1: 2018/08/23(木) 19:16:44.88 ID:CAP_USER
<学術書が売れない状況は悪化傾向にあるが、その要因は出版事情の厳しさだけではない。もう一つの大きな問題は、日本語での学術書が占める地位が変わってきていることだが、そうであれば日本語の学術書はもう必要ではないのだろうか>

出版事情厳しき折にお引き受けいただきありがたい、というのは、学術書における担当編集者や出版社への謝辞の定番的な表現である。この表現はかなり古くからあり、厳しくない時代が直近だといつにあったのか、そもそもそんな時代はなかったのではないかという疑問は禁じ得ない。しかし、学術書を出しても売れず、出版助成を得ない限りは製作費用も回収できない状況が、改善されるどころか悪化傾向にあることは確かなのであろう。

背景にはさまざまな要因が存在するようだが、大きく分けると二つの問題に帰着するように思われる。

第一には、本を読む人や支払う金額が減っていることである。少子高齢化を伴った人口減少と、電子媒体の急激な発展や普及の挟み撃ちに遭って、印刷された本が流通する日本語の出版市場は縮小している。出版科学研究所のデータによれば、ピーク時の一九九六年に一兆一〇〇〇億円ほどあった書籍の推定販売額は、二〇一七年には七一五二億円になったという(同研究所の二〇一八年一月二五日発表。時事通信電子版記事による)。電子書籍の市場拡大は紙書籍の市場縮小に及ばず、雑誌の凋落が出版社をさらに苦しめている。

学術書の場合、このような金額に表れる一般書とは定価設定や売れ方が全く異なっており、書籍の市場縮小から直接的に打撃を受けているとはいえないかもしれない。しかし、岩波書店、講談社、中央公論新社など、一般書を扱う出版社から学術書が刊行されることも少なくない日本の出版事情を考えると、間接的な影響はやはり無視できない。

第二の、そして本稿でとくに考えてみたい要因としては、日本語での学術書が占める地位が変わってきていることである。もともと、書籍という形態で研究業績を公表する傾向は、人文社会系において強く、自然科学系において乏しかった。本になるような大きな研究成果が、いきなり書き下ろされることは珍しい。論文としていくつかの部分や原型が公表され、それに対する評価などを踏まえて書籍へとまとめていくのが通例である。原型となる論文を、自然科学系では英語で書くのに対して、人文社会系では日本語で書くことが多かったために、そのまま日本語の学術書にするという流れがあったのだと考えられる。

ところが現在、人文社会系におけるこのような流れは急激に変化している。大きな理由は、日本の学術の国際化という掛け声の下、研究業績を英語で公表すべきであるという主張が強まっていることである。関連して、英語で先鋭的な研究成果をどれだけ公表できるかが研究者の評価を決めるのであって、総説的な要素をそれに付け加えた日本語書籍を出版する意義は乏しいという意見も力を得ている。もちろん、日本語の学術書が無駄だという強い議論は稀だが、時間や労力に限界を抱える個々の研究者が、それを割いて取り組むべきこととしての優先順位は残念ながら低く抑えざるを得ない、という雰囲気は確実に強まっているように思われる(この問題を扱った注目すべき見解として、曽我謙悟「『現代日本の官僚制』のあとがきのあとがき」『UP』第五三五号、二〇一七年)。

続きはソースで

https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2018/08/asteion88_machidori_180823-thumb-720xauto.jpg

ニューズウィーク日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/culture/2018/08/post-10830.php
ダウンロード (1)


引用元: 【話題】学術言語としての日本語 日本語での学術書が占める地位が変わってきている[08/23]

スポンサーリンク
2: 2018/08/23(木) 19:22:26.89 ID:0wB3c5FY
何これ
論文なんて英語で書くもんだろ

19: 2018/08/23(木) 20:50:05.91 ID:rqwCDZQZ
>>2
日本語で書いていけない理由はないよ。

そもそも英語で書こうが載らないなら意味はない。

29: 2018/08/24(金) 00:28:07.07 ID:DpPtcvGy
>>2
> 論文なんて英語で書くもんだろ

自然科学(とその応用)系つまり理工医薬農系以外の人文科学系や社会科学系の研究者の書く論文のほとんどは日本語で書かれている
だからそれらの分野だと、日本の中では碩学なんて言われて威張っていても海外では全くの無名研究者で向うの大学院生にも及ばないことは普通にある
また自然科学系でも工学系とかだと国内学会の論文誌に日本語でオリジナル論文を発表しているケースはさほど珍しくない

3: 2018/08/23(木) 19:28:57.61 ID:1mHQ3Zz1
電子本化とその時代
自動翻訳とその時代
AIくんが内外のどの本や文献に何がどう書かれているか瞬時に答えてくれる
AIくんがおまえらレベルの研究なら何語の1本1冊にでも2秒で書き上げてくれる
AIくんがおまえらレベルの研究なら研究そのものを2秒で行い完了する

6: 2018/08/23(木) 19:34:51.07 ID:eCKGYsu2
 紙媒体の費用の問題ですな。
 つまり紙媒体の「本」に対する「思い入れ」という軛に関する対応をどうすべきであるかという問題。
 まあ小生はいつも図書館から借りているので偉そうなことは言えない。

7: 2018/08/23(木) 19:36:15.41 ID:kSluC4js
日本の場合は書く能力がそもそもないんだろ
自分の印税のために講義を受講した学生に買わせる幼稚な本を用意するのがせいぜいなんだろ

8: 2018/08/23(木) 19:38:47.54 ID:98YM3QnQ
概念を輸入してせっかく日本語化しても
いっしょにワイワイ騒げる仲間が減ってきた
もう英語でいいんじゃね?概念をドンドン輸入し膨らみ続け学術標準言語になってるし

24: 2018/08/23(木) 21:42:56.42 ID:CC6CYhZG
>>8
偉大な先人たちに続くことは出来なかったってことだよね。
国が縮小してるから仕方がないけどなんか寂しいもんだ。

45: 2018/08/24(金) 16:08:06.99 ID:9mir4ZUy
>>24
「デフレ不景気を止めて資本主義のまともな回転を復活させろ」で済むんだがな
やればいいことは分かっているのにやろうとしない
逆にやっちゃいけない消費税増税はやる
挙句は「国際化が足りないからだ!英語必修化!」ときたもんだw

9: 2018/08/23(木) 19:43:33.43 ID:qRucPs5x
自然科学系の場合はインパクトファクターのある雑誌に投稿しないと評価されない。
日本国の雑誌はインパクトファクター0だから。
0はいくら積み重ねても0
即ち、日本国の論文をいくら書いても全く実績にならない。

究極のグローバル

11: 2018/08/23(木) 19:47:06.76 ID:qRucPs5x
>>9
大学の研究者の評価もインパクトファクターだし。

10: 2018/08/23(木) 19:44:52.02 ID:PetyFfaN
人文社会系の「学者」の多くが、うさん臭い政治活動家だということがバレてきたから、
そういう人たちの論文自体読む価値があるのか疑わしい。
ていうか、人文社会系の「学者」は論文なんか書いてるの?

13: 2018/08/23(木) 19:57:31.27 ID:qRucPs5x
自然科学系は30年も前から英語で論文書かないと評価されなかった。

15: 2018/08/23(木) 19:59:42.16 ID:qRucPs5x
それより問題になってるのは論文が電子化されて、一流の雑誌そのものが売れない事では?

16: 2018/08/23(木) 20:07:38.45 ID:28BxfdzS
英文学の奴らが日本語で論文を書くのは驚く。
教育学関係も日本語ばかり。
どちらも世界には通用しないから。

20: 2018/08/23(木) 20:51:18.42 ID:rqwCDZQZ
>>16
馬鹿は現実を知らない自分が理解できないから、自分の知ってる世界が全てだと思う。

で、大恥をかくのだが、学者研究者の世界では悪口は本人には言わないから伝わらない。

18: 2018/08/23(木) 20:27:41.94 ID:D/SSgufi
国文学はいいだろ
メリケンは知りたきゃ日本語学んでこいっていう分野だろうし

21: 2018/08/23(木) 21:21:10.42 ID:eI8e5NYF
まさに「英語化は愚民化」だな。この本の予言が当たったね。日本語は知的言語ではなくなり、現地語化すると。

27: 2018/08/23(木) 23:59:22.62 ID:0wB3c5FY
>>21
保守の奴らがやたら英語批判するが学術の現実を知らなすぎ

28: 2018/08/24(金) 00:03:10.77 ID:VeNIYZDI
>>27
ラテン語を蹴ってフランス語で書いた人物もいたろ

22: 2018/08/23(木) 21:25:13.23 ID:2lpXl5Rq
日本語は動詞が最後だし無駄に印象表現が多いから物事を記述するには向いてない
結論や要点は最低限の不完全な情報だから補足が必要になるのが当たり前なんだけど
思考が動詞が最後の日本語ベースだと結論を補足する習慣が無く早とちり、誤解を生みやすいので会話も不向き
様式美はあるけど機能美は皆無なのが日本語だと思う
言語は英語に統一でいいよ

42: 2018/08/24(金) 13:33:11.67 ID:nICvQ8NE
>>22
お前は日本語の使い方をわかっていないだけ
だいたい英語は不規則変化が多すぎる欠陥言語
世界中で自然科学系の教科書を自国語で出せる国がどれだけあるか知ってるか?
多くの国じゃ「仕方なく」英語の教科書を使ってるんだよ

45: 2018/08/24(金) 16:08:06.99 ID:9mir4ZUy
>>42
ラテン語やドイツ語も動詞が最後に来るよな
SVOの方が少数派なんだから

23: 2018/08/23(木) 21:40:24.32 ID:CC6CYhZG
日本語だろうが英語だろうが中身が全てだと思うけど。
まあ凡庸な内容なら英語で書いたほうが幅広く読んで貰えるってだけでさ。

30: 2018/08/24(金) 00:37:04.74 ID:ZY1ojwiL
日本史学とか国文学は英語で論文書いても仕方ないからほとんどが日本語
あとは法学系でも法哲学とか比較法みたいな分野でなければ多くが日本語

32: 2018/08/24(金) 03:23:22.15 ID:RBZVRI5L
日本なんて大学所属研究者の待遇をどんどん悪化させている国なのに、
彼らに何を期待しているんだか。

33: 2018/08/24(金) 03:32:00.03 ID:A6ZAdlhr
英語の勉強してる暇あったら研究に費やすか家族サービスでもしてた方がいいわ

75: 2018/08/25(土) 03:04:30.87 ID:fQvuq5b3
>>33
その通り。
どうせ人工知能が発達すると、日本語で書こうがAIが何語にでも翻訳できるようになる。

日本語しか話せず英語が分からん名古屋の爺さんが、素粒子物理学の分野でノーベル物理学賞を受賞したしな。
自然科学の分野でも英語はいらんよ。

76: 2018/08/25(土) 03:35:19.13 ID:H2nJVb/9
>>75
発表、講演、懇親などが苦手と読めない書けないは別問題だぞ。
英語を読めない書けない物理学者はいない。

78: 2018/08/25(土) 17:23:10.96 ID:o/568Uhm
>>76
> 発表、講演、懇親などが苦手と読めない書けないは別問題だぞ。
> 英語を読めない書けない物理学者はいない。

それは事実だが、学部でも大学院でも学習段階において母国語の教科書が十分にあるか否かは非常に大きな違いだ
人間は生まれてから長い時間をかけて母国語によって基本から順次より高度な概念を学びそれら概念を用いた思考を身に着け
その過程で脳の思考や概念の認識を司る部分の神経回路網もその母国語による思考・認識に特化した形で発達するからね

明治時代に日本が急速な近代化に成功した大きな原因は、日本の場合は他のアジア諸国やアフリカ・南米とは異なり西洋の植民地にならずに済んでいたので、
支配階級の言語が西洋語に強制されず庶民が使う母国語である日本語のままで近代化を必要とする時期を迎え、その近代化の明治時代に
欧米から輸入した学問諸分野の情報を意味を汲んで和製漢語に意訳して後の時代を担う世代の学生が西欧の諸学問を日本語によって学べるように準備できたからだ

幼い時から慣れ親しんだ母国語で学問を学べることは大きくなってから外国語を学んでそれで学問を学ぶよりもずっと効率が良い
更に言えば、幼い時から慣れ親しんだ母国語は後付けの西欧語によるよりもオリジナルな概念を生み出しそれを使った思考をするのがずっと容易だから
西欧から輸入した諸学問でも西欧の丸写しで留まることなく、日本オリジナルなアイデアを生み出し成果を出すことが比較的早い時期から可能であった

母国語で学問を学べるということは本当に重要なことだよ
もちろん学問の多く(特に数学や物理学や生命科学に代表される理学系の諸分野)は人種や文化に依存せず人類社会全体に普遍的なものであるので、
最終的には世界の中での競争に勝って生き残らねばならないから現代ならば英語を相応に使いこなせるようになる必要があるが
そのレベルが求められるのはプロの研究者(とそれを志す予備軍としての大学院後半)であって、学部レベルにおいて母国語による学習が可能か否かは
学習の効率や学習の深さの面からは大きな違いを生む

34: 2018/08/24(金) 03:43:47.65 ID:hzHYbA/M
文学、史学はともかく、政治学とか経営学、法学は英語のほうが絶対いいと思う
この辺は日本が弱すぎる

35: 2018/08/24(金) 03:45:39.69 ID:99fGcnVw
すべての元凶は文科省
天下り、貧困調査、裏口入学…
こんなの氷山の一角

36: 2018/08/24(金) 04:35:44.74 ID:uG9HK92I
今こそカタカナ語を廃して日本語を作るべきだ。せめて日本語くらいは守り通そう。

40: 2018/08/24(金) 12:59:05.69 ID:qb6unafJ
これ地味なようでいて大事なことだと思う。
科学技術発展のためには翻訳業が大切だ。

49: 2018/08/24(金) 16:52:10.52 ID:UIBRqzp3
学術書どころか技術書もそうだね
コンピュータ関連など翻訳されている間に仕様が変わってしまうし

59: 2018/08/24(金) 17:38:04.48 ID:2TRmhzb2
グローバル化が進んできて、
多くのことが国内だけで完結出来なくなんだよね。

62: 2018/08/24(金) 18:39:15.36 ID:+bzGDzae
英語教育に力を入れ始めればそりゃ英語が重用されるだろ

63: 2018/08/24(金) 18:56:59.23 ID:BVntGyei
アホじゃないか
これから日本語は 隆盛するんだよ
日本語圏は 3億~5億になるのに
文化の無い言語ならいざ知らず

81: 2018/08/26(日) 03:41:39.48 ID:FGmTzZzR
アップルのジョブズもバイブルとして読んだ「弓と禅」、だが日本の書籍ではなく
ドイツ人のドイツ語による日本体験の回想録

25: 2018/08/23(木) 21:57:42.68 ID:fiwwoRTQ
今の日本はなにもかも凋落傾向にあるような感じでつまらんな
かつては教育立国とかいってたのに科学の面でも坂道を転げるように凋落しているのかな