1: 2018/10/12(金) 17:55:43.77 ID:CAP_USER
「南米にはないと思われていたキリシタン版『日葡辞書』を9月17日、リオ国立図書館で発見しました」――5日、サンパウロ州立総合大学(USP)東洋学科の田代エリザ准教授と信州大学の白井純准教授が来社し、そう語った。「キリシタン版」とは1600年前後に長崎でイエズス会が発行した書籍の総称で、40点以上出されたと言われる。中でも日葡辞書(Vocabvulario da Lingoa de Iapam)は当時の日本語を知るうえで非常に貴重な第一級資料といわれ、世界で3冊しか現存しない。それが、今回4冊目がリオで発見された。


 「ちょっと見てください」と白井准教授のノートバソコンの画面を見ると、同辞書の写真があった。「Abaraya」(あばら家)という項目には「Casa Velha」(古い家)とポ語で説明されていた。1603年に長崎で印刷・出版された辞書の言葉は今でも通じる。このような単語が3万2千語も収録され、しかも日本語での用例付きなので、当時の言葉使いがローマ字で分かる。日本語研究には欠かせない文献だ。
 白井准教授は、国際交流基金の助成で1カ月半、USP大学院研究科にキリシタン資料に関する短期講義をするために客員教授として来伯中。その招聘手配をした田代准教授も日本言語学史研究者で、一緒に調査に行き今回の発見となった。リオ国立図書館には、ブラジル帝国時代の王室図書が多数所蔵されおり、キリシタン版がまぎれている可能性があった。
 現在までに日葡辞書の存在が確認されているのは、英国オックスフォード大学(ボードレイアン本)、ポルトガルのエボラ公立図書館(エボラ本)、フランス国立図書館(パリ本)のみ。今回のリオ本が4冊目となる。


白井准教授と田代准教授
 白井准教授によれば、「10月1日に再調査したら、リオ本はパリ本と同じ種類の印刷本だと分かりました」という。辞書は初版出版後も誤字などの修正が重ねられるので、同じ本でも幾種類もの版が存在する。

続きはソースで

https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181010-00010000-nikkey-000-view.jpg
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181010-00010000-nikkey-001-view.jpg

Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00010000-nikkey-s_ame
ダウンロード


引用元: 《ブラジル》世界で4冊目の日葡辞書発見=白井、田代両氏がリオで=1603年に長崎で出版[10/10]

スポンサーリンク
3: 2018/10/12(金) 17:59:32.89 ID:L1SRn9aV
「ろりろり」という言葉は「恐ろしくて落ち着かない様を表す語

う~む、現代とはだいぶ違っているね

4: 2018/10/12(金) 18:08:11.75 ID:Jr8NjlAO
ろりろりする
  ↓
おろおろする  という言葉を聞き間違えたのでは、と思うが

ろりろりする、では、ロリコンするみたいだろう

7: 2018/10/12(金) 18:20:48.40 ID:QS2EAaC9
家康が征夷大将軍に任ぜられた年か

9: 2018/10/12(金) 18:31:10.14 ID:1aOybB9A
リオ国立図書館末永く保管してください

11: 2018/10/12(金) 18:35:39.20 ID:Td0ahzUB
ブラジル博物館のような火災に対しては大丈夫なのだろうか
予算削られているようだし

12: 2018/10/12(金) 18:48:12.37 ID:MYYw0Z2n
レプリカ、売ってください。
10万で買います

32: 2018/10/13(土) 03:12:08.48 ID:oM78s8RM
>>12
たくさん刷って3万くらいで抑えてもらえると嬉しい

16: 2018/10/12(金) 19:21:51.01 ID:paDpYXqs
面白いの抜き出して紹介してる本とかあるんかな
こういうの結構好きだわ

19: 2018/10/12(金) 19:51:20.63 ID:hALX522b
誰かが有名になりたいと持ち込んだんじゃないの?

20: 2018/10/12(金) 20:05:28.71 ID:QPlAHxYY
>>1
1603年刊行と言えば415年前。

既に秀吉や家康の禁教令が出た後で

既に「日本史」のルイス・フロイスやオルガンティノ、ガスパル・ヴァレラ、

巡擦使アレッサンドロ・ヴァリニャーノも没したり、

マニラに引き上げた後だぞ?一体誰が印刷、発刊したんだ?

隠れキリシタンの日本人達か?

多分、編纂に関わったのは宣教師の彼らなんだろうけど、、、

27: 2018/10/13(土) 00:06:30.38 ID:ZvYKj6bn
>>20
表紙写真の下部に1603年イエズス会が発行したと活字で印刷されてる。

21: 2018/10/12(金) 20:30:32.79 ID:hG0Z3nAI
ろりろりだけで論文書ける

23: 2018/10/12(金) 21:11:41.35 ID:/KSnM9Zi
ドン・ジョアンの発音はドン・ファン?

24: 2018/10/12(金) 21:33:02.17 ID:zofRk2Hr
辞書読んでると事あるごとに引用されてるよね。
こりゃ凄い。
内容が同じなら二冊目はそんなにいらんけどね。

28: 2018/10/13(土) 00:32:30.25 ID:P7BLOPxf
web上に置いて欲しいなあ
32000語の戦国日本の言葉遣いとか興味わく

31: 2018/10/13(土) 02:54:42.86 ID:JPPmAQmH
じっぽんってどこかの方言なんかな
ご先祖さんも喋ってたのかと思うと胸熱

35: 2018/10/13(土) 08:45:50.55 ID:bc+Jgwe3
>>31
じっぽんは中国語

33: 2018/10/13(土) 03:28:40.19 ID:DXZY37eD
大宝律令では日本天皇と書いてやまとのすめらみことというんですね
で「にっぽん」というのは呉音で、「じっぽん」というのは漢音なんです

僕の考え

日本側は倭(読み:やまと)というのが国を表す漢字として不適切と考え
日本(読み:やまと)と漢字を改めたのではないか
国の名前を変えるのは大事だし、そんな理由もなかったので表記法だけ変えた

しかし日本人が大陸とやり取りする際に「日本」と書いても
彼らはどうやっても”日本”を”やまと”と読むことはできない
それで「にっぽん」だの「じっぽん」だのが普及して行った

で当時としては大陸から来るものは非常にありがたいものだったので
「にっぽん」「じっぽん」が日本に逆輸入されて普及した

34: 2018/10/13(土) 04:44:21.16 ID:6nN4zYcO
ポルトガルでちゃんと匍萄牙って変換するんだな

37: 2018/10/13(土) 09:19:59.95 ID:XwsSQ292
けっこう分かり易い丁寧な解説記事なのに
最後の「ろりろり」しか反応しないのな、お前ら

38: 2018/10/13(土) 09:20:01.69 ID:y+YNETDZ
中身が一緒なら発見の価値は低いんじゃないの?珍品を蒐集する好事家と変わらん。研究としてならテキスト化してオンラインに無料でアップロードするほうが業績として上等だろ。少なくとも何が重要なのかを書いてもらわないとわからない。

39: 2018/10/13(土) 09:52:54.55 ID:5ZWxMGPX
印影本は多分出る。

41: 2018/10/13(土) 10:59:52.48 ID:7W2Y97Xp
400年越しでお前らとご先祖様がろりろりで繋がったんだな
感慨だな

42: 2018/10/13(土) 11:11:50.41 ID:wbUxS++F
おお、これはすごい。17世紀の全球知的マップの全体像がまた変わる。

45: 2018/10/13(土) 23:16:56.14 ID:tDFi+HeL
日を「じつ」(例:吉日・きちじつ)ともよむから「じっぽん」もあっても不思議じゃないけど

50: 2018/10/14(日) 20:08:57.16 ID:dD70658R
この一冊で論文を書いても人生一回くらいじゃとても足りない大発見

25: 2018/10/12(金) 21:44:05.06 ID:JxsK9NUs
そんなレア本だったのね