1: 2018/07/15(日) 20:45:28.43 ID:CAP_USER
2018/07/10 13:10:00
早川厚志

東北大学は、同大の研究グループが、就眠運動を引き起こす分子(イオンチャネル)を初めて発見し、それらが葉の上面側と下面側の細胞で不均等に発現することで、葉の動きが生まれることを明らかにしたことを発表した。

この成果は、東北大大学院理学研究科(兼務 同大学院生命科学研究科)上田実教授、及 川貴也大学院生、石丸泰寛助教、東北大学大学院工学研究科の魚住信之教授、浜本晋助教、
岡山大学大学院環境生命科学研究科の村田芳行教授、宗正晋太郎助教、 岩手大学農学部の吉川伸幸教授らによるもので、米国科学誌「カレント・バイオロジ ー」に掲載された。



就眠運動は紀元前から人類を魅了した(出所:東北大ニュースリリース※PDF)
https://news.mynavi.jp/article/20180710-661718/images/001.jpg


マメ科植物には、夜に葉を閉じ、朝には再び葉を開く就眠運動というユニークな現象が見られる。就眠運動に関する最古の記録は、紀元前アレキサンダ ー大王の時代に遡り、進化論のダーウィンが晩年、膨大な観察研究を行った。
昨年度ノーベル生理学医学賞の対象となった生物時計は、植物の就眠運動の観察から発見された。しかし、就眠運動の分子機構は、現在まで全く不明であり、関連する分子すら見つかっていなかった。

研究グループは、就眠運動を制御するイオンチャネルとして、アメリカネムノキから、カリウムチャネル SPORK2、陰イオンチャネル SsSLAH1および SsSLAH3 を発見した。このうち、陰イオンチャネル SsSLAH1が、就眠 運動のマスター制御因子として機能する。

続きはソースで

https://news.mynavi.jp/article/20180710-661718/
※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
ダウンロード (1)


引用元: 【就眠運動】東北大ら、マメの就眠運動を引き起こす分子を発見- ダーウィン以来の謎が解明

スポンサーリンク
3: 2018/07/15(日) 21:22:13.06 ID:iX+Nf7X2
豆を起こせ

5: 2018/07/15(日) 21:44:47.42 ID:cQhPPGJa
おおCCA1の支配下にあるのね おもしろい

6: 2018/07/15(日) 21:53:39.13 ID:eIRUP2LP
不均等か活動にフィボナッチみたいな法則性とか有るのかなぁ

7: 2018/07/15(日) 22:10:56.04 ID:PrECFwZm
>>1
ダーウィン以来の謎が解明  ×
ダーウィン以来の謎を解明  ○

謎が解明される
 
なら分かるんだけど、

10: 2018/07/15(日) 23:22:24.75 ID:7TP7+Kgo
クリのことか

11: 2018/07/16(月) 02:22:16.60 ID:9zIYfonp
マメの大成長運動の方も頼むわジャック

じゃあまずはここから全データを急いでハッキングしてくれクロエ

13: 2018/07/16(月) 12:23:20.56 ID:OtnhK37L
アメリカネムノキというと、日立のCMのアレ

8: 2018/07/15(日) 22:33:11.58 ID:yxo7vfUW
ダーウインにノーベル賞を