1: 2018/08/06(月) 21:33:54.85 ID:CAP_USER
■インドネシアの小さな島民のDNAを分析、謎の原人とのつながりを調べた

 インドネシアのフローレス島で見つかった、身長1メートル強の謎の人類「フローレス原人」。島に現在暮らしている背の低い村人たちの集団は、果たしてこの謎の人類の末裔なのだろうか。その謎に挑んだ研究成果が、8月3日付け学術誌「サイエンス」に発表された。

 フローレス島のリアンブア洞窟で初期人類の女性の化石が発掘されたのは2003年のこと。背が低いことから当初は子どもの骨と考えられたが、実は成人だった。その小型の人類はまもなく新種と判明し、フローレス原人(ホ◯・フロレシエンシス)と命名された。

 その後、フローレス原人を人類の系図のどこに位置づけるかをめぐっては、激しい論争が繰り広げられてきた。今回の論文は、著者のリチャード・E・グリーン氏いわく「ホビット(フローレス原人の愛称)という大いなる謎」の最新の1章だ。

 米カリフォルニア大学サンタクルーズ校の計算生物学者であるグリーン氏は、国際研究チームとともに、リアンブア洞窟に近いランパササ(Rampasasa)村の住民のDNAを調べた。この村の住民はおおむね身長が低い。調査の目的は、彼らのような現代の低身長の集団の中にフローレス原人のDNAが生きながらえているかどうかを知ることにあった。

「結論から言うと、答えはノーでした」とグリーン氏。「一生懸命探しましたが、その証拠はまったく見つかりませんでした」。どうやらフローレス島の人類では、低身長になっていく進化的適応が、数万年の歳月を隔てて少なくとも2回起きたようだ。

■「着眼点が非常に興味深かった」

 研究者たちは少しずつフローレス原人の物語を組み立ててきた。彼らはおそらく、今から100万年前にこの地域に生息していたホ◯・エレクトスの子孫だ。フローレス原人がフローレス島に住んでいた時期は厳密にはわかっていないが、洞窟付近で発見された顎の骨と歯から考えると、この島の人類の一部は70万年前には小型化していたようだ。フローレス原人の化石は10万~6万年前のものとされていて、島で見つかった彼らの石器は、分析の結果、19万年~5万年前のものとされている。

 一部の研究者は、フローレス原人は新種ではなく、その小ささはダウン症や小人症によって説明できると主張している。2011年に発表された論文では、フローレス原人と現代のランパササ村で暮らすピグミーの顔面の比率が非常に近いと指摘、フローレス原人は小頭症に伴う成長不全として説明できると主張していた。グリーン氏はこの説には反対するが、「着眼点が非常に興味深かった。私が見ても、偶然とは思えませんでした」と言う。そして、この論文が今回の研究のきっかけになった。

 グリーン氏は当時、ネアンデルタール人のゲノムの配列を調べたところだった。彼のチームはこの研究の一環として、現生人類の遺伝子にネアンデルタール人の遺伝子がわずかに含まれていることを発見した。「機会さえあれば、あらゆるものがあらゆるものに混入するのかもしれません」。グリーン氏はフローレス原人についても同じことが言えるかもしれないと考えた。

 そこでグリーン氏は、欧州、オーストラリア、インドネシアの研究者からなるチームとともに、現代の島民のゲノムを分析し、その祖先がフローレス原人と交雑したことがあるかどうかを調べることにした。

続きはソースで

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/080300214/ph_thumb.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/080300214/
ダウンロード


引用元: 【人類学】フローレス原人は現代の島民の祖先か?インドネシアの小さな島民のDNAを分析 最新研究[08/06]

スポンサーリンク
5: 2018/08/06(月) 22:27:35.77 ID:kUrE1Lw/
コロボックル

7: 2018/08/06(月) 22:49:26.29 ID:zwP/tsaQ
潮風を 頬に受け 裸足で駆けてく ♪

8: 2018/08/06(月) 23:12:36.08 ID:buXw71E4
>>7

それはフローネ
信長に謁見して、あることないこと書き散らした・・・

30: 2018/08/12(日) 12:26:37.23 ID:hJCL2AMG
>>8
それはフロイス

12: 2018/08/06(月) 23:41:48.35 ID:yZQ27wzB
馬鹿らしい、年代が離れてるだろ

15: 2018/08/07(火) 08:20:03.43 ID:uzVoXFBO
>>12
離れてないよ
これ学者さん的には原人と新人は交配できたか、交配したか、てことなんだと思うよ

17: 2018/08/07(火) 11:35:31.89 ID:8DDqkLGW
原人からサピエンスにはならんだろww

19: 2018/08/07(火) 12:12:08.79 ID:EUgqpj0b
>>17
いや、お前だって原人の血が一滴も流れてないとは言えないぞ
ネアンが流れてるのが分かったのも比較できたからだからな
もし状態のいい原人遺伝子が見つかればそうならないという保証はない

18: 2018/08/07(火) 12:07:27.60 ID:B968+RDk
島に隔離されると動物は矮小化するからじゃね

23: 2018/08/07(火) 19:52:34.51 ID:HBe02MbY
ゾウは小さく
ヒトも小さく

しかしハゲコウは大きく
オオトカゲは大きく
ネズミも大きく
クワガタも大きく

24: 2018/08/07(火) 23:05:45.28 ID:5tAMpNDl
> 「結論から言うと、答えはノーでした」

えええ!?
マジか……てっきり交雑したんだと思ってたよ……
島々を渡り歩くのに体が小さい方が有利だった、とかかねえ

28: 2018/08/12(日) 01:02:01.38 ID:us0mRzTX
小さいおっさんの正体

29: 2018/08/12(日) 01:31:25.28 ID:8+ulgmrU
脳が小さくなったぶん、ものすごく馬鹿だったかもしれない。

31: 2018/08/13(月) 00:26:27.67 ID:QiEecD+w
>食料の不足(一般に島嶼化の原因とされている)

島嶼化の原因はこれじゃない
それが原因なら大陸でも起こるはず
そうじゃなくてサイズに対する競争圧が減るため小型化するというのが正解

34: 2018/08/16(木) 00:56:34.24 ID:CVv2jAJg
よく分からん説明だな
サモア人とか島嶼でも巨大な体だしな
何故小型化しなかったのか?
食料を理由にするのは納得しづらい

35: 2018/08/16(木) 02:53:32.36 ID:FbdlQcaJ
>>34
オーストロネシア語族は、約3000年以上前に台湾ー琉球の故地を離れてまずフィリピンー東南アジアーニューギニア沿岸部に広がった。
そこで約1000年かけてフィジカルな進化(小さかったのが、大量の脂肪をため込む体質と、操船に適した巨大な体格)を遂げ、
約2000年前からハワイー南太平洋ーオセアニアーインド洋全域に広がった。
サモア人は島嶼に幽閉された人々ではなく、環太平洋ー環インド洋の広大な領域を自由自在に流動する交易の民だ。だから巨大な身体を持っている。

36: 2018/08/16(木) 10:15:59.46 ID:ph+GN6Cm
海の上をダブルカヌーなどで移動するため夜に体が冷えるから
体が大きくないと生き残れなかった、なんて説があるな

32: 2018/08/13(月) 08:57:12.50 ID:uUzpgRlx
小さい方が食料資源の限られた島で生き延びるために有利だから、というのが通常の説明