1: 2018/06/25(月) 09:46:17.26 ID:CAP_USER
順天堂大学は、同大大学院の研究グループらが、細胞内のミトコンドリア呼吸鎖複合体Iに対する阻害剤が、再発性/難治性白血病に対する新しいがん治療薬になりうることを発見したことを発表した。

この成果は、同大大学院医学研究科臨床病態検査医学の田部陽子特任教授らの研究グループと、米国MD Anderson がんセンターのJoseph R. Marszalek 博士、Marina Konopleva 教授らとの共同研究によるもので、6月11日、英国科学雑誌「Nature Medicine」のオンライン版に掲載された。

IACS-010759によるミトコンドリア呼吸鎖複合体Iの阻害とエネルギー産生抑制IACS-010759によるミトコンドリア呼吸鎖複合体Iの阻害とエネルギー産生抑制がんの治療において、 抗がん剤が効かなくなる耐性の獲得が問題となっている。
がん細胞が存在するがん微小環境では、異なる性質をもつ細胞の集団として存在するため、抗がん剤の特異的な分子異常を標的とした治療に対して生き残ったがん細胞は、変異しながら次々と耐性を獲得していく。

そこで研究グループは、この耐性の獲得を避けるため、細胞が共通してエネルギーを依存するミトコンドリア呼吸を標的とした抗がん剤の開発が有効ではないかと考えた。
まず、がん微小環境においてがんの生存を助ける低酸素誘導因子(HIF1a)を抑える分子に着目し、新しい医薬品の候補となり得る化合物薬剤のスクリーニングを開始した。

その化合物の中から、ミトコンドリア呼吸鎖複合体Iを標的とする酸化的リン酸化阻害剤のIACS-010759を選出し、次にこの阻害剤の抗がん作用について複数の培養がん細胞を用いて調べたところネルギー産生に必要なアスパラギン酸を抑えて、 がん細胞の増殖を抑制することを発見した。

続きはソースで

■IACS-010759投与前後の脳のMRI画像と抗腫瘍効果
https://news.mynavi.jp/article/20180625-652692/images/002.jpg
■IACS-010759によるミトコンドリア呼吸鎖複合体Iの阻害とエネルギー産生抑制
https://news.mynavi.jp/article/20180625-652692/images/001.jpg

マイナビニュース
https://news.mynavi.jp/article/20180625-652692/
ダウンロード


引用元: 【医学】順天堂大、がん細胞のエネルギーを枯渇させる新しい抗がん剤を発見[06/25]

スポンサーリンク
2: 2018/06/25(月) 09:50:28.83 ID:RNOp2wIp
おじさん達 自ら抗毛剤を作成していた

3: 2018/06/25(月) 09:52:03.04 ID:TqKm/3Wi
取り違えの汚名返上できるといいなw

5: 2018/06/25(月) 10:06:18.52 ID:VpzWXPd8
10年以内に癌を完全撲滅出来るようになってほしい
本当に手強い病気だわ

8: 2018/06/25(月) 11:00:23.86 ID:+pKMUnBP
>>5
高齢者が病死しないと、日本自体が死んでしまうぞ。

6: 2018/06/25(月) 10:28:35.65 ID:igWOj1Y3
新しい分子標的薬か
正常細胞にこの因子が含まれてたら即死しそうだな

7: 2018/06/25(月) 10:37:33.12 ID:DkSZTPsz
コタツの赤外線で治る話はどこいった

9: 2018/06/25(月) 13:12:57.90 ID:IClNPoYL
間違いなく正常細胞のエネルギーも枯渇させてしまうな

10: 2018/06/25(月) 13:38:34.16 ID:vZ6/90G1
生物の体は何て不完全なんだろう

ミトコンドリアを後付けで獲得したように独立したエラー訂正削除の機構を細胞に付加出来ないものだろうか
人類が宇宙に行くようになれば更に放射線を浴びるようになるだろう、そうなった時必須の機能になるはず何だが

4: 2018/06/25(月) 09:58:07.19 ID:aHAoOLdp
これと、ミトコンドリアを遺伝子操作で人体から全部除去して両面作戦でハッピー