1: 2018/07/10(火) 13:05:59.06 ID:CAP_USER
ロッククライマーのアレックス・オノルド氏は2012年にエル・キャピタンの登山ルート「ノーズ」を2時間23分46秒の世界記録で登頂したことや、2017年には高さ約915mもあるエルキャピタンの「フリーライダー」を道具を使わずに登り切ったことから、「ロッククライミング界のレジェンド」として知られています。
多くの人は「オノルド氏はなぜ無謀とも言えるチャレンジを繰り返し行えるのか?」と疑問に感じてしまいがちですが、実際にオノルド氏の脳を調査した神経科学者によると、「通常の人とは異なる脳のはたらきがある」ことが明らかになったそうです。

Legendary Rock Climber Alex Honnold Gets Put Into an MRI, and the Results Are Surprising
http://nautil.us/issue/61/coordinates/the-strange-brain-of-the-worlds-greatest-solo-climber-rp

保護具などを使用せずに岩壁を登るフリーソロ・クライミングおいては、地上から約50フィート(約15m)を超えた時点で誤って落下すると死に直結すると言われています。
そのような「失敗したら死ぬ」ことが明確なフリーソロは、経験を積んだロッククライマーでさえもためらってしまうような登り方と言えます。
その中で前人未到の実績を積んでいるオノルド氏に対して、クライマーたちは同氏を「恐怖を感じない人」として考えるようになっていました。
しかし、オノルド氏は「自分の登山ビデオを見るだけでも緊張してしまう」と語っており、他のクライマーたちと同様の恐怖の感情を持っていると主張しています。

サウスカロライナ医科大学で神経科学の教授を務めているジェーン・ジョセフ氏も他のクライマーたちと同様に「オノルド氏は通常のクライマーとは恐怖の感じ方が違うのではないか?」と疑問を持つようになりました。
そこで、ジョセフ氏は、脳の活動を視覚化できるfMRIを使用してオノルド氏の脳を分析してみたいと考えて、オノルド氏に「脳を分析させてほしい」と依頼。
すると、オノルド氏は自身の脳を調査することを快諾し、fMRIによる分析が実現することになります。


実際に恐怖を感じたときのオノルド氏の脳をfMRIで調査した結果が以下の画像です。
左がオノルド氏の脳、右が同氏と同世代のロッククライマーの脳を示しており、色のついている箇所が恐怖を感じた時に活動している場所を表しています。
2つの画像を比較してみると、右側のクライマーは恐怖を感じるときに活動する白い十字部分の扁桃体が機能していることがわかりますが、オノルド氏は扁桃体の部分が活動しておらず、恐怖を全く感じていないことが明らかとなりました。

オノルド氏のように扁桃体が機能していない人には別の問題が発生することが知られています。

続きはソースで

https://i.gzn.jp/img/2018/07/08/worlds-greatest-solo-climber/01_m.jpg
https://i.gzn.jp/img/2018/07/08/worlds-greatest-solo-climber/00_m.jpg
https://i.gzn.jp/img/2018/07/08/worlds-greatest-solo-climber/03_m.jpg
ダウンロード (1)


引用元: 【脳神経学】ロッククライミング界のレジェンド「アレックス・オノルド」が持つ特徴的な脳とは?[07/08]

スポンサーリンク
3: 2018/07/10(火) 13:09:00.67 ID:8RvBlvi0
高所平気症の人って恐怖を感じる部分の脳が麻痺してると思うマジで

8: 2018/07/10(火) 13:35:43.62 ID:B37I0oOc
>>3
支那で高層ビルの屋上の縁で動画撮影中に墜落死したやつがいたが、あいつかww

4: 2018/07/10(火) 13:14:27.42 ID:cn7jgXOc
ランボー「パート2になったら冷静になってた」

5: 2018/07/10(火) 13:17:52.31 ID:MOZeh1Cm
どんだけよいしょしてもやってることは岩登り

6: 2018/07/10(火) 13:20:49.85 ID:XtJ7Y99d
>>5
データに嫉妬すんなよ

21: 2018/07/11(水) 01:52:32.73 ID:yffPsRc4
>>5
俺は岩登り凄いと思う

11: 2018/07/10(火) 13:53:41.20 ID:6WXbyqXH
生まれつきかどうかは知らんが十中八九練習や努力じゃあどうにもならんってことだな
適性が有るかどうかは遺伝か生まれによる

12: 2018/07/10(火) 13:54:40.62 ID:0+HRMjVn
修羅場をくぐった人がちょっとしたことでは動じないっていうのは見聞きするし、地震大国日本の恐怖心が諸外国のそれより遙かに小さいらしいこともしばしば聞く。
ある意味免疫を作ってるようなものか。元々高いところが怖くないって人は先祖の血にその耐性があったり高さに対する悪いイメージが少ないのかも知れない。
ヤギが崖の上でも平然と行動できるのは食い物だったり捕食されないメリットがあってそこで先祖代々鍛錬してきたからこそなのだろう。

グロ画像も見続ければなんということもなくなるし、慣れは恐い

16: 2018/07/10(火) 17:27:01.58 ID:6WXbyqXH
>>12
ちがうんじゃねえの

マウスのしっぽを切り続けた実験があっただろ
短い尻尾は遺伝するかどうかの実験だ

14: 2018/07/10(火) 15:22:56.86 ID:+nhvbGbX
偏桃体が興奮していないということは平常心の状態だってことで
経験値が半端ないのと訓練もしっかり積んでるのかな。
血を見て卒倒するようなひとでは医者にはなれないのと同じじゃないか。

15: 2018/07/10(火) 16:33:04.67 ID:XeRtyAwC
車の初心者マークのときには誰でも緊張するが、そのうちさほどでもなくなる、と基本同じだろ
子供や田舎者が都会の大通りを渡る もしくは単に、新しい場所や人には誰でも緊張する 

25: 2018/07/11(水) 08:22:06.10 ID:J+EpCDzx
鉄塔とかの高所で片手でぶら下がったりするユーチューバーはやっぱり恐怖を感じないタイプだったんだな。
高所系のユーチューバーにロシア人が多いのはなんでだろう?

9: 2018/07/10(火) 13:40:50.49 ID:BI4ILMPC
崖で遊んでる山羊の脳も調べてほしい