1: 2018/05/20(日) 08:27:02.12 ID:CAP_USER
19世紀は化学が飛躍的に進歩した時代で、化学の世紀と呼ばれました。

 20世紀は物理の世紀でした。相対性理論は宇宙の見方を変え、量子力学の生みだしたエレクトロニクスや原子力などのテクノロジーが人々の生活や戦争の形態を変えました。

 では21世紀は何の時代になるのでしょうか。
その17%が経過した現時点で展望すると、これは確実に、分子生物学の圧倒的な発展の世紀となるでしょう。

 2003年にヒトの全遺伝情報(ゲノム配列)が読み取られました。
これを皮切りに、ゲノム読み取り技術はさらに進歩を遂げ、現在では、ヒト1個体分のゲノム配列なら、ほんの1日で解読できるところまできています。(もっとも、解読した断片の配列をつなげていく時間は別に必要ですが。)

 この技術は、生物学、医学、犯罪捜査、人類学などなどに計り知れないインパクトを与えつつあります。
20世紀の手法に比べ、ゲノム解析からもたらされる情報は革新的です。
これらの分野の教科書は、ゲノム解析技術によって書き換えられている最中です。
学校で習った常識はどんどん時代遅れになりつつあります。

 先日2018年4月24日、理化学研究所などのグループが、「全ゲノムシークエンス解析で日本人の適応進化を解明」という発表を行ない、話題となりました。
これは日本人2234人のゲノム配列データを解析し、この数千年間に進行した進化の痕跡を探した研究結果です。

■ゲノムって何だっけ

 遺伝情報、つまり生物の体の設計図は、「DNA」という長い長い鎖状の分子に記録されています。
どれほど長いかというと、例えばヒトの細胞1個の中に収納されているDNAをほぐして全部1列に並べると、約2mにもなります。

 このうち半分の1m分は父親から、もう1m分は母親から受け継いだものです。この1m分の遺伝情報を「ゲノム」と呼びます。
生物のゲノムの1セットには、生物の体の設計図が一通りそろっています。

 DNAは「アデニン(A)」「グアニン(G)」「シトシン(C)」「チミン(T)」という4種の「塩基」という部品が連なってできています。(長い長い焼き鳥を思い浮かべてください。)
遺伝情報はA、G、C、Tという4文字で書かれた文書といえます。ACGTCC・・・という具合に続く文書です。
(焼き鳥なら砂肝、ネギ、モモ、シイタケ、ネギ、ネギ、・・・という感じでしょうか。)

 ゲノムという文書は、「遺伝子」という文の集合です。ヒトのゲノムは2万~2万5000の遺伝子からなります。
遺伝子の1文は、「タンパク質分子」の1種類を表すと考えても、まあ大体合ってます。
詳細は省きますが、生物の細胞はあるタンパク質分子が必要になると、ゲノム中でそのタンパク質分子の作り方が記述されている1文を参照して、その文にしたがってタンパク質分子を製造します。
ヒトの体内では2万種~2万5000種のタンパク質分子が製造され、働いています。

続きはソースで

関連ソース画像
http://jbpress.ismedia.jp/mwimgs/b/a/600/img_ba063319029e26662ff593aeec88f65e99085.jpg

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/53039

ダウンロード (1)


引用元: 【分子生物学】さらば物理の世紀、21世紀の主役は分子生物学だ!日本人の進化の痕、ゲノム解析でどこまで見えた?[05/16]

スポンサーリンク
3: 2018/05/20(日) 08:43:52.24 ID:CqJ8FFJF
21世紀って人類が太陽を本格利用する時代の始まりだろ。

21世紀における物理の役割って20世紀以上に大きいと思うけど。
資源・環境・エネルギー。ジオサイエンスもあるかな
人類史的な悲願がようやくかなえられようとしている

生物学・医学は20世紀のほうが人類の生活に与える影響は大きかったろ

11: 2018/05/20(日) 09:35:03.62 ID:wzKMs3OM
>>3
全く同意。
生物の時代が今後来るとしても22世紀以降。

4: 2018/05/20(日) 08:50:14.80 ID:b+XaHRfX
90年代に鳴り物入りで大学の生物学関連の学生の数が飛躍的に増やされた時期があってだな
旧帝の理学部生物学科とか本来数名いればいいところが(飽くまで理学部全体に対する学科に過ぎないからな)
地方大とかで訳のわからん名称の農学系の学部や学科が新設されまくって100名とか募集してた訳よ

そんなに人員増やしてどうすんの?、であぶれた人員は「ピペットドカタ」と称される
無償労働の培地作ったり言われたとおりにシーケンサー動かすだけの単純作業員になった
それが2000年代頃、その頃から人のゲノム配列の解読が進んでいって
実際生物学系の研究室にいた奴はセレラ社のゲノム表が誇らしげに貼られていたのを見た奴は多い(と言うか普通は見てる)

21世紀の主役は分子生物学だ!って20年前の台詞かと思ったわw
何だかんだで刺激のある時代ではあったね

13: 2018/05/20(日) 09:40:18.16 ID:VVFMBZkZ
>>4
農学部じゃ、募集しても学生が来なくなったからだよ。食品化学とかを取り込んで看板を書き換えただけ。

5: 2018/05/20(日) 08:55:01.84 ID:b+XaHRfX
まぁその後生物学系はやっぱり最先端の研究が出来る人員だけいればいいやって方向になって
むやみに人員増やすこともなくなり、ピペドって言葉も表向きには聞くことはなくなった

まぁその人員は情報処理系に流れてITドカタになっただけかも知れないけど

6: 2018/05/20(日) 08:56:37.59 ID:WVEOblEv
19世紀の物理の発展も凄いけどな
熱力学と電磁気学が生まれて完成した

7: 2018/05/20(日) 09:07:35.01 ID:E6PP4fWe
もう少ししたら重力の時代になる

9: 2018/05/20(日) 09:11:53.74 ID:cV5wuuCi
思想の世紀だな 
夢見てるだけだよ 遺伝子解析で病気がなくなるとかね
ねーからw
思想いうたのは、決定論と選択論
選択論一択だけどな
決定論というのは幼女◯人事件も遺伝子や運命でそうなっていたんだとみなす考え方
加害者も被害者もプログラムにしたがっただけ
選択と責任という世界とは別の世界だ

12: 2018/05/20(日) 09:35:49.24 ID:VVFMBZkZ
>>9
経済も財源も地道なテクノロジーの積み重ねで動いている。
思想は邪魔をする事で配分を要求して存在感を出しているだけ。

15: 2018/05/20(日) 10:05:37.10 ID:Fgrs/0ko
分子生物学の根底に、数学と物理学があるんじゃネ

24: 2018/05/20(日) 14:54:50.41 ID:Gk8eSb9U
>>15
一言で言えばそういうこと

25: 2018/05/20(日) 15:41:07.47 ID:yX3GkuDA
>>24
分子生物学はカリフォルニア工科大のモーガン率いてた
生物学(動物学)教室で誕生したんだが…

16: 2018/05/20(日) 12:15:01.38 ID:sLjYcMfz
そのわりに分子生物学をやってた研究者が定職に就けて
いないんだけど。もっと予算出してやれよ。

31: 2018/05/20(日) 20:59:46.50 ID:e4bDC36C
>>16

研究者で定職につけていない人など、どうやって生計を建てるんですか

22: 2018/05/20(日) 14:13:24.34 ID:TeExB0bZ
いやあ。今後は、物理のモデル、数式に抵抗ないのがやるべきだよ
転写制御なんておもろい課題だと思うぞ

26: 2018/05/20(日) 16:25:58.90 ID:fEokjj/+
分子生物学は、プログラミングのようになりつつある。
遺伝子改造マウスが普通に使われているしな。

27: 2018/05/20(日) 20:18:43.06 ID:S67ThPLf
もしも本当にビックデータが研究のために必要ならば
それは化石であっても成り立つように
現代人の死者だったとしても何も問題はないはず
むしろ比較するなら条件的にも化石にして収集すべき

生者でなければならない理由の正当性を示す必要があるね
インシュアランスにインサイドしない潔白を信頼の証として求められてしまう!

28: 2018/05/20(日) 20:38:04.85 ID:AVBZF5JH
>>1
言ってることが、20年遅い。
数学、物理、化学をできる奴が生物やらないとダメ。
数学できない奴は、生物もできない。

29: 2018/05/20(日) 20:52:28.93 ID:WJCayXpb
まあ最近はどの分野も停滞してると思うけどね
人工知能で深層学習が流行ってたみたいだけどあれだって実態は1990年ごろの技術だし
物理はひも理論でぐちゃぐちゃ、化学は低空飛行、生物はピペドだらけ
21世紀はどうなるんだろうな

30: 2018/05/20(日) 20:53:53.62 ID:fdkxO03U
もうちょい待って。量子もつれがマクロに及ぼす影響の全体像が明らかになってからだ。

33: 2018/05/20(日) 22:15:24.45 ID:z5OV1o4A
200年以上続いた物理の世紀も、停滞して長いからな。
方向を誤ったせいで、ビッグバン説とか、頭のおかしい説がまかり通る
ようになって殆ど進歩が停止してしまった。

40: 2018/05/28(月) 00:02:13.01 ID:2snV0Va7
>>33
ひも理論は釣られた感あるなあ。一つのモデルなのに、なんであんな大々的に
今の重力波検出は素人にも直感的理解可能で健康的だわ

41: 2018/05/28(月) 00:04:14.84 ID:2snV0Va7
>>33
新たに有効なモデルが出てこないのよね。最後が地物のプレートテクトニクス

進むにしても、新しいモデル作ったる的な野望はほんと片隅に置いといたほうがええわ

34: 2018/05/20(日) 23:22:24.47 ID:DUqe0y3r
>>1
それは違うな。
分子生物学もかつての勢いは無い。どこまで行っても本当に新しい知見は無く、
学会も参加者が少なく、実質上の衰退期に入った。

今世紀は新しい統一理論が登場するから、物理学の時代だよ。

38: 2018/05/21(月) 22:33:32.03 ID:f/shb3Cs
そうかもしれないが
遺伝子を解析する機械は高価で日本ではろくすっぽできないとか聞いたな
我々は直接役に立つものにしか金を出さない
役に立つか解らん分子生物学に金など出さんよ
日本では大して進歩しないだろ

19: 2018/05/20(日) 12:36:21.02 ID:8gLCo2vW
生物は、資金力が直接競争力になるから日本は弱い立場にある。