1: 2018/09/28(金) 10:53:22.88 ID:CAP_USER
<大反響を呼んだドキュメンタリー番組をもとに、テレビプロデューサーが書き上げた『発達障害と少年犯罪』。衝撃的な事実を前に、私たちは何をすべきか>

※本記事は書籍の内容を紹介するものですが、編集部が付けた当初の記事タイトルは発達障害の方及びその関係の方たちへの配慮を欠くものでした。お詫びいたします。記事タイトルを変更しました(2018年9月21日22:15)。

『発達障害と少年犯罪』(田淵俊彦、NNNドキュメント取材班著、新潮新書)の著者は、ジャーナリスト、テレビプロデューサー。番組制作会社プロテックスのディレクターとしてNNNドキュメントの番組制作を担当し、現在はテレビ東京制作局ドラマ制作部統括プロデューサーを務めている。

そんな人物がNNNドキュメント取材班とともに書き上げた本書は、2016年5月15日に放映され大きな反響を呼んだNNNドキュメント「障害プラスα~自閉症スペクトラムと少年事件の間に~」の取材をもとに構成されたもの。

タイトルからもわかるとおり、大きなテーマとなっているのは「発達障害と犯罪」。両者に直接の関係はないものの、発達障害をもつ子どもの特性が、彼らを犯罪の世界に引き込んでしまう傾向があることは否定できないという考え方を軸にしているのだ。

そこで、矯正施設、加害者になった少年たち、彼らをサポートする精神科医、特別支援教育の現場などに徹底的な取材を行い、「負の連鎖」を断ち切るためにはなにが必要なのか、問題解決の糸口を探ろうとしている。


 確かに、「虐待によって犯罪行為に手を染めることが多くなるのは発達障害をもつ者だけではない」という意見は正しい。だが、私が限られた放送時間の中で描きたかったのは、「虐待→犯罪行為」という図式ではない。もちろん、少年犯罪の要因には、ネット社会や孤立社会、家族の絆の希薄化などもあるだろう。私はそうした数ある要因の中で発達障害に着目し、あくまでも発達障害の場合に絞った事例を検証したかったのだ。(「はじめに」より)

「初期インパクトは強いが、情報量は少ない」テレビを通じて、すべてを明らかにすることは難しい。だからこそ、放送時に番組のなかで描ききれなかった事柄、語りつくせなかった真実を改めて紐解き、考えなおし、書籍化しようという意図には共感できる。

しかし、そもそも発達障害とはどのようなものなのだろうか? ネットの掲示板などで、「あいつは発達障害だ」などという侮蔑的な書き込みを目にすることは少なくない。だが、そういうことを書きたがる人も、それ以外の人も、本当の意味でこの障害のことをきちんと理解できていないような気がする(自戒の意味も込めて)。

なお、発達障害とは何かを解明するにあたって、著者は3つの事件を引き合いに出している。

まずひとつ目は、当時15歳の女子高生が、同級生の女子生徒の後頭部を鈍器のような物で数回殴り、紐状の物で首を絞めて◯害した2014年7月の「佐世保女子高生◯害事件」。

ふたつ目は、それから3カ月後の2014年10月、当時17歳の女子高生が、幼少期から激しい虐待を受けていた母親と祖母を◯害した事件だ。

そしてもうひとつはその2カ月後の2014年12月、名古屋大学在学の女子大生(当時19)が、宗教の勧誘で知り合った女性を自宅アパートに誘い、斧で殴ったのちマフラーで絞め◯した「名古屋大学女子学生◯人事件」である。

ちなみに名古屋の事件の加害者は、以前から人を◯すことに異常な興味を示しており、取り調べでも「子どもの頃から人を◯して見たかった」と供述したという。精神鑑定の結果、「自閉症スペクトラム障害(ASD)」の可能性があると診断されるも、「刑事責任能力については問題ない」と判断され、起訴された。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2018/09/innami180921-thumb-720xauto.jpg

続きはソースで

ニューズウィーク日本版
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/09/post-10997.php
ダウンロード


引用元: 【精神医学】テレビで反響を呼んだ取材、『発達障害と少年犯罪』[09/21]

スポンサーリンク
4: 2018/09/28(金) 11:11:11.51 ID:kId3+JLN
>>1
少年で人◯しする奴はそれ自体障害だと思うけど。

5: 2018/09/28(金) 11:31:06.11 ID:KT3p6uO/
発達障害だと計画性はない感じが多いんじゃないかな。
1つ目のケースはわからないけど、2つ目のケースは思想教育で変わりそうだけど。

7: 2018/09/28(金) 11:35:04.83 ID:KT3p6uO/
2つめのケースは頭が良すぎる感じだろう。
こういうのも発達障害っていうのか。

59: 2018/10/01(月) 07:59:56.89 ID:tBlZSHkd
>>7
天才と呼ばれる人に多い

9: 2018/09/28(金) 11:45:27.43 ID:tOfDybHO
昔のロックスターの自伝が好きで集めてるんだけど子供の頃の描写が発達障害の子の特徴と一致する人の多いこと

11: 2018/09/28(金) 11:49:30.96 ID:cum5Yl+A
自制心が効かずに違法行為を強行するのが犯罪ってイメージがある
思考能力や知識が欠落した人間が違法行為とわからずにやる行為を犯罪とは言いにくいな

14: 2018/09/28(金) 11:52:43.96 ID:sRZO5ZWR
>>11
それを認めると、隔離政策が必要になるんだよね

16: 2018/09/28(金) 11:57:35.41 ID:cum5Yl+A
>>14
精神病だと措置入院って強制的な隔離が首長の政治権限で可能なわけで
予防的な防犯になるんだよね
あれも人権の問題とかうるさく言われるけど
マジで予防的に隔離するしかないよ。本当に本人には抑えることができないまま、とんでもないことするから。

12: 2018/09/28(金) 11:52:00.48 ID:KT3p6uO/
2つ目じゃなかった3つ目だった。
この大学生のケースだとやっぱり、周りと頭の良さの差があると
孤立感を感じたりして、性格が歪んでしまったりということがありそう。

15: 2018/09/28(金) 11:55:32.92 ID:cum5Yl+A
>>12
そういう環境とか悩みってもんじゃないと思うよ
完全に先天的な気質。野性的な残虐性を理性で抑えきれなかった感じ。
かわいい子猫がネズミをバラバラに噛み◯すようなもの

13: 2018/09/28(金) 11:52:12.32 ID:cum5Yl+A
発達障害は自発的なものだけど
これは「育成失敗」って感じじゃないのか。
ほとんどの人間は正しく育てられることで正しさを身に着けるわけで

17: 2018/09/28(金) 12:06:23.22 ID:KT3p6uO/
子供はみんなナルシストと言われるけど
頭のいい子は特に全能感がすごいんじゃないかとは思うけどね。

イスラム教では独居してるときの孤独感からくる精神の失調に
断食を用いてるらしいんだけど、これは要求のレベルをより生理的なレベルに
引き下げるという意味で理にかなってるなと思った(マズローの理論から)。
だから少年犯罪の矯正にもある意味使えるかもしれないなと思った。
栄養不足は教育の足かせにもなってしまうんだけど、ただそういった全能感
を矯正する方法の一つになりえるんじゃないかと思う。

19: 2018/09/28(金) 12:11:46.20 ID:4/LW4T9G
少年法は早く見直すべき

20: 2018/09/28(金) 12:15:48.85 ID:OQGu9yPW
家畜同様に健全な環境で肥育するしかねーーーだろ
それ以外の解決策は無い

21: 2018/09/28(金) 12:19:36.10 ID:5coNa7qK
凶悪犯罪者を、発達障害とか定義する事によって
「支援が必要」みたいなのは嫌だな

22: 2018/09/28(金) 12:55:23.71 ID:PGlWJyD+
親が悪い

24: 2018/09/28(金) 13:05:54.91 ID:9OrHF5vd
①発達障碍児
②教育の間違い

この掛け合わせで犯罪者が出来上がる

27: 2018/09/28(金) 13:35:14.56 ID:OVUywA27
発達障害というより人格障害だろ。未成年者であっても15歳以降に人格が大きく変化するかというとそうでもないしな。

28: 2018/09/28(金) 14:58:44.76 ID:z0GKI2MJ
犯罪者なんてみんな何かの精神障害でしょ

29: 2018/09/28(金) 15:13:09.21 ID:egNclvdF
虐待虐待というが 親も発達障害ならそれは結果としてのこと
親の注意が子の抱える問題になくてネグレクトとか
他罰的な思考行動が直線的に子供に向いたとかね
連鎖じゃなくてほんとうに遺伝してるだけということもある

31: 2018/09/28(金) 15:30:50.07 ID:htny8gs5
相手が相当酷いことをしたんだろうね

32: 2018/09/28(金) 15:33:07.54 ID:htny8gs5
定型とされる一部の奴らには相当都合が悪いのだろう
悪者に仕立て上げるのが天才的だものな
その一つが発達に過ぎない
医学的には何も述べてない
都合が悪い人の特徴をまとめただけの基準

37: 2018/09/28(金) 22:05:44.63 ID:czsVGImH
発達障害と犯罪がイコールになるのは、違うと感じる。
発達障害と診断された子の中には、暴力とはまったく無縁の
とても臆病で優しい子もたくさんいるからだ。

40: 2018/09/29(土) 01:24:26.33 ID:vzj5Kcys
元記事読んだけど、逆に親には辛い話だな。発達障害→犯罪へ至る主要素は虐待だとさ。

発達障害児を育てている親は、子供の通常とは違う癇癪やこだわりに常にさらされている。
普通に叱ったつもりでも、子供側に受け取る能力がないので簡単に心的外傷になる。
しかも発達障害児の親は、自分自身も発達障害の要素をもっている。

仏や神のような心で育てるなんて、健常者でさえ困難だぞ。

41: 2018/09/29(土) 11:26:12.40 ID:7zH3DTww
精神医学のある病名が流行ると、そのころにおきた事件の精神鑑定で
それがすぐに使われる傾向がある。これは単なる偶然だろうか。

かつては解離性同一性障害(多重人格)だった。いまは廃れている。

43: 2018/09/29(土) 11:27:45.57 ID:7zH3DTww
事件や時代の流行をただ表層的に追っかけているだけ。なんの進歩もない。

45: 2018/09/29(土) 14:52:40.55 ID:Pgf6alJx
精神に障害を負った人間は、行政は速やかに発見・治療すべき
ただ一歩間違うと、障害者の隔離政策になる
正直難しいね

46: 2018/09/29(土) 15:32:29.91 ID:Ez0Ds4Ra
精神に障害って言っても脳が変質するわけだからなぁ
治療しても元の人格に戻るわけじゃなく、症状を抑えられるようになるだけだし

51: 2018/09/29(土) 23:20:38.54 ID:ztEJIGXJ
発達障害にも自閉スペクトラム、ADD/ADHD、学習障害(LD)の三種類いるわけで、それをひとくくりにしてる時点で話にならない

35: 2018/09/28(金) 21:05:03.68 ID:AWiZFy9M
犯罪者の多くの脳が異常なのは昔から言われていた事。
特に共感や憐憫、愛情の回路がぶっ壊れている。