1: 2018/06/27(水) 11:32:47.12 ID:CAP_USER
積水ハウスは、住宅施工現場での作業負荷軽減を目的に、「天井石こうボード施工ロボット」をテムザックと、「上向き作業用アシストスーツ」をダイドーと、それぞれ共同開発した。
ロボットは、ゼネコンなどで導入されている産業用ロボットと異なり、AIを搭載し、互いに通信でコミュニケーションを取りながら施工する珍しいタイプ。
アシストスーツは、作業者の腕をサポートし、長時間の辛い上向き作業を楽にする。

積水ハウスは2018年6月13日、開発中の「天井石こうボード施工ロボット」と「上向き作業用アシストスーツ」の実機デモンストレーションを茨城県古河市の同社教育訓練センター東日本校で行った。

■BIMをベースにした2体のロボット、最大7割の作業軽減

 天井石こうボード施工ロボットは、「Carry」と「Shot」の2体。
Carryは天井石こうボードの位置決定とボードの運搬を担当。Shotは、Carryと通信を交わして位置合わせと、ビス打ちをメインに行う。

 通常、石こうボードの施工は、人の手であれば、1×2m(メートル)のボードで50カ所ビスを打つ必要がある。
リビング天井などの場合は、1枚17kg(キロ)のボードを支えつつ、不安定な脚立の上で2日間ずっと上向きの反復作業が続くため、作業員の大きな負担となっていた。

 この課題解決のため、積水ハウスと、サービスロボットの開発で実績のあるテムザックは、BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)をベースにしたロボットシステムを開発した。

ロボットの動作手順は、作業者はまず、積水ハウスが開発したCADシステムや建物・部材情報を保有する「邸情報データベース」と連動したタブレットで、施工場所をタップする。
次に、Carryに搭載されたカメラで天井の下地を撮影して寸法を測り、サイズに合うように石こうボードを切断して、ビスを打つ箇所のマーク付けをする。加工したボードをCarryに載せれば、後は両機が自動的に位置合わせと天井への固定を行う。

ビス打ちは、Carryが仮固定しながら後退し、Shotはマークされた位置にビス打ちを繰り返す。

続きはソースで

http://image.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1806/19/is20190614ADSC_1060.JPG

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1806/19/news033.html
ダウンロード (1)


引用元: 【機械工学】積水ハウスが開発した「会話する施工ロボット」と「アシストスーツ」の実機デモ (1/3)[06/19]

スポンサーリンク
5: 2018/06/27(水) 11:46:54.09 ID:H5dv/h7z
不具合があっても、それは全部ネズミのせいだから

7: 2018/06/27(水) 11:52:59.59 ID:58qRf6Q9
これで移民が用済みになっていくな

9: 2018/06/27(水) 12:01:00.38 ID:cpeNGbMB
プラスタボード600で切って面取っといて。あー寸法間違えたわとか
そんなかんじかと思った。

10: 2018/06/27(水) 12:08:20.94 ID:hVBbDUWF
マジかよ株価10倍だな全力買いだ\(^^)/

11: 2018/06/27(水) 12:09:57.37 ID:yXF0aYDX
手抜き工事もロボットのせいにできるね

12: 2018/06/27(水) 12:23:10.41 ID:9FfbTViF
ロボットの外見はネズミにしておいたほうがいいぞw

13: 2018/06/27(水) 13:01:10.81 ID:CNnwilG1
17キロもあるんだな

16: 2018/06/27(水) 14:19:23.86 ID:RXZD/X3k
ロボットは誰が現場に搬入するんだ?
搬入する人間が居るなら天井のボード張る時くらい
手伝ってやれば良いだけだろ。
何百平米も有る天井じゃないんだから。
ロボット作る金が有るなら職人の単価上げてやれよ。
喜んで手元連れて来るわ。

19: 2018/06/28(木) 20:05:33.48 ID:adBZJFCG
ロボットもいいけど
それを操作する人間がーー