーリンク
4: 2018/05/30(水) 18:15:39.55 ID:hpcpH6xY
そうすると人間とチンパンジーは500万年前に枝分かれしたというが、
現生のチンパンジーは枝分かれした時点のチンパンジーとは別モノに進化しているという事か。

5: 2018/05/30(水) 18:20:22.98 ID:af1hlheF
なにかエポック的な既存のものより秀でた進化が起きると
そこを起点にさらなる切磋琢磨的な淘汰が起きて
環境に最適な形態まで進化が止まらないからダロ

6: 2018/05/30(水) 18:22:39.43 ID:Bt9qDfDx
要するに、ミトコンドリアを調べました
そのミトコンドリアが発生もしくは
生物に取り込まれたのが
20万年~10万年前です

その時何かが起こりました
大気の酸化過多でミトコンドリアが大量発生したんだろ

14: 2018/05/30(水) 19:15:12.75 ID:MhgL/4IC
>>6
それはない

7: 2018/05/30(水) 18:28:53.30 ID:kpdrq+8K
作ったやつにセンスの欠片も感じない
スパゲティーコード

8: 2018/05/30(水) 18:40:08.95 ID:SJUuZSX0
そもそも、ミトコンドリアの正体がわかっていない。
体細胞とは別の独立した遺伝子を持っていることから、寄生細胞だとの説もある。

9: 2018/05/30(水) 18:50:34.46 ID:bzJqPxu9
どこらへんがバーコードなんです?

11: 2018/05/30(水) 18:56:23.34 ID:vN0HkQ4j
どの生物種も常にアップデートを続けて今日まで続いてきた最新版ってことじゃないの?

12: 2018/05/30(水) 18:57:53.77 ID:CZ6VgAb0
単に進化スピードが速いというだけだろ。
工業製品の進化と同じ。

15: 2018/05/30(水) 19:21:52.58 ID:uBA1vmnA
隕石でないとすれば、近くの超新星爆発

17: 2018/05/30(水) 19:47:09.83 ID:5fBWITk3
個別種の進化を観察する場所として
汎用性のかたまりみたいな炭素系の惑星上で実験してんだろ
 
何者かが

21: 2018/05/30(水) 20:15:16.81 ID:fIQFhcfI
ところで、現代には野生のミトコンドリアっていないの?

24: 2018/05/30(水) 20:28:47.01 ID:l+ItIdTB
>>21
ミトコンドリア自体、共生生活始めてから必要無いものとか捨て去ったり、
核側との連絡経路を整えたりと進化してるからなあ
今となっては野生のミトコンドリアと呼べるものはいないだろう
強いて言えば原始的な好気性バクテリアというところか

22: 2018/05/30(水) 20:21:16.13 ID:3DBXz1uJ
DNA型解析はなんちゃってレベルだから全ゲノム解析しろとあれほど・・・
おや誰かが来たようだ

28: 2018/05/30(水) 21:44:29.77 ID:uXkJ6Zz4
後付け設定キター

29: 2018/05/30(水) 21:58:10.86 ID:yVQ0AweE
ネコ科を見ればわかるよ
大きい猫も小さい猫もみんな同じ行動をするもの

31: 2018/05/30(水) 22:01:15.43 ID:lr7wfaBp
銀河系の中を移動する太陽系の公転が原因だろ

32: 2018/05/30(水) 22:16:32.99 ID:jgbC0tqu
>>1
遺伝的多様性の解釈がおかしいw

33: 2018/05/30(水) 22:17:48.61 ID:uDsaOZGM
20万年前に環境が大きく変わったとしか思えないけど
逆に20万年以前からいる残り1割の種を調べれば
どんな環境変化があったかわかりそう

35: 2018/05/30(水) 22:19:57.04 ID:jgbC0tqu
>現存する生物種の圧倒的大多数がほぼ同時期に出現した理由は何だろうか。

地球環境が変動したからだろ

>生物種には明確な遺伝的境界があり、2つの種の間に位置する中間種はほぼ皆無だという発見だ。

単に量子化されてるだけ

36: 2018/05/30(水) 22:22:32.50 ID:zSPEiRlh
10万年どころか5分前に全ての生命が誕生したとしても何の矛盾も無いから

39: 2018/05/30(水) 23:07:18.91 ID:bOkv7+qv
ノアの方船を否定出来なくなったって事じゃん

40: 2018/05/30(水) 23:21:54.34 ID:m6JPJBnH
DNAが変化しすぎると別の種になっちゃうから、同一種では一定の個体数以上は多様性はないでしょ。

41: 2018/05/30(水) 23:30:11.83 ID:9TRBXidN
種内競争てのがあるからね
強い者が子孫を残すから遺伝的多様性には収束する方向の力が働く

中間種がないのも競争理論で中間的な奴は淘汰されることが分かってる
たとえ中間種が環境に最も適していたとしてもこれは避けられない

43: 2018/05/31(木) 00:05:47.28 ID:zoBjSHnY
致命的なバグ発生で観察対象がグチャグチャになったから
この際もう少し変化の生じる展開が望める駒に一新したんだろ

49: 2018/05/31(木) 03:01:57.15 ID:RZmwQWjc
>今日地球上に生息する生物種のうち、
ヒトを含む全体の9割が20万年前~10万年前に出現したことが

やっぱこれが勘違いというのが一番整合性が高いのでは

50: 2018/05/31(木) 03:26:37.27 ID:tjSik0xm
中間がないのは当たり前じゃね?
遺伝子はアナログじゃないもん。
デジタルな4つのアミノ酸のコード列だよね。

51: 2018/05/31(木) 04:48:49.21 ID:cmLAsVbD
順当に進化するのが当たり前と思う方がおかしいと思うけど

52: 2018/05/31(木) 05:42:41.32 ID:AmIFYmCc
ミトコンドリアのDNAが核のDNAと変異する速さが一緒ってことはないんじゃないのか?

寿命数ヶ月の生き物と数十年の生き物でミトコンドリアは同じように変化するかもしれないが核DNAは違いないだろ

54: 2018/05/31(木) 06:27:55.72 ID:AMC/xeF3
>研究チームが気付いたのは、いわゆる「中立」な遺伝子変異にばらつきがないことだった。
>中立変異は数世代を経て生じるDNAの微小な変化で、
>生物個体の生存可能性に対して有利にも不利にもならない。

と思ってたら微妙な差があったからほとんどの生物は真に中立な変異しか持ってないってこったろ

変わり者はその微妙な差の影響が違うからばらつき具合が変わるってだけで

56: 2018/05/31(木) 12:22:22.57 ID:fdecaCLa
>>1
どれも別に、常識では?

化石から分かってる種の平均寿命もそんなもんだし、
遺伝的多様性も分布範囲や個体数じゃなくて集団の隔離が重要だろ。

そのあたりを定量的に評価したのが研究の要点なんじゃないの?

64: 2018/06/02(土) 05:48:56.03 ID:eBmr7tlW
熱帯の低緯度地域の方が生物多様性が多い
これを鑑みるに10万年前の寒冷な氷河期ではそれ以前から存続した種の多くは絶滅、多様性も進まず停滞
温暖になるにつれお互いに食料となる動植物も増え、突然変異種も生存する余裕が生まれ多様性が進んだっていう事じゃないのか

19: 2018/05/30(水) 20:06:34.21 ID:n8suv25D
10万年間の氷河期で全滅しかけて
今みたいなちょっと温暖な間に増えるのか