1: 2018/08/18(土) 20:42:20.07 ID:CAP_USER
従来の品種よりも多くの収穫をあげることができる稲や小麦などを開発するために、窒素吸収能力を強化する遺伝子を特定して少ない肥料でより多くの収穫が期待できるような新しい品種の稲を開発したという研究が報告されています。この研究はかつて「緑の革命」と呼ばれた大規模な農業革命を引き継いだもので、使用する肥料の量を減らすことで環境への影響を減らすことができると期待されています。

‘Green revolution’ crops bred to slash fertilizer use
https://www.nature.com/articles/d41586-018-05980-7

1940年代から1960年代にかけて、「より多くの収穫量を望める品種の導入」「より効率的な灌漑(かんがい)の敷設」「化学肥料や農薬の大量投入」などによって、穀物の生産性が飛躍的に向上した一連の取り組みを「緑の革命」と呼びます。その後も農業の革命は続き、1961年におよそ7億7400万トンだった世界全体の穀物収穫量は、1985年には倍以上の16億2000万トンに増加しています。

カーネギー研究所の植物科学者であるキャスリン・バートン氏は「『緑の革命はもう終わってしまった』と思っていたとしたら、それは間違いです」と語り、倍以上の収穫量を得てもなお、穀物の栽培技術にはまだ改善の余地があると指摘しています。

穀物を含め、植物が成長するためには窒素などの栄養分が必要です。栄養分や微生物を多く抱えた肥えた土地であれば、作物は十分栄養分を吸収できますが、そうでない場合は化学肥料が必要となります。2015年だけでも、世界全体でおよそ1億400万トンの肥料が使われたといわれています。

by U.S. Department of Agriculture

続きはソースで

https://i.gzn.jp/img/2018/08/17/green-revolution-crops/a02.jpg
GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20180817-green-revolution-crops/
ダウンロード


引用元: 【植物学】第二の「緑の革命」を起こし得る新しい品種の稲が開発される[08/17]

スポンサーリンク
4: 2018/08/18(土) 20:50:02.47 ID:8GciOOee
>「緑の革命」で開発された品種は、台風やモンスーンによって収穫前に倒伏
>するのを防ぐため、植物の丈が低くなるような品種改良が行われています。
>研究チームは、「緑の革命」で開発された品種の中でDELLAタンパク質の
>分解システムがなんらかの理由で機能していないと考えました。

前後の脈絡が理解しにくい文章だな

62: 2018/08/27(月) 00:13:28.52 ID:iS4vxIlq
>>4
ああ、通りで……
理解しづらいのは眠いからじゃなかったのか

5: 2018/08/18(土) 20:55:28.36 ID:urawdJP2
窒素吸収不良にさせる「DELLAタンパク質」←なければ肥料が少なくて済む
緑の革命の品種はモンスーンで倒れにくい背が低い種類が多い
(「DELLAタンパク質が働いて背が低い可能性」)

6: 2018/08/18(土) 20:56:18.93 ID:HpDyDISf
東南アジアではタイだけはどこもかしこもとりあえず雨季に米、という政策のせいで
他国よりもhaあたり収量では少ないんだよなあ
昨今ではインドにも劣るとまで言われ始めたw

ベトナムは物凄く米が取れるようだが、彼らは真面目で乾季にも耐えられるように貯水池を幾つも作り
年に3.5回も米を取るという

緑の革命と言えば「肥料を十分に使った時だけ謳い文句通りの収量が得られるが農家の常識的な収入ではそんな
肥料は買えず、そうなると普通の米の品種と変わらず、挙句は種もみ代だけ余分に金が掛かり農家が却って貧しくなった」などと
複数メディアで叩かれたが、その後も少しずつ進んでるんだよなあ

7: 2018/08/18(土) 21:08:03.93 ID:bISQg94F
モンサントみたいに嫌われないで遺伝子組み換え植物マンセー文章作るのはむずかしいねw

9: 2018/08/19(日) 02:51:29.14 ID:5BkjFceG
C4植物遺伝子を穀物に移植出来たのかな?

11: 2018/08/19(日) 08:33:19.13 ID:lYr33o2k
>>9
トウモロコシはC4作物だぞ?
米や麦という意味ならそれは革命的な成果をもたらすだろうなあ

10: 2018/08/19(日) 04:08:17.42 ID:X4pLTsAM
窒素固定能力を米と麦に移植すればええがな

13: 2018/08/19(日) 11:38:01.48 ID:VqEED09a
>>10
アンモニア合成するニトロゲナーゼの酸素への弱さを克服するために細菌すら専用の細胞への分化が必要なくらいめんどくさいから、
イネやコムギと共生してくれる窒素固定細菌作ってばら撒いた方が早そうだが、そんなことしたらイネ科雑草だらけになるんだろうな。

12: 2018/08/19(日) 11:17:29.24 ID:p6dPXUHZ
窒素は大気中からまかなえる可能性があるけど、
リンとかその他はやっぱり補充しないとダメだよな?

13: 2018/08/19(日) 11:38:01.48 ID:VqEED09a
>>12
植物自身は空中の窒素を利用できるわけじゃないでしょ。
車の排ガスの中の窒素酸化物なら使えるけど。

60: 2018/08/26(日) 23:41:15.47 ID:LcdfuG/b
>>12
夜中に人間に寄生すれば大丈夫

14: 2018/08/19(日) 11:43:39.07 ID:l6B4BaA4
穀倉地帯から輸入したほうが安い

16: 2018/08/19(日) 12:59:58.73 ID:4cUGzCsj
>>14
そういう問題じゃない

17: 2018/08/19(日) 13:23:22.57 ID:KqY8bOQx
それより低収量でいいから水が少なくて済む品種作ってにして砂漠で稲作しろよ
そうすりゃ耕地面積の問題は解決

36: 2018/08/20(月) 14:25:06.61 ID:Nnyv/5Og
>>17 日本は海洋国だから海水で育てることのできる稲、麦、とうもろこし、大豆とかに憧れるよな。
品種改良で何とかならないのかな海上に筏(メガフロート等)を浮かべてその場にある海水で水耕栽培をするって感じのやつ。

18: 2018/08/19(日) 14:00:29.56 ID:aUugQr2N
空中の水分も固定できればいいね

19: 2018/08/19(日) 14:20:32.40 ID:a+jkZLxh
空中元素固定装置

22: 2018/08/19(日) 19:27:36.76 ID:1irhhyj0
人類がいなくなった後は鳥類のかっこうのエサになるな

23: 2018/08/19(日) 22:53:19.15 ID:033d9xyb
緑の革命ってGHQが日本から奪った
農林10号(小麦)が元で
しかも日本人じゃなくてアメリカ人が
ノーベル賞取ってるじゃないか

24: 2018/08/20(月) 01:26:32.11 ID:3d8JYoRa
ポーローグの品種改良は戦前じゃなかったか?

25: 2018/08/20(月) 01:39:57.88 ID:m82XVQgx
>>1
緑の革命は畜産廃止でもできる。
畜産は、18%のカロリーしか供給しないのに、世界の食用作物の4割を消費している。
肉を育てるには5倍程度の植物が必要だからだ。
畜産は即時廃止し食用作物を解放すべき。

57: 2018/08/26(日) 21:17:16.87 ID:fx1h3BO0
>>56
マメ類で、今より必須アミノ酸をもっと動物性たんぱく質に近い組成で
含むものを遺伝子組み換えでもいいから作れないのかなあ

28: 2018/08/20(月) 06:48:55.11 ID:q27uD9Dg
次の緑革命が来るとすれば海水で育つ稲だろう
サバクを海水を引き込んで田んぼにできるから耕地が無尽蔵に増やせる

29: 2018/08/20(月) 07:31:02.62 ID:UgQdaWUV
>>28
海の上に発泡スチロール製の田んぼができるかもしれん

33: 2018/08/20(月) 10:16:18.29 ID:9QjXYk06
>>29
そっちの方がいい
砂漠に海水を引き込むとどんどん塩田になっちゃうw

大量に出来た塩化マグネシウムから太陽光発電でマグネシウムを生成し
出来たマグネシウムを電池として使って昼夜電力の差を減らすなんてのも出来るが
それはまた別の話として

あと発泡スチロールより、そこらの石灰岩を原料にした
超軽量コンクリートというのもある
これは水に浮く

31: 2018/08/20(月) 08:01:57.41 ID:g9eM3bVJ
JICAがネリカ米という新品種を開発してアフリカ各国で広めてるのは知ってる

32: 2018/08/20(月) 08:48:02.32 ID:oqqS/7c/
その稲の収穫後は草一本生えない不毛の大地が広がったりして。

34: 2018/08/20(月) 13:01:00.59 ID:n4tUql8W
海水で育つ稲はもうある
中国にある

37: 2018/08/20(月) 14:52:07.63 ID:9QjXYk06
>>34
あれはまだ薄めた海水で育った!というレベルであり、
3%の塩水でも育ったぞ!って訳ではないとの事

46: 2018/08/21(火) 09:23:48.69 ID:aB4peMru
>>37
それでも、汽水で農作物が作れるとなると、耕作面積が格段に増えるし、諫早湾みたいな事も無くなる。

40: 2018/08/20(月) 17:23:11.25 ID:NswAlgJy
問題は味と硝酸態窒素の含有量。