1: 2018/10/10(水) 16:33:54.91 ID:CAP_USER
遠方の超新星のデータを分析した結果、ダークマターの正体がブラックホールだったとしてもその割合はせいぜい40%程度にしかならず、ダークマターの大部分がブラックホールからなる可能性は低いことがわかった。

【2018年10月9日 カリフォルニア大学バークレー校】

ダークマター(暗黒物質)は天文学で最も厄介な難問の一つだ。宇宙にある物質の84.5%がダークマターであることはわかっているが、その正体となる物質を検出した者はいない。

ダークマターの候補として挙がっている物質は、「アクシオン」のような非常に軽い粒子から「MACHO」(銀河ハローに存在するかもしれない大質量でコンパクトな天体)まで、質量の範囲で90桁にもおよぶ。MACHOの一例としては、宇宙誕生の直後に作られ、太陽の数十倍から数百倍の質量を持つとされる「原始ブラックホール」も含まれる。

理論家の中には、ダークマターは複数の粒子や天体からなるという説を唱える人もいる。しかし、互いに無関係の成分がダークマターの中にいくつもあるとすると、それぞれについて起源の説明が必要となり、モデルが非常に複雑になってしまう。

「ダークマターが、非常に重いブラックホールと非常に軽いブラックホールの2種類からなる、またはブラックホールと未知の粒子からなると考えることもできます。しかしそうすると、片方の成分はもう片方の成分に比べて1個あたりでは何桁も質量が大きいことになり、にもかかわらずトータルの質量では同じくらい存在しなくてはなりません。天体から顕微鏡レベルのものまで、あるいは宇宙で最も軽い粒子まで考えられるので、非常に説明が難しくなります」(米・バークレー宇宙論物理学センター Miguel Zumalacárreguiさん)。

バークレー宇宙論物理学センターのZumalacárreguiさんとUroš Seljakさんは、遠くにある天体から来た光が地球に届く途中で何らかの重力源に曲げられて増光する「重力レンズ効果」に着目した。ブラックホールやMACHOがもし宇宙にたくさんあれば、遠方で起こったIa型超新星の光にこうした重力レンズが影響を与えるはずだ。Ia型超新星は爆発後の最大光度がどれも同じになるため、宇宙の距離を測る標準光源として使われている。

Zumalacárreguiさんは「Joint Lightcurve Analysis」と「Union 2.1」という2通りの超新星カタログを使い、前者では580個、後者では740個の超新星について、明るさと距離の統計解析を行った。彼らは、もしダークマターの正体がブラックホールやMACHOなら、超新星の増光・減光のタイプから予測される明るさよりも0.1〜1%ほど明るく見えるものが8個は存在するはずだと推定したが、解析の結果、実際にはそうした超新星は一つも見つからなかった。

この結果からZumalacárreguiさんたちは、原始ブラックホールやMACHOは、仮に存在するとしても宇宙のダークマターのたかだか約40%を占めるにすぎないと結論した。さらに、「Pantheonカタログ」と呼ばれる別の超新星カタログで1048個の明るい超新星を用いた最新の解析では、より厳しい23%という上限値が得られている。

■手前のブラックホール(中央)によって超新星(左下)とその母銀河の像が重力レンズ効果で歪められ、実際より明るく見えるようすを表したイラスト
http://www.astroarts.co.jp/article/assets/2018/10/14042_lens.jpg
■超新星と観測者の間にブラックホールがあると、その重力によって超新星からの光の経路が曲げられ、光を増光するレンズの役割を果たす
http://www.astroarts.co.jp/article/assets/2018/10/14043_supernova.jpg

〈参照〉
UC Berkeley:Black holes ruled out as universe’s missing dark matter
http://news.berkeley.edu/2018/10/02/black-holes-ruled-out-as-universes-missing-dark-matter/
Physical Review Letters:Limits on Stellar-Mass Compact Objects as Dark Matter from Gravitational Lensing of Type Ia Supernovae 論文
https://journals.aps.org/prl/abstract/10.1103/PhysRevLett.121.141101

http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/10214_darkmatter


続きはソースで
images


引用元: 【宇宙】ダークマターの正体はブラックホールではなさそう 遠方の超新星のデータを分析した結果[10/09]

スポンサーリンク
4: 2018/10/10(水) 16:42:02.84 ID:FFkK8M3s
ダークマターは違う次元から来てる重力だと思うよ!

だって磁力とかに比べたら重力って弱すぎだろ
きっとどこかに漏れ出てるんだよ!!
間違いない!

40: 2018/10/10(水) 19:41:05.70 ID:7+zwMveD
>>4
磁力線に沿ってモノの位置がズレないことを説明しなさい

134: 2018/10/13(土) 09:10:21.19 ID:Zqulcqjo
>>4
ダークマターの正体は、「愛」だよ
愛が在るから、引っ付き合うんだよ

5: 2018/10/10(水) 16:42:13.60 ID:BYKJ+xqG
結局ダークシュナイダーどうなったのよ

7: 2018/10/10(水) 16:46:55.64 ID:cVCKx2H2
確かに観測できてないブラックホールがあちこちあるのなら
重力レンズで変化する光がもっと顕著に観測されてもいいわな

8: 2018/10/10(水) 16:47:15.14 ID:EhhtnnB0
>>1
理論家と同じ考え方をしてた
エネルギー空間に歪みが宇宙空間に存在するでいいだろ
もし均一であったならそれこそまだ宇宙は拡大しているか縮小している証だ

9: 2018/10/10(水) 16:48:15.51 ID:6zQqISVB
想像と仮説でいろいろ言っても、当分はわからないだろうな。
観測事実がいちばん重要だから、観測データを積み上げていくしかないだろう。
100年も1000年もかけてゆっくり調べていけばいいよ。
急ぐ必要はないから。

10: 2018/10/10(水) 16:49:17.50 ID:kpABsqes
今の宇宙(138憶光年)の他の宇宙からの影響は
考えられないのか?光はその重力の影響で観測
されないが、重力のみ影響を与えているのでは?

11: 2018/10/10(水) 16:51:31.77 ID:IgolXGJW
ニュートラリーノじゃね? 光子の超対称性パートナ? マヨラナ粒子
光子のパートナならすごい大量にあるはず ぜんぜんわからんけど

13: 2018/10/10(水) 16:58:03.62 ID:6zQqISVB
光子と重力子は一つのマヨラナ粒子で、重力は光の影みたいなものかもな。
光は速度に限界があり、どこでも同じ速さで、止まることがない。
重力と似てる。

14: 2018/10/10(水) 17:08:28.49 ID:8NUy4cdg
小さい中性子星がたくさんあったりせんの

15: 2018/10/10(水) 17:08:30.40 ID:a3n6pHu7
宇宙の果てはどーなってるの?

74: 2018/10/11(木) 11:37:43.78 ID:gZ70e/2D
>>15
風船の表面にはじっこはあるかね?

115: 2018/10/12(金) 00:58:16.18 ID:5HUJ5ICR
>>15
亀だか何かが支えてるんじゃなかったっけ?

16: 2018/10/10(水) 17:11:54.18 ID:yLbHyU1R
本命は超対称性粒子かなぁ

17: 2018/10/10(水) 17:22:27.29 ID:wDLiiA2F
時間・空間が質量を持っているのではないか、とか言ってみた。

19: 2018/10/10(水) 17:40:53.54 ID:z17l2lrh
>>17
それもいいけど、どうも「質量」は偏在しているように見える。
その説明とかで困ってしまいそうだ。

22: 2018/10/10(水) 17:52:53.24 ID:a8Q2dPRr
>>19
質量のある所に時空間が折り畳まれてるように見えるが
そうじゃないのか?
エネルギーが局所的に集中すると時空間が折り畳まれて
質量が存在するように観測されると

66: 2018/10/11(木) 04:00:34.45 ID:Z4j5z3f2
>>22
そういう縮退ってあるかもね

18: 2018/10/10(水) 17:39:56.82 ID:Qh0nqHJA
エーテルだな

20: 2018/10/10(水) 17:49:50.39 ID:SvLElXEU
またそのうちありえない規模の天体が見つかるって

21: 2018/10/10(水) 17:50:06.23 ID:8UYCHkzH
>>1
>宇宙にある物質の84.5%がダークマターであることはわかっているが、その正体となる物質を検出した者はいない

だからそれはわかって「いない」ということなの
そんなものを仮定しないと成り立たない宇宙論の方が間違っとると何度言ったら

90: 2018/10/11(木) 17:37:16.99 ID:6ybpAhhI
>>21
同意だな。

勝手に仮定しておいて「わかってない」だからね。
その仮定が蓋然性の高いものならともかく、存在が確認されていないものを仮定して、
仮説を組み立ててる。
これは科学的仮説ではなく、文学的想像か哲学的修辞か病的妄想。

96: 2018/10/11(木) 18:24:06.58 ID:p4xWAMWS
>>90
お前は生きて活動するためには自分を構成する素粒子の相互作用を理論的に証明する必要があると言ってるのか
馬鹿なの?

121: 2018/10/12(金) 10:41:10.25 ID:EScRpBYb
>>21
単に名付けたと言う事だろう。
「分かっている」ではなく「命名した」かな。

23: 2018/10/10(水) 17:54:51.71 ID:8tgW7v5I
重力は存在しない
プラズマで全て説明がつく

58: 2018/10/11(木) 00:10:19.59 ID:lrBgakmQ
>>23
重力無い説はありえそう

24: 2018/10/10(水) 17:56:45.59 ID:z17l2lrh
大銀河団、銀河団、銀河、恒星、惑星。
どうも「質量」が集まっている場所がある。
それが重力作用で集まったとすると、どうも、
言われている宇宙の年齢は若すぎる。
どこかで年齢詐称をしているに違いない。

25: 2018/10/10(水) 18:00:30.42 ID:a8Q2dPRr
>>24
重力はとんでもなく遠方の物質と相互作用をするから
その辺は何とも
130億年前は全宇宙の直径も極小だったわけで

88: 2018/10/11(木) 16:59:05.19 ID:2q9J8XcZ
>>25
密度が高かったことがわかるだけで、全体の大きさはわからないよ。
現在観測可能な大きさが当時は小さかったことがわかるだけ。

59: 2018/10/11(木) 00:12:40.49 ID:lrBgakmQ
人類は根本的に間違ってる気がする