1: 2018/10/06(土) 23:45:35.06 ID:CAP_USER
「今世紀最大の難問の一つ」とされ、約160年にわたって解かれていない数学の難問「リーマン予想」を、英国の数学者が「証明した」と発表し、数学ファンの中で「ビッグニュース」「本当か?」と話題になっている。

■リーマン予想とは

 ドイツの数学者リーマンが1859年に発表した数学の未解決問題。2、3、5、7……と無限に続く素数が、どのように分布しているか、という素数分布の謎の解明につながるとされる。「数の原子」とも呼ばれる素数の本質に迫れるため、今世紀最大の難問の一つに挙げられる。

■「おまけで解けた」

 発表したのは、英エディンバラ大名誉教授のマイケル・アティヤ氏(89)。「数学のノーベル賞」と言われるフィールズ賞やアーベル賞を受賞し、英王立協会会長も務めたことのある、世界で最も有名な数学者の一人だ。

 アティヤ氏の発表内容については9月20日、4日後にドイツで開かれる数学フォーラムでの講演に先立ち、主催者側がツイッターで「彼はリーマン予想の証明を発表するか? その通り、講演概要にそう書いてある」と予告。SNS上では「マジ? アティヤなら解きかねん」「ほんまかいな」と講演前から騒がれていた。

 講演でアティヤ氏は、ある物理定数を数学的に導出する過程で、リーマン予想を背理法を使って証明できると主張。「リーマン予想(の証明)はおまけ」とも語った。講演はユーチューブで生配信され、世界中で視聴された。講演が終わると会場からは拍手がわき起こった。5ページからなる証明論文も公開された。

 今回公表された論文以外に、全ての根拠を示した論文を、英王立協会が発行する科学誌に投稿したという。論文は公開されていない。証明が認められるのは、論文が複数の専門家による厳密な検証を受けてからになる。

続きはソースで

【関連記事】
【数学】人類史上最大の難問の一つ 「リーマン予想」 ついに解明か / 名乗り出たのはフィールズ賞受賞数学者マイケル・アティヤ氏

https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20181005003697_commL.jpg

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASL9T42NNL9TULBJ004.html
ダウンロード (4)


引用元: 【数学】〈続報〉超難問「リーマン予想」証明? 英数学者マイケル・アティヤ氏に懐疑的な声も[10/06]

スポンサーリンク
5: 2018/10/06(土) 23:59:46.50 ID:thwzFUT7
微細構造定数か。はぁ~エラいところに行き着くよなぁ...
確かに安定した原子量と素数の関係は深いんだが...

17: 2018/10/07(日) 00:31:15.00 ID:Mwr3/tQy
>>5
証明の真偽は置くとして
この着想はいいと思うんだよね

56: 2018/10/07(日) 16:51:06.09 ID:OO2IfBL9
>>5
素数が円周率と結びついてるから物理定数にも行きつくんだろうなという気はする
ファインマンも物理定数と円周率の関係には興味を示していたが数学者ではないゆえにそれ以上突っ込むことはなかった

ここでスピン1/2の謎がリーマン予想のゼロ点とつながったりするとおもしろいんだがなぁ

104: 2018/10/09(火) 14:05:01.70 ID:YvYvSekL
>>5
え、安定した原子量と素数には関係があったのか!
目からコンタクトが弾け飛んだわ

6: 2018/10/07(日) 00:01:22.07 ID:VPBBLLaW
NHKが「ポアンカレ予想」を証明したグリゴリー・ペレルマンのドキュメントを放映した時は感動した。

京都大学の望月新一教授が発見したという「ABC予想」解決の再証明はまだだろうか?

木上淳教授が再検証に参加してないことも気になる。

7: 2018/10/07(日) 00:01:38.42 ID:4jkMbFIb
上田教授がとっくの昔に解いてる。もっとも忘れてしまったらしいが

9: 2018/10/07(日) 00:06:16.10 ID:GIB/rbse
89歳か
少々ボケてた方が偉大な発見につながるのかな

10: 2018/10/07(日) 00:07:22.08 ID:t9qji0Kn
翼で揚力が発生する理論はいくつもある。でも、それが正しく証明されないと
飛行機は飛ばないのだろうか? いや、きょうも事故もなく何万機という飛行機が
当たり前のように飛んでいる。証明できなくても動き続けるのが現実であり、
完璧な証明以前にそれを使うのが人間でしかない。

30: 2018/10/07(日) 09:19:57.48 ID:wMtIwmbw
>>10
検討違いなこと言ってることに気づいて

11: 2018/10/07(日) 00:16:00.11 ID:3HWL85IF
仮に完全な証明じゃなかったとしても、こういう人らはその過程ですごいツールとか手法を
ついでのように編み出してるから数学の前進に役立つことは間違いないんだろうな
その年齢で挑戦し続けてることがまずすごい 集中力どんだけあんねん

12: 2018/10/07(日) 00:20:02.86 ID:PSjOcQpI
リーマンを予想して何の価値あるんだよ

部長まで行ける確率は

55: 2018/10/07(日) 14:50:47.69 ID:V9mufHoU
>>12
つまらん

13: 2018/10/07(日) 00:25:56.28 ID:NW+H7dUW
ちょっと前に300年くらい解かれなかったのについに証明されたのは何予想だっけ?

68: 2018/10/08(月) 17:38:25.45 ID:tXBVDQT3
>>13
フェルマーの最終定理

14: 2018/10/07(日) 00:27:28.37 ID:MP7xwg2e
次は、P≠NP予想か。こっちで頑張ろうっと。

15: 2018/10/07(日) 00:29:25.95 ID:jaopVEy3
モッチーのIUTでリーマンいけるんじゃね?

16: 2018/10/07(日) 00:29:40.11 ID:JltQeRvg
そんなことより日本人が証明しそうなABC予想ってどうなってんの。

18: 2018/10/07(日) 00:31:48.92 ID:jaopVEy3
>>16
5年たってようやく2人のフィールズ賞受賞者が突っ込み入れたけどモッチーソッコー反論

19: 2018/10/07(日) 00:36:16.85 ID:MP7xwg2e
リーマン予想が肯定的に証明できたということは、素数にある種の規則性があることが
証明されたと考えてよいか?

p:素数
p=f(n): n=1,2,3,...
というf(n)は存在するのか?

31: 2018/10/07(日) 09:20:35.42 ID:iIG9hqi0
>>19

背理法での証明が肯定的、積極的な証明なのか?(笑)

20: 2018/10/07(日) 00:43:09.34 ID:IgqjvDQr
P≠NP は簡単だ。

もしもP=NPとすると移行すれば
(N-1)P=0になるが、Nは任意に大きいからN-1は一般にはゼロではないし、
Pも0でなければ掛けても零にはならない。よって一般にはP≠NPである。

24: 2018/10/07(日) 03:42:27.33 ID:wuUIbIbs
>>20
N-1がゼロである保証はないし、Nか一般に大きな数とは限らないよ。

21: 2018/10/07(日) 02:38:33.02 ID:OcZY3hYq
ミクロの世界の物理量を突き詰めれば
すべて量子だよな。つまり連続量でなくて
整数が絡む量。

整数の元は自然数であり、その中で特異な数として
素数があると....物質のミクロ世界での物理現象と
素数の関り合いは、そんな関係から来てるのかな?

32: 2018/10/07(日) 09:23:07.19 ID:iIG9hqi0
>>21

だとしたら、素数群は何らかの関連性で存在していないといけないが。
それがこの予想なんだろうが。
関連性があるとしたら、素数を暗号で使うのは危険。という事にもなる。

23: 2018/10/07(日) 03:27:45.69 ID:ug9yxtg5
>>21
全部NHKスペシャルの受け売りじゃねーか!

27: 2018/10/07(日) 04:16:58.39 ID:zvhEwXvl
137という数字はこの宇宙の基本定数のひとつなんだろうか?
秘密クラブ“137”ってどこかにありそうな感じですね。
ちなみに癌や動脈硬化など、あらゆる生活習慣病を克服すると平均寿命は137歳までは伸びるらしい。
そこまでは生きることが許されている。
137歳以上は神の領域に入る。

28: 2018/10/07(日) 04:44:12.56 ID:OcZY3hYq
IBMでは、本格的な量子コンピュータの実用化が
近いらしいが、これでNP問題などが実用的な時間で
解けるとか。やっぱもっと量子というモノの本質を
極めるアプローチがサラリーマンに効きそうだわん。

63: 2018/10/08(月) 16:31:57.88 ID:tdlh5eOD
>>28
NP問題って何Qbitから演算できるようになるんだっけ?量子コンピュータはもう意味がわからない…

29: 2018/10/07(日) 09:19:14.54 ID:iIG9hqi0
こういうのは背理法で証明するしか無いんだろうが。

背理法の検証というのもな。