1: 2018/08/30(木) 13:02:13.59 ID:CAP_USER
■「ホラアナグマは現生生物のゲノムの中に生き続けている」と研究者

 10万年以上にわたって欧州とアジアを歩きまわっていたホラアナグマ(Ursus spelaeus)は、約2万5000年前に絶滅した。
おそらくは狩り、気候変動、人類との生息地の奪い合いなどによって、長い時間をかけて徐々に消えていったものと思われる。

 それ以降、この最後の冬眠から目覚めたホラアナグマは1頭もいない。だが、彼らのDNAは今も生きている。
新たな研究によって、ヒグマ(Ursus arctos)のゲノムの約0.9~2.4パーセントが、ホラアナグマに由来するものであることがわかったのだ。

 この発見は8月27日付けの学術誌「Nature Ecology and Evolution」に発表された。
絶滅した氷河期の生物の遺伝子が現代の近縁種から見つかったものとしては2例目となる。その1例目は人類だ。
アフリカ以外に暮らす人のゲノムの1.5~4パーセントが、古代のネアンデルタール人に由来することがわかっている。
ホ◯・サピエンスとネアンデルタール人が異種交配をしていたためだ。

「ホラアナグマが絶滅したというのは、どのような観点から見ても事実ですが、彼らの遺伝子が消え去ったわけではありません。
ホラアナグマは現生生物のゲノムの中に生き続けているからです」と、論文の主執筆者のひとりで、ドイツ、ポツダム大学の博士研究員アクセル・バーロウ氏は言う。

 また同論文では、動物たちの中には、異種交配を繰り返している種がいると指摘されている。例えばヤクとチベットのウシのDNAには異種交配の痕跡が見られる。
同様の現象は、数百万年前に別種となったブタの仲間同士でも見られるという。数は少ないが、ヒグマとホッキョクグマが交配をしたケースもある。
さらには先日、ネアンデルタール人とデニソワ人の間に生まれた娘の骨が発見されたとの発表があった。これは古代人類の間で、異種交配が広く行われていたことを示唆する一例だ。

「種の生殖がその種の中だけで行われていて、ほかの種とはまったく関係ないというのは古い概念です」と語るのは、米カリフォルニア大学バークレー校の遺伝学者、ラスマス・ニールセン氏だ。
「この論文は、そうした世界観は誤りであると主張してきたいくつもの研究のひとつです」

続きはソースで

https://cdn-natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/082900379/01.jpg

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/082900379/
ダウンロード (4)


引用元: 【動物】氷河期の絶滅クマ(ホラアナグマ)のDNA、ヒグマで発見、異種交配していた[08/30]

スポンサーリンク
2: 2018/08/30(木) 13:04:06.96 ID:t/gUBMLz
変態は遺伝子を未来へ伝える

3: 2018/08/30(木) 13:06:47.77 ID:VWZPDfdf
ま~ ぐまぐま
ぐ~ ぐまぐま ま?

6: 2018/08/30(木) 13:17:25.58 ID:mJo186Om
>>3 聖剣LoMか、懐かしいな

4: 2018/08/30(木) 13:09:00.59 ID:V6AWLt5Q
熊同士なんだから国際結婚みたいなもんだろ

8: 2018/08/30(木) 13:29:31.61 ID:QhBPtGek
>>1にもあるけど
ネアンデルタール人とホ◯サピエンスの関係みたいなもんか

9: 2018/08/30(木) 13:49:26.13 ID:ZB7/iW+C
ネアンデルタール人がよく喰ってたクマでしょ。天敵関係

10: 2018/08/30(木) 13:52:53.60 ID:xr2brsZj
異種交配と聞くと特殊な事例に聞こえるが
現代で白人と黄色人種が交配するのも異種交配だからな
カブトムシとコカブトムシくらいは形質に差がある
差別阻止という思想的理由で科学が歪められてる

11: 2018/08/30(木) 14:01:55.23 ID:umAdPUXp
>>10
カブトムシとコガネムシって

科 亜科 属 種

の亜科レベルで違うぞ
そんなに離れてないよ

12: 2018/08/30(木) 14:19:48.95 ID:RAYeLbdd
>>11
コカブトムシ

14: 2018/08/30(木) 14:46:32.33 ID:umAdPUXp
>>12
その辺はカブトムシ亜科のカブトムシ「族」とコカブトムシ「族」で別だな

普通コガネムシといえばスジコガネ亜科だからずっと離れる

25: 2018/08/31(金) 14:53:59.40 ID:Dn8qd9M+
>>14
「族」じゃなく「属」な
ま、論文執筆はおろか学会発表すらしたことないんじゃ、仕方ないが

27: 2018/08/31(金) 18:41:01.93 ID:RZZglR9T
>>25
おいおい

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%AB%E3%96%E3%88%E3%A0%E3%B7%E4%BA%9C%E7%A7%91
カブトムシ亜科

4 下位分類

4.1 真性カブトムシ族(真正カブトムシ族、カブトムシ族、オオカブトムシ族) Dynastini
4.2 ヒナカブト族 Agaocephalini
4.3 サイカブト族 Oryctini
4.4 コカブト族 Phileurini
4.5 クロマルコガネ族 Pentodontini
4.6 パプアカブト族 Oryctoderini
4.7 スジコガネモドキ族 Cyclocephalini
4.8 ヘクソドン族 Hexodontini

科-亜科-族-属-種ってなってるなあ

27: 2018/08/31(金) 18:41:01.93 ID:RZZglR9T
だから>>14は「族」で大丈夫だ

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8F_(%E5%86%E9%A1%9E%E5%AD%A6)
族(ぞく)または連(れん)とは、生物の分類における階級で、必要に応じて科(または亜科)の下、属の上に置かれる場合がある。
英語 Tribe・ラテン語 Tribus の訳であるが、動物では「族」、植物では「連」と、異なった言葉をあてる。

おまけ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%80_(%E5%86%E9%A1%9E%E5%AD%A6)
節(せつ,英: section, ラテン語: sectio)は、生物学的分類のリンネ式階層分類体系における階級の1つである。節は植物や動物などの生物において、
属を細分する際に設けられる階級で、属の下、種の上にある。

ドメイン、界、門、綱、目、科、属、種
はよく知られているが、分類群が細かく分けられるあたりでは族だの節だのを使う

16: 2018/08/30(木) 15:34:30.17 ID:JtsvMeL1
ガラパゴスのリクイグアナとウミイグアナがその途中だよ。
ハイブリッドのイグアナが複数発見されていて、
ハイブリッドの繁殖が注目されてる。

20: 2018/08/30(木) 19:08:51.90 ID:MALHyBX9
>>16
たしかハイブリッドは交配できない
んだよな
交配可能になれば新種誕生か

21: 2018/08/30(木) 20:37:07.80 ID:DqsYy6Il
クマ科
 ジャイアントパンダ属
  ジャイアントパンダ 
 メガネグマ属
  メガネグマ
 マレーグマ属
  マレーグマ
 ナマケグマ属
  ナマケグマ
 クマ属
  ヒグマ ホッキョクグマ アメリカグマ ツキノワグマ ホラアナグマ(絶滅)

クマ科の中でも、同じクマ属の、
ヒグマ ホッキョクグマ アメリカグマ ツキノワグマ ホラアナグマの5種の間であれば交配可能ということになる

22: 2018/08/31(金) 04:00:16.16 ID:9cJUmPNo
>>21
同じ属なのか
近い種ってことにびっくり

24: 2018/08/31(金) 14:19:52.29 ID:gZCb696X
昔っから異人好きっていたんだな

28: 2018/09/01(土) 14:13:51.84 ID:0JBCJz6Q
×種の生殖がその種の中だけで行われていて、ほかの種とはまったく関係ないというのは古い概念です
○種の定義というのはカビの生えた博物学的分類からまったく進歩していないので異種間生殖の可否というのは科学的命題ではありません

29: 2018/09/01(土) 15:02:13.70 ID:sJJZIizN
>>28
最近では実際に雑種が出来るか出来ないかはテストしていなくても、
分化してからの時間が十分に経過しているなら別種と見なすのが普通になって来たね

32: 2018/09/04(火) 11:49:55.01 ID:gwzBOrzr
ホッキョクグマってほぼヒグマの亜種レベルらしいから
ホラアナグマもヒグマの亜種みたいなもんなんじゃね?
生殖能力のある子孫が生まれるなら種としては同じと見て差し支えないのでは。

15: 2018/08/30(木) 15:17:20.93 ID:dz1f6cow
ヒグマからDNA取り出してホラアナグマ復活とかできるんかしら