1: 2018/06/21(木) 23:07:51.47 ID:CAP_USER
高エネルギー加速器研究機構(KEK)と東京大学(東大)、ATLAS日本グループは、欧州合同原子核研究機関(CERN)が大型ハドロン衝突型加速器(LHC)で行った実験成果として、極めて稀な素粒子の反応であるトップクォーク対とヒッグス粒子が同時に生成される事象を初観測したことを発表した。

LHCは、ほぼ光速まで加速した陽子同士を衝突させる、世界最高エネルギーの円形加速器。
2009年に運転を開始し、2010年3月から7TeV(テラ電子ボルト)の衝突エネルギーで本格的な実験をスタートした。
2012年4月には、衝突エネルギーを8TeVに増強し、同年7月4日のヒッグス粒子発見につながった。
現在は衝突エネルギー13TeV でデータを蓄積し、素粒子とヒッグス粒子との相互作用を精密測定することによる質量起源の解明や、新物理現象を示唆する新粒子の探索を行っている。

この研究において、2017年までに収集したデータ中にヒッグス粒子が、トップクォーク対と同時に生成されるという極めて稀にしか起きない反応を発見した。
ヒッグス粒子は陽子同士の衝突により生成された直後に様々な粒子対に崩壊するが、それらを分類・解析し、まとめたところ、6.3σの統計的精度で間違いがないことがわかった。
現在の測定精度では、反応が起こる確率はヒッグス機構の予想と一致しており、トップクォークの質量がヒッグス 場の動的な性質によって生成されていること(=ヒッグス機構)を示唆している。

続きはソースで

https://news.mynavi.jp/article/20180608-643755/images/001.jpg

マイナビニュース
https://news.mynavi.jp/article/20180608-643755/
images


引用元: 【物理学】最も重い素粒子トップクォークの質量起源もヒッグス機構と判明- KEKなど[06/08]

スポンサーリンク
2: 2018/06/21(木) 23:09:53.98 ID:m4eqFAea
ヒッグス粒子とトップクォーク、さてどっちが重いでしょうか?

3: 2018/06/21(木) 23:31:49.96 ID:ixmuy3FU
どうもヒッグス機構というのはあまりにも竹に棒を括り付けたような不細工な感が拭えない。
これは湯川がある中間子論を発表した時にボーアが湯川に投げかけた疑問だが、今生きる我々も同じ疑問を呈さずにはいられない。
果たして「何でもかんでも粒子で説明・記述していいものなのか?
物理学の最も根本的な量であるところの質量がこのようなガラクタのような概念で説明されてしまっていいものなのか、
ヒッグスがノーベル賞を獲った後の今でも釈然としない。
もっとエレガントな記述・描写のやり方があるのではないのか?

7: 2018/06/21(木) 23:50:49.38 ID:FujG14H9
>>3
場の量子論だからむしろ、物質の最小単位としての粒子還元論から、空間の性質に物質・エネルギーの根源を見るパラダイム変遷が起こってる最中なんじゃね

15: 2018/06/22(金) 09:22:02.13 ID:dKEGXx7+
>>3
BRSTコホ◯ロジーとかエレガントだよね数学的に

5: 2018/06/21(木) 23:41:51.76 ID:nPQkdHie
トップクオークとヒッグス粒子の質量を正確に求めたら
今の時空の安定度がわかるんだろ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BD%E3%AE%E7%9C%9F%E7%A9%BA

もう一回真空の相転移が起こったらマジ終わりなんだけど

13: 2018/06/22(金) 02:02:48.08 ID:szaDjmRc
>>5
> もう一回真空の相転移が起こったらマジ終わりなんだけど

心配しなくていい、そのような終わり方ならば誰一人として苦しまずに人生を終われる
それどころか誰一人として自分が死に瀕したことさえ気づかないで死体も苦痛も残さず完全に消え去れる

6: 2018/06/21(木) 23:44:34.93 ID:E7Ya5nZ6
ゲージ粒子まで上手くいってたからそこに載せる方法を模索した結果がヒッグスだろ

16: 2018/06/22(金) 10:15:28.56 ID:gm0Zlxq4
マイクロブラックホール作れば
極小の特異点が無限に膨張する
さあ一つに還ろうリセットしよう

12: 2018/06/22(金) 01:17:02.37 ID:NGxzvMEF
ノーベル賞きたか・・・