1: 2018/08/16(木) 17:01:13.44 ID:CAP_USER
NASAの研究者たちは、太陽風が届く範囲(太陽圏、ヘリオスフィア)の最も外側にあるとされる"水素の壁"を、太陽系外縁天体探査機ニューホライズンズが観測したと発表しました。この"水素の壁"は約30年前にボイジャー1号が観測したのと同じものと考えられます。

太陽が放出する太陽風は、冥王星よりもさらに遠くへと吹き及びます。しかしその太陽風にもそれ以上進めなくなる範囲があり、そこでは太陽系の外側から飛んでくる星間風との境界ができます。
研究者らは、ニューホライズンズの紫外線観測において、通常では見られない紫外線の"煌めき"を観測したとのこと。これはボイジャー1号も観測したもので、潜在的に凝集された水素による壁が、惑星間空間からやってきた紫外線を拡散している現象と考えられています。

ただし、研究者らはこの紫外光が"水素壁"によるものかどうか、またはそれがボイジャーが観測したものと同じかどうかはまだ確信が持てないとしています。

続きはソースで 

https://s.aolcdn.com/hss/storage/midas/936b86d5919179e262a755af1b64726/206591861/mianNH.jpg


https://japanese.engadget.com/2018/08/13/hydrogen-wall/
images


引用元: 太陽圏の端の「水素壁」か。太陽系外縁探査機ニューホライズンズが不自然な紫外線の拡散を観測[08/14]

2: 2018/08/16(木) 17:10:37.69 ID:USkej99O
その水素の壁が結果的に外宇宙からの強力な紫外線から地球の生命を守っているということか。

5: 2018/08/16(木) 17:23:38.74 ID:VG1I95eo
>>2
外宇宙の前にその何十(何千?)万倍もの強力な紫外線を太陽から受けてるだろ

6: 2018/08/16(木) 17:27:05.06 ID:6eMDFJeL
太陽を中心とした海王星軌道をコンパクトディスクの大きさまで縮小する
中央の穴の中には水金地火と小惑星帯までが収まっている
そうすると4光年離れたいちばん近いお隣の星は500メートルの距離まで近づいてくる
四十年も前に出発したボイジャーなら何とかしてくれそうだろ?
いまボイジャー1号は、穴の中心から28センチを超えたところにいる
30センチ定規を渡り切るのは東京2020が終わった秋頃の予定だ

18: 2018/08/17(金) 02:12:13.75 ID:Z0+hTA3B
>>6
この手の例えを見るたびに、人間の無力さを感じる
寿命が1000年ぐらい無いと宇宙行っても意味なさげ

57: 2018/08/19(日) 05:50:55.18 ID:qiyufwaE
>>6
やっぱワープ航法早く開発しようぜ

銀河系同士の交差があってもこんなスカスカじゃ惑星の衝突って起こりそうもないね

8: 2018/08/16(木) 17:30:52.38 ID:BOxH81VO
壁の厚み(濃度?)の分布によって星間風の向きと強さが推定できるの?
あるいは壁の太陽からの距離ってわかるの?

10: 2018/08/16(木) 19:08:47.21 ID:GnsNFCa0
酸素ばら撒いたら水ができるの?

53: 2018/08/19(日) 01:43:00.88 ID:1mkvILhR
>>10
酸素のプラズマができて緑に輝くだけです。

11: 2018/08/16(木) 19:30:54.43 ID:UKAU/+AH
>>1
宇宙空間なんて地上の感覚で言えば超高真空のはずなのにどうして風の境界ができる?
スカスカの空間で原子は互いにぶつからず素通りするとしか思えないのだが(´・ω・`)

54: 2018/08/19(日) 01:52:07.72 ID:1mkvILhR
>>11
そう思うだろ?
ところが実際に観測されてんだよね。ハッブルとかで。
衝撃波面が映像として得られてる。

地球付近の太陽風の密度も一般常識的には超高真空だけど、
地球の超高層大気(これも実質的には超高真空)とぶつかる箇所で衝撃波面が生成されてて、これは人工衛星で直接観測されてる。
まぁこっちは磁場の影響が強いけどね。太陽と銀河間にも磁場が影響してるんではと言う説もある。

太陽の銀河系風との衝撃波面は存在が証明されておらず、無いんじゃないの、
という見解もあるけれど、今回の観測結果が正しいなら、やっぱあるんだね、って話になると思われる。

56: 2018/08/19(日) 05:18:59.97 ID:bdmZS2ux
>>54
Wikipediaで「バウショック」の項目を見ると
実際の観測画像が載ってるね

16: 2018/08/16(木) 23:35:27.53 ID:gzuVa8Rn
>>1
中学の英語の教科書かよっ

22: 2018/08/17(金) 11:53:24.33 ID:EL3A+yUK
原子、太陽系、銀河系、宇宙は相似形。

23: 2018/08/17(金) 11:59:39.61 ID:FmtmaVWw
>>1
>ニューホライズンズはボイジャーに比べて非常に高速で太陽系外へと向かっており、

ヘリオスフィアの終わりに到達するのがいくらなんでも早すぎだろと思ったら、こういうことなのね

25: 2018/08/17(金) 12:10:09.70 ID:ZQkmmxDA
様々なデータから、水素壁を画像化できるとか、すごすぎる

31: 2018/08/17(金) 17:15:47.29 ID:WhTwL5RH
仮説をもとに仮説を積み上げて、辻褄が合わなくなると、さらに仮説を捏造(笑)

32: 2018/08/17(金) 17:33:58.61 ID:w1qRImf+
遠い将来には、水素壁が排他的経済宙域の境界になるのかなぁ(ポワワ

38: 2018/08/18(土) 07:43:24.17 ID:lZ29N+ks
>しかし、ボイジャー1号のように惑星間空間まで到達するには、まだ30年以上の時間がかかります。

恒星間空間ではなく?

39: 2018/08/18(土) 09:20:27.89 ID:UFo9Wp6v
>>38
厳密に言うとボイジャーはまだ太陽系を出てない。

40: 2018/08/18(土) 09:38:33.58 ID:7dzhCHAs
なんてすばらしい話だろう
日本もこういう楽しい衛星を打ち上げてほしい

42: 2018/08/18(土) 10:18:36.35 ID:Gn+gQJtT
壁が出来るメカニズムが判らない。

水素は太陽風に押されて太陽系外へ向けて動いてきたが
太陽の引力で徐々に減速してそこで停止したということか?
それなら外向きの力は失われたのであとは太陽に向かって
落下するのではないかな?
壁が出来るのは惑星のように周回軌道を取っている場合だけじゃないかな。

44: 2018/08/18(土) 19:23:03.62 ID:sSdnRuKr
>>42
火災現場が風で煽られれば、小さく微細なススほど遠くまで飛ぶ。

それだけのことだ。

48: 2018/08/18(土) 21:04:15.01 ID:2zbv5IP9
>>42
単純に
太陽風<銀河系風
になる境界面ってことでは

45: 2018/08/18(土) 20:32:44.96 ID:hGMH8+4G
いちいち冥王星って単語出すあたりアメリカだなあ

46: 2018/08/18(土) 20:37:14.02 ID:D+ZojA+o
太陽から太陽風が吹いてる ←わかる

太陽系の外側から飛んでくる星間風 ←そんなもんがあったのか

47: 2018/08/18(土) 20:57:16.55 ID:dgpF8maf
そりゃ原理からいって風を飛ばしてるのは太陽だけなわけはないわけでね
他の近隣の恒星等も飛ばしてるわけだ

49: 2018/08/18(土) 21:15:01.27 ID:ZDfb2DRg
星間風というのは星間物質それ自体の事だがね
それぞれの恒星の太陽風の事じゃない

恒星から放出されている物質粒子は基本的にその恒星系の
磁気的・重力的領域に留まるから

52: 2018/08/19(日) 01:29:05.32 ID:sV6DXH6p
>>1
>ニューホライズンズはボイジャーに比べて非常に高速で太陽系外へと向かっており

いや、これ違うだろ。
ボイジャー1号は木星と土星でスイングバイしたので現在、秒速17kmなのに対し、
ニューホライズンズは木星のみのスイングバイなので現在、秒速14kmと遅い。

59: 2018/08/21(火) 19:56:29.58 ID:KCADDYOV
水素に包まれてる恒星に見えるのか