1: 2018/07/17(火) 11:32:40.23 ID:CAP_USER
遺伝子を自在に操作できるゲノム編集技術の一つ「クリスパー・キャス9」を使うと、
DNAの一部が意図せずに消えてしまう恐れがあることを英国の研究チームが発見した。
医療への応用が期待される新技術の信頼性がゆらぐ結果で、チームは、
編集された遺伝子を徹底して調べるべきだと警鐘を鳴らしている。

 科学誌「ネイチャー・バイオテクノロジー」に17日、発表した。
チームは今回、マウスのES細胞(胚(はい)性幹細胞)やヒトの網膜細胞を使ってキャス9でゲノム編集を実施。

続きはソースで 

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL7G3FGYL7GULBJ002.html
ダウンロード (4)


引用元: 【ゲノム編集】ゲノム編集「クリスパー・キャス9」でDNAの一部が消失する欠陥、新技術の信頼ゆらぐ 英チーム[07/17]

スポンサーリンク
2: 2018/07/17(火) 11:36:10.12 ID:fWKYO1Uv
早くも実用化への壁か

3: 2018/07/17(火) 11:37:06.54 ID:aaDagtJP
もぐらたたき みたいにどこか押すと
どこかがぴょこっと飛び出るみたいなもんだな

4: 2018/07/17(火) 11:38:00.99 ID:1sqwcEUA
またホルマリン漬けの標本が増えるのか

5: 2018/07/17(火) 11:38:05.89 ID:cIUCC+mN
この手の技術は、過渡期にこういう問題点の指摘と改善が繰り返されるものだ

6: 2018/07/17(火) 11:45:03.85 ID:1JM9llM6
元々免疫機能で外部侵入のDNAの一部を消す機能なんでそうなって当たり前なんじゃね?

8: 2018/07/17(火) 11:47:23.86 ID:R/Oy2AOw
ジャンク遺伝子でも何らかのときに有用だったりする

自動車が買えるぐらいで簡単に遺伝子改変できるんだっけ?
植物はすでにやってるし、昆虫や家畜もいろいろ。

9: 2018/07/17(火) 12:13:19.01 ID:sEHr/kUX
俺は専門外だがそっち関係やってる同僚はいつもオフターゲットが云々言ってるし
こんなん当たり前かと思ったが(´・ω・`)

10: 2018/07/17(火) 12:19:52.12 ID:t00GodGV
テレビで、自分でDNA編集の注射してる人がいたけど、違う場所が編集されちゃってんのかね・・

14: 2018/07/17(火) 12:28:42.29 ID:/tbZoif2
ES細胞や胚の話であって一般化できる話なんかな?

16: 2018/07/17(火) 12:35:23.72 ID:hU9zimL2
この弊害は前から指摘されてたと思うが

17: 2018/07/17(火) 12:36:11.89 ID:RVq8SgsE
>>1
もう少し詳しく書けよ
ターゲット配列と重複する配列かどのくらいあったのかとか

20: 2018/07/17(火) 12:55:19.40 ID:M6OtPuB4
01/01の日付を02/02に置換したら2001/01のデータが大変なことになったでござる

21: 2018/07/17(火) 13:18:49.63 ID:N2Fjequc
これは本当に「欠陥」なのか?
自律的な自己補正機能が働くんじゃないのか?

22: 2018/07/17(火) 13:23:15.98 ID:nwN/0O/Z
精度低いのは業界では有名

23: 2018/07/17(火) 13:54:38.71 ID:RVq8SgsE
>>22
というか生化学だと成功率1%ありゃ十分だしな
あとはスクリーニングすりゃいいだけだし

29: 2018/07/17(火) 15:40:06.45 ID:INhlppx2
どんな薬も大量に飲めば死ぬ 醤油はおろか水も死ぬ 100%安全じゃないので服用禁止
あらゆる手術は成功率100%でなくては信頼性がないので完全禁止なら大門未知子のセリフはいらない

32: 2018/07/17(火) 16:28:28.40 ID:w93KXw/3
遺伝子変異間違ったら、がん化するだけじゃない?

41: 2018/07/18(水) 08:01:03.38 ID:1Ez+LNLe
>>32
違う
不要な遺伝子を切り取り、新たな遺伝子を挿入した部位はガンの抵抗力がない
色々分かってきたな

遺伝子を切り取り挿入するに当たってメールの文章編集のように簡単ではない

もっとピンポイントで正確に遺伝子を切り取り、さらに編集後も何らかの技術を使い、100%により近い形で一刻も早く研究して実用化を進めてもらいたいわ

想定内、普及まで後20年はかかるかな

35: 2018/07/17(火) 19:39:37.79 ID:4qbbcAEo
ノーベル賞はどうなんの?

36: 2018/07/17(火) 21:40:51.38 ID:KpuUO3kT
>>35
CRISPER/CAS9の応用範囲は遺伝子治療だけじゃないから、この程度は問題ない

iPSの受賞理由も幹細胞移植による再生医療の発展ではなくて、細胞初期化機構の発見に対して

37: 2018/07/18(水) 00:13:38.55 ID:CWgfClm3
目的配列だけに変異導入できないとしても、さして驚くことではない。

医学への応用が難しくても、生物学的に重要で、実験に有用だから、ノーベル賞は疑いない。

51: 2018/07/19(木) 15:54:50.51 ID:kgaUAkM+
>>37
ノックアウトマウスの人たちもノーベル賞取ったしな

43: 2018/07/18(水) 08:43:52.82 ID:1Ez+LNLe
例えばハダカネズミ

100%癌化しない細胞を持っている
これを応用するとか
今回のスレタイトルの意図しない遺伝子が消失するに当たっては予め周辺遺伝子を防御するとか

まだ不明な点があることは良いこと
いきなり普及しだしたらこっちも怖くて使えないからな

49: 2018/07/19(木) 08:27:21.39 ID:QTpVIsWI
この技術のルーツは日本人なんだけど、もしこれがノーベル賞とるなら、この人は
含まれそうなの?詳しい人おしえて

50: 2018/07/19(木) 15:52:49.60 ID:kgaUAkM+
>>49
ゲノム編集に一切関係ないから無理

ただでさえ3人枠の残り1枠を巡って激しい椅子取りゲームが展開されることが見込まれる

53: 2018/07/20(金) 19:20:27.66 ID:dQFbZNnU
量子が確率的に振る舞うの量子未満の構造を考慮していないからである
これと同じ様にゲノム編集って細胞スケールの話で分子スケールすら考慮してないよね
んでおそらくヌクレアーゼちゃんは分子スケールまで認知してる
塩基配列を構成するアミノ酸の分子構造まで考慮すれば成功率は飛躍的に上がるはず
まぁAIでどうぞ

18: 2018/07/17(火) 12:43:15.43 ID:OTRg5a7H
デバッグみたいなものか?

56: 2018/05/31(木) 12:22:22.57 ID:fdecaCLa
>>1
どれも別に、常識では?

化石から分かってる種の平均寿命もそんなもんだし、
遺伝的多様性も分布範囲や個体数じゃなくて集団の隔離が重要だろ。

そのあたりを定量的に評価したのが研究の要点なんじゃないの?

64: 2018/06/02(土) 05:48:56.03 ID:eBmr7tlW
熱帯の低緯度地域の方が生物多様性が多い
これを鑑みるに10万年前の寒冷な氷河期ではそれ以前から存続した種の多くは絶滅、多様性も進まず停滞
温暖になるにつれお互いに食料となる動植物も増え、突然変異種も生存する余裕が生まれ多様性が進んだっていう事じゃないのか

19: 2018/05/30(水) 20:06:34.21 ID:n8suv25D
10万年間の氷河期で全滅しかけて
今みたいなちょっと温暖な間に増えるのか