1: 2018/11/02(金) 23:29:52.23 ID:CAP_USER
 脊髄(せきずい)損傷の患者の脊髄に電極を埋め込み、患者の意図に基づく電気信号を伝えながらリハビリを行ったところ、歩く機能が改善したという研究成果を、スイス連邦工科大学ローザンヌ校などの研究チームが発表した。リハビリでの活用などが期待されている。論文は1日、英科学誌ネイチャーに掲載された。

 通常、脊髄を損傷すると脳からの電気信号が足に届かなくなる。研究チームは、足を動かすという患者の意図を反映するような電気信号を、足の動きの計測データやコンピューターシミュレーションなどを活用して作り出した。

続きはソースで

https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20181101000128_comm.jpg
https://www.asahicom.jp/articles/images/AS20181101002295_comm.jpg

朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASLB05FYDLB0ULBJ00D.html
ダウンロード (6)


引用元: 【医学】脳からの刺激のような電気信号、脊髄に 歩く機能が改善[11/01]

スポンサーリンク
2: 2018/11/02(金) 23:39:11.53 ID:WS1+l+06
人間は100wぐらいで動いてる

4: 2018/11/02(金) 23:50:33.59 ID:ihtNbR6l
神経を電気回路的なアンプにつないだのか?
よーやるわ

5: 2018/11/02(金) 23:59:04.59 ID:H8I3qEbA
こういった実験はPC9800の時代から既に行われていた

6: 2018/11/03(土) 00:33:44.72 ID:w4WNq4LF
サイバネティックスな意味でフィールドバックさえ形成されてれば脊髄反射ぐらいしか機能してない末端ノードも多少は学習するってことだな

9: 2018/11/05(月) 03:52:46.32 ID:ZJllaREX
一方通行

10: 2018/11/05(月) 22:30:47.13 ID:7F5Iijdd
カエルの脚ビーンとおんなじじゃね

8: 2018/11/03(土) 11:24:44.40 ID:a9h3yKUA
いい話や