1: 2018/09/16(日) 22:52:02.73 ID:CAP_USER
■動画
Mutant Plant Glows When Attacked | National Geographic https://youtu.be/4ezRhktDslE



■葉っぱをかじられた植物は、全身に情報を伝え、防御機構を発動する

 植物は、自身の葉などが傷つけられると、その部位からほかの部位に警報を発して防御機構を発動させる。このほど研究者たちが、この防御反応を動画にとらえることに成功した。植物の「知性」という難しい問題の解明につながるかもしれない。この研究の論文は、埼玉大学の豊田正嗣准教授らにより9月14日付けの学術誌「Science」に発表された。

 同じく論文の著者の1人で、米ウィスコンシン大学マディソン校の植物学研究室を率いるサイモン・ギルロイ氏は、「植物は適切なタイミングで適切なことをしていて、非常に知的に見えます。環境から膨大な量の情報を感知し、処理しているのです」と言う。「これだけ高度な計算をするためには脳のような情報処理ユニットが必要だと思うのですが、植物には脳はありません」

 植物が内部でどのように情報を伝達しているかを調べるため、ギルロイ氏の研究チームは、植物の遺伝子を改変してクラゲ由来の緑色蛍光タンパク質を組み込んだ。この蛍光タンパク質は特定の物質と結合させることができるので、植物の内部にある化学物質が刺激に対してどのように反応するかを観察するのに利用できる。

 毛虫に葉をかじられるなどの攻撃を受けた植物は、グルタミン酸というアミノ酸を出す。グルタミン酸は植物全体のカルシウム濃度を上昇させ、これにより防御機構が起動し、植物をさらなる損傷から守る。ある種の植物は、攻撃してくる昆虫を撃退したり、その昆虫を捕食する別の昆虫を引きつけたりする揮発性化合物を放出する。例えばワタは、ガの幼虫にかじられると、幼虫を捕食するスズメバチを引きつける物質を放出する。

続きはソースで

ナショナルジオグラフィック日本版サイト
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/b/091400230/
images


引用元: 【植物】〈動画あり〉葉に虫食いで植物内部の「警報」伝達、可視化に成功 植物の防御機能解明[09/14]

スポンサーリンク
2: 2018/09/16(日) 22:59:00.85 ID:1QUofT2s
植木屋なんか近づいただけで防御全開なんだろうな

3: 2018/09/16(日) 23:10:04.24 ID:J8TkUBuL
あーあ肉魚をかわいそうって理由で食べられない奴は植物も食っちゃだめだね
痛みを感じてるんだから

4: 2018/09/16(日) 23:26:49.53 ID:bZibHVuj
ツタ科の植物は絶対に意思を持ってる。
庭にフェンスがある家は皆そう感じてるはず。

5: 2018/09/16(日) 23:27:28.92 ID:5+LhrNg6
こんなの当たり前だろうが
植物は生き物じゃないとでも言うのか

6: 2018/09/16(日) 23:42:21.15 ID:qZYeT3fC
植物の意識的なものを証明できそう
ビーガンは動植物以外からエネルギーを摂取する方法を急いで編み出さないと困った事になるな

11: 2018/09/17(月) 11:15:47.74 ID:yUrZqCik
>>6
意識は情報が統合されてないと生まれない。

統合情報理論と自由エネルギー原理でググれ。

8: 2018/09/17(月) 05:07:45.05 ID:Kmt6ZK3L
> 毛虫に葉をかじられるなどの攻撃を受けた植物は、グルタミン酸というアミノ酸を出す。

美味しくなるのか

10: 2018/09/17(月) 10:40:44.08 ID:YiAE7vig
>損傷した植物を顕微鏡で観察すると、シグナルがほんの数分ですみずみまで広がるのをリアルタイムで見ることができた。

ただの植物ホルモンじゃねーか

>「これだけ高度な計算をするためには脳のような情報処理ユニットが必要だと思うのですが、植物には脳はありません」

あほかと

22: 2018/09/18(火) 19:15:12.96 ID:3Lmm2kkq
> >>10
>ただの植物ホルモンじゃねーか
>「これだけ高度な計算をするためには脳のような情報処理ユニットが必要だと思うのですが、植物には脳はありません」

カルシウムと結合して働くタイプのカルシニューリンっていうシグナル伝達物質があって人間だと、
脳神経とか免疫系を制御しているものだからそれと似たようなものの研究だろう。
動物にも植物にも生理活性作用があるから植物ホルモンって呼ばないような気がする。
植物ホルモンを出すかどうかを制御している物質なんだろうと思う。
アホとかいう前に調べた方がいい。

23: 2018/09/19(水) 14:17:52.82 ID:CvqY4sgR
>>22
>カルシウムと結合して働くタイプのカルシニューリンっていうシグナル伝達物質があって

ホルモンの話で「細胞内」シグナル伝達物質持ち出すとか、池沼は死ねばいいのに

24: 2018/09/19(水) 19:37:52.13 ID:i/pDz+MN
>>23
悪かった。インターネットをやっている人で今どき検索して調べることができない人がいるとは思わなかったんだ。それで正しいと思うならそれでいいんじゃない。

12: 2018/09/17(月) 11:42:16.38 ID:dSfoD2Ux
じゃあこのまえ草むしりをしたときはぎゃああああ!!!!と言っていたんだろうな
隣の別種の草にまで伝わる声(化学物質)で
そう言っても根本までボキボキに折ってむしりまくったぜ
やったぜ
クソ力には無力だった

人間(動物)に食われると思ったらハチとか、蚊とか、ムカデなど毒虫を引き寄せる物質を出しそう

14: 2018/09/17(月) 12:19:23.82 ID:qWYvRMEi
>>12
隣の別種の草にまで伝わる声(化学物質)
その化学物質って、雑草刈り取った後のあの匂いなんやで

13: 2018/09/17(月) 12:15:41.89 ID:3LUREG+h
つまりおいしい作物を作るためには、グルタミン酸を増やすために傷つけることも必要だと言うことか。

15: 2018/09/17(月) 13:23:57.93 ID:1NrQ8sam
>植物全体のカルシウム濃度を上昇させ、

カルシウムがポコポコ発生するわけはないよな
イオン状態のカルシウムの濃度か何かということか?

16: 2018/09/17(月) 13:30:21.47 ID:Sbw5v/PT
>>15
まあ細胞膜内と細胞膜外で出し入れしてるな

18: 2018/09/17(月) 13:58:31.37 ID:1NrQ8sam
>>16
組織配分の問題なのかね

17: 2018/09/17(月) 13:44:13.45 ID:ifkzlC5Q
これ「痛い」と言ってるんじゃないだろか

19: 2018/09/17(月) 18:01:54.30 ID:RWGKxpLo
虫が寄り付かない植物を食べる時代

25: 2018/09/19(水) 23:26:53.94 ID:D8NCFmWy
ホルモン系とカルシウムシグナリングは、まさにリンクすると思うけどな。

つけ加えると、動物も植物も、基本的な情報伝達システムは似たり寄ったり。

26: 2018/09/20(木) 00:02:18.20 ID:uaQIbkuK
植物は天候がおかしかったりして危機感を抱くといつもより
沢山の花を咲かせて種を沢山作って子孫を残そうとする

21: 2018/09/18(火) 16:36:53.43 ID:alfzrI+z
植物も普通に意識あるなら、森とか怖いな