1: 2018/10/12(金) 01:04:02.63 ID:CAP_USER
■安くて薄い、次世代電池の本命

日本で生まれた次世代技術、「ペロブスカイト型太陽電池」の実用化が迫ってきた。安価に製造でき、薄くて曲げられるため、クルマの側面やドーム球場の屋根などにも使える。発電効率は現在主流のシリコン型に追い付きつつあるが、大型化と耐久性が課題だ。

 見た目はまるで「黒いクリアファイル」。薄くて軽く、手でぐにゃりと曲げることもできる。だがよく見ると、電気を通すための金属線が横に走っている。下の写真は東芝と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が今年6月に発表した新種の太陽電池。材料の結晶構造の名称から「ペロブスカイト型」と呼ばれている。日本発の次世代太陽電池の大本命で、ノーベル賞の有力候補と目されている。

 「低コストで簡単に作れるのに、用途は幅広い。革新的な太陽電池だ」。こう胸を張るのは、2009年に論文を公開し、この分野の第一人者として知られる桐蔭横浜大学の宮坂力・特任教授だ。かつては発電効率などに課題があったが、潜在力に着目した世界中の大学や企業が開発競争を繰り広げたことで、性能が急速に向上。実用化まであと一歩の段階まで迫ってきた。

ペロブスカイト型が「革新的」とされるのには、大きく4つの理由がある。

 1つ目は、「低コスト」で製造できる点だ。ペロブスカイトとは複数の元素によってつくられる結晶構造のこと。太陽電池用には鉛やヨウ素などが使われるのが一般的だ。このペロブスカイトを液体に溶かして、軟らかいフィルムなどの基板に塗布する。十分に乾燥させ、電極などを配置して完成だ。

 現在主流のシリコン型では、製造工程で真空状態をつくったり、約1400度で熱したりする必要がある。一方でペロブスカイト型は、基板に材料を塗るだけなので、大がかりな装置を使わずに済む。ありふれた物質を使うため、調達コストも安い。材料と製造設備を含めてシリコン型の半分以下のコストで製造できると試算されている。

 2つ目は、「薄くて曲げられる」こと。

 シリコン型は硬くて重いため、広くて平坦な土地や、耐荷重性の高い建物の屋上などに設置場所が限られる。

 対照的に、薄くて軽いペロブスカイト型の用途は幅広い。

続きはソースで

https://cdn-business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120118/226265/072700016/p1.jpg

https://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120118/226265/072700016/
ダウンロード (1)


引用元: 【材料工学】実用化迫る新技術「ペロブスカイト型太陽電池」[10/11]

スポンサーリンク
2: 2018/10/12(金) 01:20:47.52 ID:46QGT8I4
耐久性が低い問題は解決したのかな?
光でどんどん劣化が進むとか

3: 2018/10/12(金) 01:22:27.59 ID:hWNNxiLY
ペレストロイカ

7: 2018/10/12(金) 02:03:13.73 ID:qq2SAL4v
>>3
はえーよ

4: 2018/10/12(金) 01:23:47.95 ID:PgjdKddb
使い捨てとかなら耐久性考えなくても売れるんでね?

5: 2018/10/12(金) 01:39:44.57 ID:HOY/PvZ4
耐久性のない発電効率自慢なんて無価値だろう?

6: 2018/10/12(金) 01:57:01.02 ID:xAvzMgqT
エネルギー革命来るのかなマジで
軽いから場所選ばないし設置費用も格段に安くなる
アフリカとかはペロブスカイトでかなり強くなりそう
日本発なのに日本は日照少なくて恩恵受けられなさそうなのがなぁ

8: 2018/10/12(金) 03:40:34.47 ID:R8eTmyTD
実用化されると名称が長いので

ブス電池と呼ばれるようになる

9: 2018/10/12(金) 03:53:01.84 ID:6JLW1Nt5
すぐに壊れて、そのへんに棄てられて、有害物質がーって
言い出すんだろw

18: 2018/10/12(金) 13:46:33.14 ID:/xKvyd4Y
>>9
構成物の99%が石。
毒にも薬にもならない。

22: 2018/10/12(金) 16:45:25.13 ID:5l4H2+N4
>>18
構成原子の配置がペロブスカイト(灰チタン石)と同じ形の結晶構造を取る
ペロブスカイト「型」の太陽電池であって、
ペロブスカイトそのものが太陽電池になるんじゃないのだが

10: 2018/10/12(金) 04:07:42.78 ID:S8SGZfEO
これがノーベル賞となると
日本人と英国人と韓国人の3人の受賞だけどいいのか
元々は日本人と英国人が英国で一緒に研究していて
まず日本人が成果を出し英国人が完成度を高めたがなぜか韓国人が食い込んできた

25: 2018/10/12(金) 22:36:31.91 ID:MvHHsTFv
>>10
寝言をぬかすな
もしノーベル賞を3人が受賞するなら、日本人とOxfordの二人だ
非常に狭い範囲で現時点の最高発電効率達成という、現実にはたいして意味のない成果を出したチョンが貰えるわけがない

12: 2018/10/12(金) 07:52:14.87 ID:kJQfu8cx
現状一辺が数cmってどうしょうもないんじゃ・・・

13: 2018/10/12(金) 09:49:18.77 ID:rEOnKWTo
効率を上げる方法は プラズマ弾 参照

15: 2018/10/12(金) 10:03:46.15 ID:xuPEBW5U
発電効率は、シリコンパネルと同等になったけど、耐久性は2年もすればほぼダメになるんだったか
それでも、耐久性が数カ月から年単位になってきたから、50年後には普及してるかもな

17: 2018/10/12(金) 11:21:43.28 ID:XtILGqEV
耐久性は本当に課題だよなぁ
ペロブスカイトの構造自体が原因ならそうそう飛躍することなさそうに思える
鉛問題に関してはスズでの代用が目処立ちつつあるらしいからなんとかなると思うが

24: 2018/10/12(金) 20:48:15.55 ID:xKniW9Nx
これ既に実用化されていて量産化の目処だけ立ってないだけ
それも2009年以前にだよ

26: 2018/10/12(金) 23:04:45.89 ID:G7e/+SdF
>一方でペロブスカイト型は、基板に材料を塗るだけなので、大がかりな装置を使わずに済む。

ハゲは頭に塗れば、携帯の充電できるじゃん。

27: 2018/10/12(金) 23:16:41.18 ID:pqbmR0rK
軽いので無人電動飛行機の翼にのせて
常時パトロールできるな。東シナ海高空
をゆっくり回る。夜間は蓄電池で飛行。

28: 2018/10/12(金) 23:17:26.14 ID:RtrW/xQU
ホームセンターでロール売りしてくれ

29: 2018/10/12(金) 23:37:02.06 ID:swQhr3Cm
発電効率がよくても小さくちゃな

32: 2018/10/13(土) 02:09:50.97 ID:mBNe8NeZ
車の、、側面?
なぜわざわざ屋根じゃなくて側面?

33: 2018/10/13(土) 08:01:03.86 ID:biboV783
>>32
>薄くて曲げられるため
って書いてあるやん
車の屋根はほとんど平らなのに対し、
側面はデザインや強度を稼ぐために凸凹模様あるやつがいるからって話だろ
トラックとかな
平らだと従来の太陽電池が使えるから別にペロブスカイト型使う必要無いんだよ

34: 2018/10/13(土) 08:51:43.50 ID:xmcB4j0L
シリコンで効率25%とか盛りすぎ、実際の製品は20%足らずやろ
ペロブスカイトにしても、量産投資を考えている企業は
まだ無いやろ

36: 2018/10/14(日) 11:43:28.50 ID:4d857YLi
>>34
セル変換効率とモジュール変換効率を混同すんなよ

40: 2018/10/14(日) 16:45:20.71 ID:1vkmNhy0
巨大化、無毒化、劣化の問題
結構解決すべきこと多いよな
特に劣化の問題解決できる気がしない

41: 2018/10/14(日) 21:12:24.19 ID:UUibnKyr
劣化は解決する必要は無い
早めの更新でよい
コストが安いからその対処法が通用する

43: 2018/10/17(水) 01:37:02.19 ID:qxqthdbX
巨大化←プリント
無毒化←スズ
劣化←生産方式の面での技術革新でコストダウン、リサイクル、それにより更新を早めることで事実上の長寿命化が可能
でも太陽電池の半分ほどでもいいから寿命伸ばしてもらわないとねぇ

39: 2018/10/14(日) 12:48:36.81 ID:IZDJWVS8
水素社会くるかもなぁ