1: 2018/07/21(土) 19:27:52.53 ID:CAP_USER
太陽にこれまでで最も近い距離まで近づいて観測する探査機が来月打ち上げられるのを前に、NASA=アメリカ航空宇宙局が記者会見し、太陽で起きる現象の解明に期待を示しました。

NASAの太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」は来月6日以降に打ち上げられ、ことし11月以降、合わせて24回、太陽に接近し、太陽の表面からおよそ600万キロと、これまでより格段に近いところから観測する計画です。

NASAは打ち上げを前に20日、アメリカ南部フロリダ州のケネディ宇宙センターで記者会見を開きました。

続きはソースで

https://cdn.mainichi.jp/vol1/2018/07/21/20180721k0000e040340000p/9.jpg
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180721/K10011542801_1807211024_1807211026_01_02.jpg

NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180721/k10011542801000.html

ダウンロード (9)


引用元: 【宇宙開発】「太陽の謎 解明する」“最接近” 探査機来月打ち上げへ NASA[07/21]

スポンサーリンク
2: 2018/07/21(土) 19:31:07.20 ID:/C/TNZIo
地球より内側に探査機送るのって難しくね?

22: 2018/07/21(土) 21:20:06.07 ID:wkN641KN
>>2
水星にも金星にも、とっくに行ってるよ。

それと北朝鮮の探査機が、太陽に着陸してから間もないよなwww

5: 2018/07/21(土) 19:38:03.32 ID:tmA5yAHu
太陽から光速で20秒の位置か。
地球は太陽から光速で500秒だから、20秒はだいぶ近いな。

47: 2018/07/22(日) 20:49:38.48 ID:tr8dBsq0
>>5
20光秒ね。
光秒のスケール使うと感覚的にわかりやすいよね。
水星まで200光秒
金星まで360光秒
地球まで500光秒
ISS軌道が0.0013光秒
静止衛星軌道が0.12光秒
月-地球 が1.3光秒
太陽直径が4.6光秒
太陽一周が14.6光秒

太陽一周するのに光で14.6秒もかかり
水星軌道が以外と太陽から離れてるのがわかるよね。

7: 2018/07/21(土) 19:40:47.71 ID:j5zyf707
たまたまフレアがボワってなったら蒸発するんじゃねーか?

36: 2018/07/22(日) 05:11:05.15 ID:QPB8C1f0
>>7
沙羅曼蛇のあれを思い出した
プロミネンスだっけ

46: 2018/07/22(日) 15:57:18.26 ID:sWjUTxOg
>>36
くぐればセーフ
実際もそうなんだろうか?

9: 2018/07/21(土) 19:42:34.99 ID:H/MxVV+3
>>1
>太陽を取り囲むガス「コロナ」が表面温度をはるかに超える100万度にまで達する理由

ボイル=シャルルの法則じゃねえの?
圧力×体積=分子量×気体定数×温度 で
太陽表面の圧力から解放され(圧力が下がる)、体積が(圧力低下分以上に)極端に増大し、
左辺が極端に大きくなってそれに合わせて右辺の変化量である温度が増大したんじゃね?
位置エネルギーとか考慮してないけどw

10: 2018/07/21(土) 19:48:22.05 ID:J+gUpMpq
途中で何回か金星をフライバイする。
その際の画像撮影の方が楽しみだ(画像撮影があればだが)。
金星は既に日本のあかつきが周回中だが、それはそれこれはこれとして。

11: 2018/07/21(土) 19:49:55.91 ID:QRDNmQ29
太陽活動が不安定なんだろう、言わないだけでな
太陽ほど自己主張の強い天体が地上観測だけでは物足らず、となるとなあ

温暖化やプレートの不安定化など、色々ヤバイんだろコレ
本当なら400年周期で寒冷化に向かうとこなのに、日差しが強すぎるからな

17: 2018/07/21(土) 20:15:41.02 ID:0JK1E71M
>>11
まぁな
地球上の現象を突き詰めていくと太陽の活動に起因すると言っても間違いじゃないだろ

14: 2018/07/21(土) 20:04:40.13 ID:98AcaE/q
この暑い時期に、より暑くなるようなニュースを流さないように。
冬にやれ、冬に。

15: 2018/07/21(土) 20:09:05.77 ID:lG6ebyYi
そんなもんより謎に満ちた天体
オウムアムアの詳しい調査をしろよ
https://dl1.getuploader.com/g/Raiko/1267/20180721_200655.jpg

19: 2018/07/21(土) 20:43:33.30 ID:H/MxVV+3
>>15
探査機を送ろうにも速過ぎて追いつけない
太陽からどんどん離れて光学的にも捉えられなくなっている

16: 2018/07/21(土) 20:13:13.21 ID:j5zyf707
オウムアムアってただの彗星って話になったんじゃね?

18: 2018/07/21(土) 20:35:34.12 ID:dE7dPuhv
 大衆は本能的には何か良くないことが起こっていると感じるが、宇宙線の性質により、かれらが
感じていることを理性的な形で表現することができないか、知性をもって問題を扱うことができない。
それゆえ、かれらは助けを求める方法が解らず、宇宙線に対して自分を守るために他人と
協力する方法が解らない。

 宇宙線がじわじわと大衆を攻撃すると、大衆は(経済経由で心理的な)圧迫があまりにも
大きくなってマイってしまうまで、宇宙線の存在に自分を合わせ慣らし、生活への侵食を
耐え忍ぶことを学ぶ。

 宇宙線は社会の各個人の活力、選択の自由ならびに流動性に攻撃を加える。

20: 2018/07/21(土) 20:59:54.33 ID:yC0Wfa8b
地球に与える影響という意味で太陽の調査は非常に大事だ。
むしろ金が足りな過ぎたんじゃないか、今まで。

25: 2018/07/21(土) 21:56:49.72 ID:8N8oqDM6
>>厚さ10センチを超える炭素繊維でできた直径2.3メートルの耐熱板
現人類が作った最強のシールドかな

26: 2018/07/21(土) 22:01:07.91 ID:ERJLz6hn
太陽は地球のエネルギーの源
地熱と原子力以外はすべて太陽のおかげ
太陽は神

28: 2018/07/21(土) 22:57:37.98 ID:Vo6HOf6o
そして人類は、存在するはずのない「太陽に棲息する生命体」という存在を知ることになる…。

29: 2018/07/21(土) 22:59:32.89 ID:XU/MP1QP
予算を使うばっかりで、科学技術の進歩に対して寄与してない。

31: 2018/07/21(土) 23:48:46.41 ID:0Q3Ev4Ha
>>29
このミッションを見てそう思うなら、科学技術が~とか言わないほうが良い。
生きてて恥ずかしいレベル

33: 2018/07/22(日) 00:17:10.64 ID:4PWzEIwl
温暖化の原因です 太陽が原因だったのですね
二酸化炭素排出なんて 全然関係ないんです。
太陽相手じゃ 施しようがない 時間の問題です。
後 何万年後には地球は無くなるらしい。

39: 2018/07/22(日) 08:55:06.13 ID:rZPvZIC5
>>33
そしたら次は火星が丁度良い気候になるから問題ないよ
太陽がしぼめば金星
もでともっと膨らめば木星や土星周りの衛星とか
その辺の気候が良くなって生命条件整った所に魂が入るだけ
どの星にも微生物、植物、氷という形で種は有るから
あとは条件揃って時間かければ地球じゃなくても命は入る
そんだけなんだわ、宇宙て
あと砂場と同じ、空間に石ころが転がってるだけ

41: 2018/07/22(日) 10:56:30.28 ID:0UhNZEZZ
宇宙空間の熱伝達って輻射熱と荷電粒子でしょ?
鏡面処理して電磁バリア張ればもっと近くまで行けんじゃね?
と言うか太陽光に曝される観測装置が耐えられるのかなぁ

42: 2018/07/22(日) 11:17:13.62 ID:Ho2jHb98
スペクトル範囲にわたって高反射率獲得するの無理じゃね?

43: 2018/07/22(日) 11:50:13.61 ID:0UhNZEZZ
>>42
反射の仕組み考えると確かにそうね
精々やらないより増しって感じにしかならんか

44: 2018/07/22(日) 12:00:16.81 ID:Ho2jHb98
電磁波に直接干渉する方法があればな

48: 2018/07/22(日) 20:58:26.42 ID:tr8dBsq0
光秒をcmにしてモデルかしてみるとその大きさもイメージできる。
4.6cmの太陽に対し2m離れて水星、5m離れて地球。

27: 2018/07/21(土) 22:06:27.23 ID:A/AAJD2b
これにこそイカロスって名前付けるのがいいんじゃ